メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

「ざっくり」の意味と使い方とは?ビジネスシーンでの丁寧な言い換え表現も紹介

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
「ざっくり」という言葉を本で調べている女性


「ざっくり」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。日本語での会話の中で意味が分からず困ったことがあるかもしれません。日本語のビジネスシーンではこの言葉がよく使われますが、正確な意味や背景、そして適切な使い方を知ることが重要です。

この記事ではビジネスシーンで使われる「ざっくり」の意味や使い方、使用例などをわかりやすく解説します。この記事を読んで「ざっくり」の意味をしっかり覚えましょう!

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

「ざっくり」の正しい意味をわかりやすく解説

開かれた辞書のページに「ざっくり」という言葉が表示されている

「ざっくり」の主な意味は「大まかに」や「詳細にこだわらず」です。これは、細かなディテールを避け、主要なポイントや大枠を強調したい場面でよく使われます。しかし、もう一つの意味として「一気に切る」「一気に割る」という意味もあります。
ビジネスシーンでは、主に「大まかに」という意味で使用され、状況に応じて簡単な説明や大枠の提示を意味します。

「ざっくり」の正確な発音に仕方

「ざっくり」の発音は、第一音節の「ざ」にアクセントがあり、特に「くり」の部分を少し強調して発音します。

「ざっくり」と似た意味を持つ関連語や類語

「ざっくり」と同じニュアンスを持つ言葉としては、「大体」や「おおよそ」が挙げられます。これらの言葉も、全体的な意味や大枠を伝える際に用いられることが多いです。

「ざっくり」の対義語や同義語

「ざっくり」の対義語として「詳しく」や「具体的に」があり、同義語としては「大まかに」が該当します。

  • 対義語「詳しく」、「具体的に」
  • 同義語「大まかに」

「ざっくり」の使い方を例文付きで解説

男性が「ざっくり」という言葉の使い方を女性に解説している

では、「ざっくり」という表現の使い方を、実際のビジネスシーンでの例文を交えながら詳しく見ていきましょう。これらの例を通じて、「ざっくり」という言葉の具体的な使用方法とその効果的な使い方を理解し、あなたのビジネスコミュニケーションに役立ててください。

「ざっくり」の使い方のルール

「ざっくり」という言葉は、主に副詞として動詞や形容詞、名詞と組み合わせて文中で用いられます。例えば、「ざっくり計画する」や「ざっくりとした見積もり」のように使うことができ、「ざっくり」に、動詞の「計画する」や、名詞の「見積もり」を組み合わせたものです。「ざっくりした」という形容詞の使用もあり、これは大まかな特徴やアウトラインを指す際に使われます。

ビジネスシーンにおける「ざっくり」を使った例文

「ざっくりと説明します」
この表現は、詳細な数字やデータを省略し、プロジェクトの全体像や主要なポイントだけを伝える際に用います。

「ここまでざっくりやっておいてください」
この文は、大枠だけを整え、詳細は後で取り組むようにとの指示を意味します。要点だけに焦点を当てて、作業を大まかに終わらせて欲しいという依頼の際に使われます。

このように、「ざっくり」という言葉を使用するときは、主要な点や要点に焦点を絞り、細部にはこだわらないという意味合いで使われることが多いです。

ビジネスシーンでの使い分け&言い換えの例

男性と女性の意見が分かれている

「ざっくり」という言葉はカジュアルな印象があるため、ビジネスシーンでの使用は相手や状況によっては避けるべきです。特に公式な文書やプレゼンテーションでは、よりフォーマルな言葉遣いを選ぶことをおすすめします。

例えば、「ざっくり」という表現をビジネスシーンで用いる際には、以下のようなよりフォーマルな言葉遣いに言い換えることが可能です。

  • 大まかに:「ざっくり」よりも少しフォーマルな印象で、主要なポイントや大枠を指すときに使います。
  • 概略的に:事象や内容の大枠や要点を指すときに用いる表現です。
  • 概要を述べる:全体の要点や大切な部分を簡潔に説明する際に使用します。
  • 一般的に:ある事柄について、特定の詳細に言及せずに説明する場合に適しています。

これらのよりフォーマルな表現は、特定の文脈や状況に応じて適切に選ぶことが求められます。カジュアルな言葉遣いが許される場面と、より堅苦しい言葉遣いが求められる場面を見極めることは、ビジネスコミュニケーションにおいて非常に重要です。

◆ビジネス日本語をもっと知りたい方は以下の記事もチェック!

「ざっくり」を英語で言うと?

「ざっくり」という日本語のニュアンスを英語で表現する際、主に「broadly」や「roughly」といった単語が用いられます。

「broadly」は「広く」や「大ざっぱに」という意味合いを持ち、内容を細かく説明せずに全体的な観点や広い範囲での説明を意味します。これは「ざっくり」と非常に近い言葉です。

「roughly」は「おおよそ」や「大体」という意味合いを持ち、正確さよりも大まかな数値や概要を示す際に使われることが多いです。

これらの単語は、「ざっくり」と同様に、詳細にこだわらずに大まかな情報を伝えたい場合や、具体的な数字や詳細を持っていないが一般的な方向性を示したいときに有効です。

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    「ざっくり」という言葉は、要点を伝えたい場合や、大枠だけを理解したいときに非常に役立ちます。しかし、ビジネスの場面では、相手に誤解を与えないよう、明確なコミュニケーションを心がけることが大切です。
    また、状況に応じた適切な言葉遣いを選ぶことで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > ビジネス日本語 > 「ざっくり」の意味と使い方とは?ビジネスシーンでの丁寧な言い換え表現も紹介