メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本語が話せない外国人が東京で働ける仕事は?働くまでの流れも解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本語不要な仕事をしている外国人たち

日本語が話せない外国人の方は、東京でどのような仕事に就くことができるのでしょうか?この記事では、日本語が話せなくても働ける東京での仕事や、仕事の探し方、面接といった働くまでの流れを解説します。

Goandup Picks 人気記事はこちらから

日本語が話せなくても東京で働ける?

結論から言うと、日本語を全く、またはほとんど話せない人でも東京で働くことはできます。全ての仕事が完璧な日本語を必要とするわけではありません。もちろん、日本語が話せる方が仕事の選択肢は広がります。

今は日本語が不要な仕事に就いていても、日本語を学ぶことで将来的に選択できる職種が増え、キャリアの幅を広げることもできます。日本での仕事探しにおいて、日本語能力は重要な要素の一つです。日本語を話せない状態で始めたとしても、日本での生活と仕事を通じて日本語能力を高め、より高度なビザを取得することができれば、日本で働ける仕事の選択肢がさらに広がります。

日本語不要な東京での仕事

ここでは、日本語を話せない人でもできる東京での仕事を紹介します。ただし、少しは日本語が話せないといけない職業もあるため、注意が必要です。

1. 外国語教室の講師

日本には多くの外国語教室があり、そこで自国の言語を教える講師として働くことができます。多くの外国語教室では日本語使用が禁止されているため、日本語が話せない人でも働くことが可能です。平均年収は約323万円とされています。

▼母国語を活用した仕事をお探しの方はこちらがおすすめ!
翻訳者ネットワーク「アメリア」

参考:英会話講師の仕事の年収・時給・給料

2. 清掃員・工場

ビルやホテルの清掃員、工場での仕事は日本語が不要な場合が多く、日本語が全く話せなくても働ける可能性があります。しかし、仕事内容や指示を理解するためには、基本的な日本語が話せると有利になることがあります。清掃員の平均年収は約350万円、工場労働者の平均年収は約322万円です。

▼高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

参考:清掃スタッフの仕事の年収・時給・給料令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

3. 接客業

飲食店やコンビニ、カラオケボックスなどの接客業では、基本的な日本語会話能力が求められますが、決まったフレーズを使用するため、初級レベルの日本語があれば働ける可能性があります。平均年収は約278万円です。

▼飲食店での仕事をお探しの方はこちらがおすすめ!
【ペコリッチ】

参考:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

4. プログラマー・システムエンジニア

プログラミングやシステムエンジニアの仕事では、最低限の日本語コミュニケーション能力があれば、日本人の同僚と協働することが可能です。平均年収は約405万円とされています。

▼プログラマー・SE・ITエンジニアでの仕事をお探しの方はこちらがおすすめ!
ウズカレIT

5. 介護職

2017年に導入された介護ビザにより、日本の介護福祉士資格を取得すれば、介護職として働くことができます。介護職の平均年収は約350万円です。

▼介護の仕事をお探しの方はこちらがおすすめ!
かいご畑

参考:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

日本で働き始めるまでの流れ

日本で働くまでのプロセスは、まず希望する職種や会社を見つけ、応募に必要な書類を準備し、その後、企業による書類選考を経て面接の機会を得るという一連のステップを踏みます。外国人が日本で働く場合、これらのステップに加えて、適切なビザの取得や、必要に応じてビザの変更などの追加手続きが必要です。

東京での求人の探し方

東京で求人を探す方法には、求人情報サイトで検索する方法と、転職エージェントを活用する方法があります。他にも、「東京外国人雇用サービスセンター」を利用することも一つの有効な手段です。

1. 求人情報サイトで検索

「doda」「indeed」などの日本の大手求人情報サイトでは、「勤務地」という項目で「東京」を選んで検索すると、東京での求人情報を閲覧できます。大手サイト以外にも、「NINJA」「NIPPON仕事.com」といった外国人向けの情報サイトもおすすめです。

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事も併せてお読みください。
【保存版】日本の仕事探し完全ガイド!外国人のための就職、転職、アルバイト

2. 就職エージェント

外国人向けの転職エージェントを利用する方法もあります。転職エージェントは通常、利用料が無料であり、面接やビザの手続きに関するサポートを受けることができます。これらのエージェントを通じて、情報サイトには載っていない仕事が見つかるのも魅力の一つです。

3. 東京外国人雇用サービスセンター

東京外国人雇用サービスセンターは、国によって運営されている外国人向けの就職支援機関です。これは、日本の「ハローワーク」に相当するもので、仕事の紹介や面接に関するアドバイスなど、様々なサポートが提供されます。

必要書類

日本で職を求める際には、履歴書や職務経歴書、在留カード、就労資格証明書の提出が一般的に要求されます。これらの書類は応募する職種や企業によって異なるため、応募前に各企業の指定する書類を確認することが肝心です。

1. 履歴書・職務経歴書

日本における就職活動では、履歴書の提出が基本です。履歴書には個人情報、学歴、職歴などを記載し、写真の添付も求められます。また、具体的な業務経験や保有スキルを詳述する職務経歴書が要求される場合もあります。

2. 在留カード

在留カードは必ず提出を求められるので、忘れずに用意しておきましょう。在留カードは、外国人が日本で就労する際に必須の書類です。必ず提出が必要なため、面接等の前には準備しておきましょう。

3. 就労資格証明書

就労資格証明書とは、転職先の会社で働く仕事内容と、在留資格の種類が合っていることを確認する書類です。ビザによって働ける職種が決まっていますが、就労資格証明書があれば、今のビザのままで転職先の仕事が行えることを示すことができます。

就労資格証明書は、申請者が選んだ仕事が、持っているビザの種類と一致しているかを確認するためのものです。ビザごとに働ける職種が決まっているので、この証明書があれば、現在のビザの条件に沿って転職先で働くことが可能であることが証明されます。

注意点

日本で働く際には、適切なビザの取得だけでなく、日本の銀行口座を開設する必要があります。また、外国人が就業できない特定の職種についても認識しておくことが重要です。

日本の銀行口座を作る必要がある

日本で働く外国人は、給料の受け取りに日本の銀行口座が必要になります。これは、日本での給与支払いが通常、銀行振込で行われるためです。

就業制限がある職種

外国人が就けない職種も存在します。特に、風俗業やナイトクラブ、キャバレーなど夜間に営業する業種では、永住者や定住者の資格を持たない外国人は働くことができません。

まとめ

東京では、日本語が話せなくても働ける仕事は多岐にわたります。それでも、日本語能力を高めることにより、さらに多くの仕事に挑戦でき、キャリアの可能性を広げることができます。日本での就職活動にあたっては、必要な手続きや準備をしっかりと行い、成功への道を切り開きましょう。

さらに、日本で働くためのビザには様々な種類があり、日本語能力が高いと、より高度なビザの取得が可能となり、働ける職種の幅が広がります。現在は基本的な日本語スキルがなくても始められる仕事がありますが、日本語能力を向上させることで、将来的にはより多くの職種にチャレンジできます。日本語学習を通じてキャリアの選択肢を広げることは、東京での仕事探しにおいて大きなメリットとなるでしょう。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > 日本語が話せない外国人が東京で働ける仕事は?働くまでの流れも解説