メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人の方におすすめ!日本の工場の仕事について種類や職種・資格などを解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
夕日の中で工業が立ち並ぶ様子

日本の工場の仕事は、来日したばかりでまだスキルや経験がない外国人の方でも比較的就職しやすい職種です。工場の仕事は未経験でもチャレンジできるものが多く、外国人の方が活躍できる場でもあります。日本は少子高齢化が進み、今後も製造業を中心に人手不足が予想されています。そのため、日本で働きたいと考えている外国人の方にとって、工場の仕事は魅力的な選択肢の一つといえるでしょう。

この記事では、日本に住む外国人の方におすすめの工場の種類や仕事内容、気になる年収情報、工場勤務に役立つ資格、求人の探し方などを詳しく解説します。工場の仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

日本の工場の仕事とは?

日本の工場の仕事の種類には、製品の組み立てや製造、検査・検品、機械のオペレーターなどがあります。どの仕事も製造業に欠かせない重要な役割を担っています。ここでは、それぞれの仕事内容や求められるスキル、年収の目安について詳しく見ていきましょう。

組み立て・製造

機械や電子機器、食品などの製品を組み立てたり、製造したりする仕事です。製品によってはある程度の専門スキルが必要になるものもありますが、未経験から始められる比較的シンプルな作業も多いのが特徴です。平均年収は正社員で461万円程度になります。また、全体の給与幅が256〜520万円と比較的狭いため、勤務先や経験・求められるスキルによる差は少ないようです。

参考:機械組立工の仕事の年収・時給・給料|求人ボックス

検査・検品

製造された製品に不良品や異常がないかをチェックする仕事です。製品の種類によって検査の方法は異なりますが、目視検査が中心となるため集中力が求められます。金属検査工の平均年収は421万円程と、工場の仕事の中では平均的な水準です。

参考:検査工(工業製品)|jobtag

オペレーター

工場にある機械や装置を操作・管理する仕事です。機械の種類によって必要とされる知識やスキルのレベルは異なりますが、基本的な操作から始められるものも多いので、未経験の方でもチャレンジしやすい仕事だといえます。平均年収は472万円ほどで、工場の仕事の中ではやや高めの水準となっています。

参考:マシンオペレーターの仕事の年収・時給・給料|求人ボックス

外国人の方におすすめの工場の種類

日本には自動車や電化製品、食品など、さまざまな種類の工場があります。製造業で人手不足が深刻化する中、外国人の方が活躍の場を広げています。ここからは、特に外国人の方におすすめしたい工場の種類を見ていきましょう。

1. 自動車

日本は世界有数の自動車大国で、トヨタ自動車を筆頭に数多くの自動車メーカーの工場が各地にあります。自動車の製造工程は幅広く、部品の加工から組み立て、検査など、さまざまな工程があります。特に自動車の組み立て工程は、ベルトコンベアに乗せられた車体に次々と部品を取り付けていく作業が中心で、未経験から挑戦しやすいのが魅力です。自動車工場の正社員の平均年収は約460万円ほどで、工場の中では比較的高い水準の収入が期待できます。

参考:自動車工場の年収は高い!どれくらい稼げる? | バイトルマガジン BOMS

2. 電化製品・電子機器

電化製品やスマホなどの電子機器の工場の仕事は、精密機械や半導体を扱うので細かい作業が得意な人におすすめです。未経験でも働けますが、機械加工技能士などの資格を持っていると有利になります。平均年収は、例えば半導体製造工場で約300万円~400万円が相場です。工場によっては夜勤などもあり、深夜手当や家賃補助などの待遇も加味すると、比較的高収入でしょう。

参考:半導体製造工場って?仕事内容や給料、その他魅力をご紹介! | コウジョブ

3. 食品

パンや菓子、加工食品などの食品工場も、外国人の方におすすめの職場です。衛生管理の徹底が何より重要になるのが食品工場の特徴で、清潔な環境の中で食材の加工や製品の梱包などを行います。未経験でも働ける職場が多いですが、気を付けたいのが衛生面です。日本の食品工場は世界的に見ても衛生管理のレベルが高いので、ルールをしっかり守ることが大切になります。正社員の平均年収は474万円で、工場の仕事としては高水準の給料といえます。

参考:食品工場関連の仕事の年収・時給・給料|求人ボックス

4. プラスチック

プラスチック製品は日用品から工業部品まで幅広い分野で使われているため、プラスチック工場の仕事も種類が豊富です。射出成形機などを使って製品を成形したり、成形された製品の仕上げ作業をしたりするのが主な仕事です。プラスチック工場でも未経験から働ける求人が多いので、工場勤務に興味のある外国人の方におすすめできる職場だといえるでしょう。正社員の平均年収は398万円ほどです。

参考:プラスチック成形の仕事の年収・時給・給料|求人ボックス

5. セラミック

セラミックは、原料となる粘土などを高温で焼き固めてつくる素材のことで、食器をはじめ、電子部品、自動車部品など、さまざまな製品に使われています。セラミック工場の仕事には、原料の調合から成形、焼成、検査・仕上げまで、製造工程に沿ったさまざまな職種があります。セラミック工場の平均年収に関する詳しいデータはありませんが、おおむね他の工場の仕事と同程度だと考えられます。

6. その他の仕事

上記以外にも、外国人の方が働きやすい工場の仕事はたくさんあります。例えば、ガラス製品、紙製品、ゴム製品などの工場です。いずれも製造業の中では比較的シンプルな作業が多く、特別な経験やスキルがなくても就職できる求人が見つかりやすいのが特徴です。

  • ガラス
  • 紙・ダンボール
  • 化学品・添加物
  • ゴム製品

次の章では、工場勤務の外国人の方におすすめの資格について解説します。工場の仕事は未経験でもスタートできますが、専門的な資格を取得することで、スキルアップとともに収入アップも目指せます。

工場勤務の外国人の方におすすめの資格

工場の仕事に就く際、特別な資格は必ずしも必要ありません。しかし、専門的な資格を取得することで、仕事の幅が広がったり、キャリアアップのチャンスが増えたりするメリットがあります。ここでは、外国人の方におすすめの工場関連の資格をご紹介します。

1. クレーン運転士

工場や建設現場などで使われるクレーンの操作には、クレーン運転士の資格が必要です。クレーンを使う作業は工場の仕事でもよくあるため、この資格を取っておくと就職に有利になるでしょう。クレーン運転士の平均年収は384万円ほどで、資格を活かせば収入アップも期待できます。外国人の方でも、日本語能力試験N3以上の日本語力があれば、資格取得に必要な学科講習と実技講習を受けることができます。

参考:クレーン運転士関連の仕事の年収・時給・給料|求人ボックス

2. 玉掛技能者

玉掛けとは、クレーンでものを吊り上げる際に、ワイヤロープなどを使って荷物を適切に吊り具に取り付ける作業のことです。玉掛け作業はクレーンの運転と同様に重要で、資格がないと行うことができません。玉掛技能者の資格は18歳以上なら誰でも取得可能で、学科講習と実技講習を受ける必要があります。玉掛け作業員の平均年収は433万円で、勤続年数が長くなるほど年収が高くなる傾向があります。クレーン運転士の資格と合わせて取得しておくと、工場勤務で活躍の場が広がるでしょう。

参考:「玉掛け」とは?必要な資格や試験、向いている人をご紹介|マイナビAGENT

3. その他のおすすめ資格

工場の仕事に役立つ資格は他にもたくさんあります。例えば機械加工や電子機器組立、溶接など、専門的な作業に関する資格です。これらの資格は、機械の操作や製品の組み立てなど、より専門性の高い仕事に就くために役立ちます。資格取得には費用と時間がかかるものもありますが、スキルアップを目指す方にはおすすめです。

  • 機械加工技能士
  • 電子機器組立技能士
  • 半自動溶接技能者
  • 技能検定(金属プレス、機械検査、仕上げ、機械保全、電子機器組立てなど)

工場での仕事に役立つ資格について理解したところで、次は実際の求人の探し方を見ていきましょう。インターネットの発達で、今では職種や勤務地などの条件を細かく指定して求人を探せるようになっています。

日本の工場の求人を探す方法

工場の求人を探すなら、工場の仕事に特化した専門の求人サイトを利用するのがおすすめです。中でも特におすすめしたいのが、「工場求人ナビ」と「コウジョブ」です。

「工場求人ナビ」は、製造系人材サービスのパイオニア企業である日総工産が運営する求人サイトです。寮完備や寮費無料、土日休みなど、好条件の求人を多数掲載しているのが特徴です。また、大手メーカーの求人情報も豊富で、正社員求人も見つけられます。日総工産は全国に50以上の拠点を持ち、きめ細やかなサポート体制を整えているので、安心して働ける環境が期待できます。

もう一つのおすすめは「コウジョブ」です。こちらも工場・製造業の求人のみを扱う専門サイトで、求職者が仕事を見つけやすい設計になっています。寮費無料や入社祝い金、日払い・週払いなど、好待遇の求人が多いのも魅力です。加工・組立から検査・塗装・軽作業まで、幅広い職種の求人を網羅しているため、自分に合った仕事が見つかりやすくなっています。

工場の仕事を探すなら、ぜひ「工場求人ナビ」と「コウジョブ」をチェックしてみてください。豊富な求人情報と手厚いサポート体制で、外国人の方の就職をしっかりとサポートしてくれるはずです。それぞれの詳細は、以下のリンクからご確認ください。

高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

【コウジョブ】工場・製造業のお仕事に特化した求人情報サイト

工場の求人の探し方については以上ですが、日本で仕事を探すためのより詳しい情報が知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。
▶︎【保存版】日本の仕事探し完全ガイド!外国人のための就職、転職、アルバイト

日本の工場の将来性は?

日本の製造業は、少子高齢化に伴う労働力不足が大きな課題となっています。特に地方の工場では深刻な人手不足に直面しているところも多く、外国人労働者に対する期待は高まる一方です。政府も外国人労働者の受け入れを積極的に進めており、2019年4月には新たな在留資格「特定技能」が創設されました。

今後、日本の工場で働く外国人の方はさらに増えていくことが予想されます。製造業のグローバル化が進む中で、日本の工場が外国人労働者を受け入れ、多様な人材が活躍できる環境を整備していくことは不可欠だといえるでしょう。外国人の方にとっては、日本の工場の仕事はこれからますます魅力的な選択肢になっていくはずです。

日本で働きたい外国人の方へ

今、日本で仕事を探している外国人の皆さんは、「日本で働きたいけど、何から始めればいいの?」「どの企業が私に合っているの?」「どうやって仕事を探せるの?」といった疑問や不安を抱えているかもしれません。

そんな皆さんの日本での就職活動を、私たちが全力でサポートします! ご質問や相談があれば、以下のお問い合わせボタンからお気軽にご連絡ください。

あなたの求めるキャリアパスを実現するために、就職はもちろん、アルバイトやその他の機会に関しても、最適なサポートを提供いたします。皆さんが理想の職場を見つけ、日本でのキャリアを成功させるための第一歩になることを心から願っています。

まとめ

日本の工場の仕事は、未経験の外国人の方でも挑戦しやすい職種であり、将来性も期待できます。自動車や電化製品、食品など、さまざまな工場の種類があるので、自分の興味や適性に合った仕事を見つけやすいのも魅力です。

工場勤務に役立つ資格を取得すれば、スキルアップとともに収入アップのチャンスも広がります。クレーン運転士や玉掛技能者など、比較的短期間で取得可能な資格もたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

日本で工場勤務を希望する外国人の方は年々増えており、活躍の場はこれからさらに広がっていくでしょう。ものづくりの現場で力を発揮し、日本での充実した生活を実現させてください。

以上、外国人の方におすすめの工場の種類を紹介してきましたが、工場以外にも日本語が話せない外国人の方が働ける仕事はたくさんあります。特に東京は外国人労働者の受け入れが進んでおり、語学力に不安がある方でも挑戦できる仕事があるのです。

以下の記事では、日本語があまり話せない外国人の方でも東京で働くことができる仕事を詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。
▶︎ 日本語が話せない外国人が東京で働ける仕事は?働くまでの流れも解説


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > 外国人の方におすすめ!日本の工場の仕事について種類や職種・資格などを解説