メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人の方が日本で仕事を探す方法は?求人サイトの情報や、面接前の準備も解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
就職活動中の外国人男性

日本で働きたいと考えている外国人の方は多いですが、言葉や文化の違いから、仕事探しには戸惑いを感じるかもしれません。一体どこで、どのように仕事を探せばよいのでしょうか。

そこでこの記事では、外国人の方が日本で仕事を見つける方法を詳しく解説します。インターネットを使った求人サイトや転職エージェントの活用方法から、ハローワークなどのオフラインでの仕事の探し方まで、様々な方法を紹介していきます。

また、仕事が見つかった後の面接対策も重要なポイントです。日本の面接は、外国の面接とは異なる独特のルールがあります。履歴書の書き方から、面接でのマナーまで、押さえておくべきポイントを解説します。

これから日本で就職を目指す外国人の方も、すでに仕事探しを始めている方も、ぜひこの記事を参考にしてください。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

インターネットで日本の仕事を探す方法

日本で仕事を見つけたい外国人の方にとって、インターネットは非常に便利なツールです。オンライン上には、外国人向けの求人サイトや転職エージェントなど、さまざまな仕事探しのためのサービスがあります。ここでは、ネットを使って日本の仕事を効率的に探す方法を詳しく解説していきます。

1. 求人サイト

日本の求人サイトには、日本人も多く利用している「indeed」や「duda」などの大手サイトと、外国人に特化した求人サイトがあります。外国人向けのサイトでは、英語をはじめとする外国語でのサポートが充実しているため、日本語に不安がある方でも安心して利用できるでしょう。一方、大手サイトのメリットは、掲載されている求人数の多さです。自分に合った仕事を見つけやすいというアドバンテージがあります。

2. 就職エージェント

就職エージェントとは、仕事を探している人と、人材を募集している企業とのマッチングを行うサービスのことです。エージェントに登録すると、あなたのスキルや経験、希望に合った求人を紹介してもらえます。就職のプロであるエージェントのサポートを受けられるので、的確なアドバイスをもらいながら効率的に仕事探しができるでしょう。特に、日本での就職に不慣れな外国人の方にとっては心強い味方となります。

3. 会社のホームページ

すでに働きたい会社が決まっている場合は、その企業のホームページから直接応募するのも一つの方法です。企業によっては、外国人向けの採用情報を掲載していることもあります。ただし、全ての企業がホームページで求人を行っているわけではないので、注意が必要です。また、日本語での応募が必須となるケースが多いため、日本語能力に自信がない場合は、他の方法を検討した方が良いかもしれません。

4. SNS

近年、TwitterやFacebookなどのSNSを活用して仕事を見つける人が増えています。企業側もSNSを通じて求人情報を発信するようになってきました。特に、外国人コミュニティで情報交換が活発に行われているので、そういったグループに参加してみるのも良いでしょう。ただし、SNS上の情報は必ずしも正確とは限らないため、鵜呑みにせず、信頼できる情報源で確認することが大切です。

インターネット以外で日本の仕事を見つける方法

インターネットは仕事探しに欠かせないツールですが、日本にお住まいの外国人の方は、ネット以外の方法で仕事を見つけることもできます。ここでは、オフラインで仕事を探す際に役立つ情報をお伝えします。

1. ハローワーク(外国人雇用サービスセンター)

ハローワークは、日本の公的な職業紹介所です。外国人の方は、お住まいの地域のハローワークの窓口を訪ねてみるのがおすすめです。全国に設置されている「外国人雇用サービスセンター」では、外国人の就職をサポートしてくれます。また、「通訳がいるハローワーク」を利用することで、言葉の壁を感じずに相談ができるでしょう。

ハローワークについてより詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考ください。
▶︎ 外国人の方にとって日本のハローワークとは?求人や雇用について詳しく解説します

2. 大学のキャリアセンター

日本の大学に在籍している留学生の方は、大学のキャリアセンターを活用するのがおすすめです。キャリアセンターでは、学生向けの求人情報を提供しているだけでなく、就職活動のサポートも行っています。外国人留学生向けの支援プログラムを用意している大学もあるので、ぜひ確認してみてください。キャリアセンターを通して、求人サイトには掲載されていないような求人を見つけることができるかもしれません。

3. 合同企業説明会

日本の就職活動では、合同企業説明会が重要なイベントとなります。これは、多くの企業が一堂に会し、学生に向けて自社の事業内容や採用情報を説明する場です。外国人向けの合同企業説明会も各地で開催されているので、積極的に参加してみましょう。直接企業の担当者と話ができるため、応募前に会社の雰囲気を知ることができます。また、外国人採用に積極的な企業を見つけるチャンスにもなるでしょう。

東京では、外国人のための合同企業説明会も開催されています。合同企業説明会に関する詳しい情報や、おすすめの説明会、注意点などについては、以下の記事を参考にしてみてください。
▶︎ 東京の企業説明会と合同説明会とは?おすすめや注意点などを解説

インターネットでおすすめ!外国人向けの求人サイト・転職エージェント5選

インターネット上には数多くの外国人向け求人サイトや転職エージェントがあり、どれを利用すべきか迷ってしまうかもしれません。そこで、外国人の方におすすめのサービスを厳選して5つご紹介します。それぞれのサイトの特徴や強みを理解して、自分に合ったサービスを選びましょう。

1. WORK JAPAN

WORK JAPANは、外国人に特化した大手求人サイトで、登録者数は15万人を超えています。主に東南アジアと中国からの登録者が多く、英語以外にもさまざまな言語でのサポートが充実しているのが特徴です。サイト内の求人情報は、外国人の日本での就労を想定したものが多く、職種や業種も幅広くカバーしています。

WORK JAPANの詳細はこちら

2. NINJA

NINJAは、15年以上にわたって外国人の就職支援を行ってきた実績のある会社が運営する求人サイトです。サイトに掲載されている求人は、外国語を活かせる仕事が中心で、語学力を武器に日本で働きたい方におすすめです。また、外国人が活躍中の企業、管理職ポジション、リモートワークOKなど、多様な求人検索ができます。

NINJAの詳細はこちら

3. gooojob

gooojobは、単なる求人サイトではなく、外国人の方が日本で仕事を見つけるための総合的なサポートを提供しているサービスです。日外国籍社会人アドバイザーからのアドバイスやマナー指導、ビザ変更・相談など、就職活動に関する幅広いサービスを利用できます。特に、日本語能力に不安を感じている方や、就職活動の進め方がわからない方にとって心強い味方となってくれるでしょう。

gooojobの詳細はこちら

4. Nippon仕事.com

Nippon仕事.comは、外国人のための総合求人サイトで、IT系や営業、販売など、さまざまな職種の求人情報を掲載しています。ビザのサポートを行っている求人も多いので、まだ就労ビザを取得していない方でも、応募可能な求人を探すことができるでしょう。また、サイト内には就職活動に役立つ情報も掲載されています。

Nippon仕事.comの詳細はこちら

5. 外国人求人ネットACE

外国人求人ネットACEは、6万人以上が登録している外国人専門の就職・転職エージェントです。20年以上にわたり、外国人の方の就職支援を行ってきた実績があります。大企業から中小企業、ベンチャー企業まで、幅広い業界の求人を取り扱っているため、自分に合った仕事を見つけやすいのが特徴です。

外国人求人ネットACEの詳細はこちらから!

面接の準備は何をすればいい?

求人サイトや転職エージェントを活用して、応募したい仕事が見つかったら、次は面接に向けた準備が必要です。日本の面接は、外国の面接とは異なる点があるため、しっかりと対策をしておくことが合格への近道となります。ここでは、面接準備の重要ポイントを4つ解説します。

1. 履歴書を書く

日本の履歴書は、海外のそれとは書式が大きく異なります。日本語で記入する必要があるだけでなく、学歴や職歴、志望動機など、多岐にわたる項目を詳細に記入しなければなりません。また、写真を貼ることが一般的です。履歴書のフォーマットはネット上でダウンロードできるほか、コンビニエンスストアや文房具店でも購入可能です。

日本の履歴書には独自のルールがあり、書き方を誤ると不利になることがあります。履歴書の書き方については、以下の記事で詳しく解説しています。
▶︎ 日本の履歴書の書き方と入手方法を外国人向けに解説

2. 会社や仕事内容について調べておく

面接では必ず、応募先の会社や仕事内容について質問されます。企業の公式サイトやニュース記事などを通じて、会社の事業内容や業績、職場の雰囲気などを入念にリサーチしておきましょう。また、応募したポジションの業務内容や必要なスキルについても理解を深めておくことが重要です。企業研究を怠ると、面接官に志望度の低さを感じさせてしまう恐れがあるので注意しましょう。

3. よくある質問の答えを考えておく

日本の面接では、志望動機や自己PR、長所と短所など、よく聞かれる定番の質問があります。これらの質問に対する答えを事前に用意しておけば、面接当日に慌てずに対応できるでしょう。また、日本の面接では、趣味や特技についても聞かれることが多いのが特徴です。これは、応募者の人となりを知るためです。あなたの個性や強みをアピールできるよう、具体的なエピソードを交えて答える練習をしておくと良いでしょう。

4. 日本の面接のマナーを勉強しておく

日本の面接には独特のマナーやルールがあり、これらを知らないと、せっかくの能力も正当に評価してもらえない可能性があります。例えば、面接室に入る際は、ドアをノックしてから入室します。その際、ノックはゆっくり3回行うのが適切とされています。また、面接官に対する礼儀として、お辞儀は30度から45度が理想的な角度です。他にも、身だしなみや言葉遣いなど、以下の記事を読んで確認しておきましょう。
▶︎ 外国人の方が日本での就職活動で面接を受けるには?マナーや流れを解説

日本で働きたい外国人の方へ

今、日本で仕事を探している外国人の皆さんは、「日本で働きたいけど、何から始めればいいの?」「どの企業が私に合っているの?」「どうやって仕事を探せるの?」といった疑問や不安を抱えているかもしれません。

そんな皆さんの日本での就職活動を、私たちが全力でサポートします! ご質問や相談があれば、以下のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

あなたの求めるキャリアパスを実現するために、就職はもちろん、アルバイトやその他の機会に関しても、最適なサポートを提供いたします。皆さんが理想の職場を見つけ、日本でのキャリアを成功させるための第一歩になることを心から願っています。

    名前*
    性別
    生年月日
    現在の居住地*
    現在の居住状況*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    最終学歴の学校名*
    卒業国*
    卒業年月*
    日本語レベル*
    現在のビザの状況*
    日本での就職に求めていること(複数選択可)*
    希望する業種(複数選択可)*
    希望する職種(複数選択可)*
    その他の情報や質問(任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    日本で仕事を探す外国人の方は、外国人向けの求人サイトや転職エージェントを活用し、効率的に就職活動を進めましょう。また、ハローワークや大学のキャリアセンターなど、オフラインの資源も有効活用することをおすすめします。

    仕事が見つかったら、日本独自の面接マナーを理解し、入念な準備を行ってください。言葉や文化の壁に臆することなく、自信を持って面接に臨むことが大切です。

    日本での就職は、異文化の中で自分を成長させる素晴らしい機会です。この記事を参考に、一歩ずつ着実に準備を進めていってください。あなたの日本での活躍を心から応援しています。

    日本で仕事を探すためのより詳しい情報については、以下の記事も参考にしてください。
    ▶︎【保存版】外国人のための日本の仕事探し完全ガイド!就職・転職・アルバイト


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > 外国人の方が日本で仕事を探す方法は?求人サイトの情報や、面接前の準備も解説