メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

【最新版】外国人の採用に積極的な日本企業ランキング!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本の会社のビルたち

外国人の皆さんにとって、日本企業で働くことはハードルが高いと感じられるかもしれませんが、中には積極的に外国人を採用している企業も多いです。

この記事では、日本国内で外国人を積極的に採用している企業や、外国人の受け入れが多い業界、さらには外国人が多く働いている都道府県をご紹介します。また、外国人受け入れ企業が提供するサポート体制や、日本で仕事をするために必要な準備についても詳しく解説します。

▼こちらの記事もおすすめです!
外国人の方が日本で仕事を探す方法は?求人サイトの情報や、面接前の準備も解説

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

外国人の採用に積極的な日本企業ベスト5

外国人の方におすすめの日本企業を、外国人従業員の数や外国人を受け入れる取り組みなどをもとに、独自の視点でランキングしました。

1位:楽天

楽天はIT関連事業を中心に、さまざまな事業を展開している企業です。楽天は昔から外国人の採用に積極的で、会社内での会話を英語にするといった取り組みも行っています。国際的な環境でキャリアをスタートさせる絶好の機会となるでしょう。

参考:採用情報|楽天

2位:メルカリ

メルカリはネットのフリーマーケットを運営している企業です。メルカリは外国人の技術者を積極的に採用していることで知られ、外国人従業員のサポート体制も充実しています。多様性を重視した職場環境の構築により、外国人が自らのポテンシャルを最大限に発揮できるでしょう。

参考:採用情報|メルカリ

3位:ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは、衣料品店の「ユニクロ」などを運営している会社です。外国人採用に積極的で、ユニクロのスタッフも外国人が比較的多いのが特徴となっています。国際的なブランドでの経験を積むことができるため、グローバルなキャリアを目指す方に良いでしょう。

参考:採用情報|ファーストリテイリング

4位:パナソニック

パナソニックは日本の大手電機メーカーです。世界的な大企業ということもあり、外国人の採用には積極的です。「グローバル人事」の設置を通じて、外国人採用のサポート体制を強化しており、外国人従業員へのキャリア支援にも取り組んでいます。

参考:採用情報|パナソニック

5位:ソフトバンク

ソフトバンクは携帯やインターネットの通信事業などを手がけている企業です。優秀な人材を国籍に関わらず採用しており、アメリカ、イギリス、インドなど、さまざまな国籍の人材が活躍しています。また、従業員が長期的なキャリアを築けるようなサポート体制とプログラムが整備されています。

参考:採用情報|ソフトバンク

外国人の受け入れが多い業界ベスト5

厚生労働省の資料によると、外国人の採用が多い業界は、製造業・サービス業・小売業・建設業などとなります。

1位製造業
2位サービス業(他に分類されないもの)
3位卸売業・小売業
4位宿泊・飲食サービス業
5位建設業
出典:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ

1位:製造業

製造業は工場で働く従業員が多く必要になるので、外国人を積極的に受け入れる傾向があります。工場の生産ラインで働くのか、技術職や事務職で働くのかによって、必要な在留資格が変わってくるので注意しましょう。

▼製造業の仕事についてさらに知りたい方は、下記の記事をチェック!
外国人の方におすすめ!日本の工場の仕事について種類や職種・資格などを解説

2位:サービス業(他に分類されないもの)

サービス業(他に分類されないもの)とは、例えば清掃員や警備員、ビルメンテナンスなどです。清掃員や警備員は高度な技術がなくても働けることもあり、特殊な技能がない外国人の方でも就職しやすい業種となっています。

3位:卸売業・小売業

卸売業とは、工場などで生産された製品や材料などを、それを必要とする企業へ流通する業種です。そして小売業は一般の消費者向けに商品を販売する業種です。卸売業・小売業は外国から材料を仕入れる時に外国語が必要になることがあり、外国人が活躍できる場が多い業種だといえます。

4位:宿泊・飲食サービス業

宿泊・飲食サービス業も外国人が多い業種の一つです。ただし、2020年はコロナの影響で労働者数は減少しています。しかし、それまでは順調に外国人従業員が増えていた業種なので、コロナ終了後はまた外国人採用が増える可能性もあります。

5位:建設業

建設業はベテラン労働者の定年で人材不足となっており、外国人を積極的に採用している業種の一つです。外国人の方が建設業で働くには特定技能1号か2号が必要で、2号のほうがより高度な仕事に就くことができます。

日本で働く外国人が多い都道府県ベスト5

厚生労働省が公表している、外国人を雇っている会社の数のデータによると、外国人が多く働く都道府県の上位5つは東京・愛知・大阪・神奈川・埼玉となっています。また、ベスト5には入っていないが増加率が高いのは、沖縄・千葉・栃木となっています。

1位東京都
2位愛知県
3位大阪府
4位神奈川県
5位埼玉県
出典:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ

1位:東京都

東京は最も人口が多い地域というのもあり、外国人労働者も最も多い地域となっています。

2位:愛知県

愛知県は人口としては大阪の次の3番目の地域ですが、大手自動車メーカーなどがあり製造業で働く外国人が多く、外国人を雇っている会社の数は2位となっています。

3位:大阪府

大阪は人口が多く外国人の数も多いので、外国人労働者の数も多い地域となっています。大阪の人口自体は減少傾向なのですが、逆に外国人労働者の数は増えています。

4位:神奈川県

神奈川県は外国人人材や留学生を積極的に受け入れているのに加えて、県内の雇用が回復していることなどもあり、外国人労働者の多い県となっています。

5位:埼玉県

埼玉県はベトナム・フィリピン・中国など、アジア圏の外国人労働者が多い地域です。

▼6位以降も知りたい方は、以下の記事をチェック!
外国人に人気の日本の都道府県トップ5!外国人が多い場所とは?

外国人受け入れ企業の労働環境とサポート体制

外国人従業員にとって、充実した労働環境と手厚いサポート体制は、日本での就業経験を成功に導く鍵です。日本国内で外国人を積極的に採用している企業は、従業員が快適に働けるよう様々な施策を実施しています。具体的には、以下のようなサポートが提供されています。

  • 言語学習支援: 日本語の授業やビジネスでの英語使用を支援するプログラムがあります。これにより、従業員はコミュニケーションスキルを向上させ、仕事の効率を高めることができます。
  • 文化的適応のためのプログラム: 海外からの従業員が日本の文化に慣れ親しむための研修や交流イベントが用意されています。これは、新しい環境へのスムーズな適応を促進するためのものです。
  • キャリア支援: 個々の従業員の成長とキャリア発展を支援するためのトレーニングプログラムやメンターシップがあります。これにより、従業員は自己実現を図りながら長期的なキャリアを築くことができます。
  • ビザ手続きと法的支援: 就労ビザの申請や更新、その他の法的な手続きに関する支援を提供しています。これは、従業員が法的な問題に直面することなく働けるようにするためのものです。
  • 社内のインクルージョンの推進: 多様性を受け入れ、全ての従業員が尊重される職場環境の実現を目指しています。定期的な研修やワークショップを通じて、互いの文化や価値観を理解し合う機会を提供しています。

外国人が日本で働くのに必要なものは?

外国人の方が日本で働く際に必要なものは、働く業種によっても変わりますが、共通して必要とされるのが就労ビザと日本語能力です。さらに、成功のためには、文化への適応、社会保険や税金に関する知識、そして職場でのコミュニケーションスキルも重要です。

就労ビザ

就労ビザには、技術・人文知識・国際業務、技能実習生、特定技能など多様な種類があり、それぞれが特定の条件や職種に対応しています。自分が目指す職種やキャリアパスに合ったビザを事前に調べ、適切な手続きを踏むことが不可欠です。また、ビザ取得には企業のサポートが必要な場合も多いので、求職活動の初期段階で必ず確認しましょう。

日本語能力

日本語能力は、職種によって要求レベルが異なりますが、基本的なコミュニケーション能力はほとんどの場合必要とされます。特に、顧客対応やビジネス交渉が求められる職種では、高い日本語能力が求められることがあります。一方で、技術職や特定の専門職では、基礎的な日本語スキルに加えて、専門用語の理解が求められることもあります。

また、日本語能力がカタコト程度でも雇用の機会を提供してくれる業種も存在します。日本語にまだ自信のない方は、自分に適した職種を見つけるための参考情報として、以下の記事もぜひチェックしてください。
▶︎ 日本語が話せない外国人が東京で働ける仕事は?働くまでの流れも解説

文化への適応

日本特有のビジネスエチケットや文化への理解も、職場でのスムーズなコミュニケーションには欠かせません。たとえば、敬語の使用、名刺交換のマナー、会議での発言方法など、日本独特のビジネス文化を学ぶことは、職場での関係構築に大きく役立ちます。

社会保険や税金

日本で働く上で、社会保険への加入や税金の支払いは避けて通れません。これらに関する基本的な知識を持ち、必要な手続きを理解しておくことは、トラブルを避けるためにも重要です。多くの企業が新入社員向けにオリエンテーションを提供しているため、不明点は積極的に質問しましょう。

職場でのコミュニケーションスキル

日本の職場では、チームワークや協調性が非常に重視されます。異文化の中で効果的にコミュニケーションを取り、協力して働くためには、相互理解と尊重が基本となります。また、適切なフィードバックの求め方や与え方を学ぶことも、職場での成功につながります。

日本で働きたい外国人の方へ

今、日本で仕事を探している外国人の皆さんは、「日本で働きたいけど、何から始めればいいの?」「どの企業が私に合っているの?」「どうやって仕事を探せるの?」といった疑問や不安を抱えているかもしれません。

そんな皆さんの日本での就職活動を、私たちが全力でサポートします! ご質問や相談があれば、以下のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

あなたの求めるキャリアパスを実現するために、就職はもちろん、アルバイトやその他の機会に関しても、最適なサポートを提供いたします。皆さんが理想の職場を見つけ、日本でのキャリアを成功させるための第一歩になることを心から願っています。

    名前*
    性別
    生年月日
    現在の居住地*
    現在の居住状況*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    最終学歴の学校名*
    卒業国*
    卒業年月*
    日本語レベル*
    現在のビザの状況*
    日本での就職に求めていること(複数選択可)*
    希望する業種(複数選択可)*
    希望する職種(複数選択可)*
    その他の情報や質問(任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    日本で働くことは、外国人にとって多くの挑戦と同時に、大きな機会をもたらします。この記事では、外国人の採用に積極的な企業、外国人が多く働く業界と都道府県、そして日本で働くために必要なビザや日本語能力など、成功への鍵となる様々な情報を詳細にご紹介しました。

    特に、楽天やメルカリをはじめとする多くの日本企業が外国人従業員の採用に積極的です。自分に合った企業を見つけ出すことは、外国人が日本で満足のいく就職を実現するための重要なステップとなります。

    この記事が、日本で仕事を探している皆さんにとって、役立つ一助となれば幸いです。日本での新しいキャリアのスタートが、意義深く、充実したものとなるよう願っています。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > 【最新版】外国人の採用に積極的な日本企業ランキング!