メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人が日本で英語を教えるための基本を分かりやすく解説!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。



外国人が日本で仕事を探すとき、日本語がビジネスレベルであれば色々な可能性がありますが、そうでない場合でも可能性があるのは母国語を教える仕事です。特に、日本人は英語が苦手だと言われていますので英語教師の需要は多いです。

なぜなら、外国語はその国の言葉で教えることが上達の近道だと言われているからです。日本語が得意な先生だと、生徒は安心して日本語で質問してしまいます。ですから、日本語ができないことがメリットになるわけです。

それでは、英語教師になるための基本について分かりやすく解説していきます。

外国人が日本で英語教師になるには

外国人が日本で英語教師として働く場合には様々な形があります。ここでは、どこでどのような立場で働くことができるのかご紹介します。

学校の教師

日本の学校で、日本人と同じステータスで正式な教師として働く場合は日本の教員免許が必要です。

しかしながら、外国人が教師として働く場合ほとんどが外国語の専任教師であり、非常勤のALTとして働くことが多いようです。

ALT(外国語指導助手)

ALTとは外国語指導助手のことで、小中高等学校で資格を持つ日本人教師のアシスタントとして生きた外国語を教える仕事です。

特別な資格は必要ありませんが、大学卒業程度の学歴は必要となるでしょう。就職先によって要件が違うことがあるので確認が必要です。

英会話スクールの教師

日本には様々な英会話スクールがあります。義務教育の学校とは違い、時間単位でお金を支払って学びに来る学生に対して英語を教える仕事です。

一般的にマンツーマンか4〜8人の少人数のグループレッスンを受け持ち、45〜60分のレッスンを行います。

英会話スクールによって、母国での外国語教師免許、教師歴などの規定が変わりますので確認が必要です。

現在は、オンラインレッスンが大変人気となっており、いつでもどこでもパソコンやスマホがあれば英会話レッスンが受けられるようになっているので、オンラインの教師という道もあります。                      

日本で英語教師を始めるために必要な準備

日本で英語を教える仕事をするには、外国人であることの他に色々な準備が必要です。

学校や企業は、質の高い教育ができて信頼できる人物を探しているので、次に挙げる項目について証明できることが就職への近道と言えます。

  1. 学校や企業が認めた英語圏の国籍
  2. 大学の学士号
  3. TEFL(英語教授法資格)の認定
  4. 犯罪歴がないこと
  5. 健康診断、薬物検査陰性の結果

英語教師の仕事の探し方

皆さんもご存知の通り、現在では求人を探す方法としてインターネットが一番情報量が多いです。もちろん、インターネットから履歴書を登録して応募することもできます。

例えば、『英語ネイティブ教師(講師)』で検索をしてみると、色々な求人サイトや英会話スクールなどがヒットしてきます。求人サイトなら、場所や沿線、給料、その他の条件を入れて探すこともできますので、まずは検索してみましょう。

もし、近所などで働きたい学校や英会話スクールの目星がついている場合は、直接サイトを確認して問い合わせてみるのもひとつです。

また、外国人コミュニティですでに英語教師として働いている知人がいれば、その人からの紹介というのは決定率が比較的高くて良い方法です。仕事を探していることは、常に周囲に知らせておきましょう。

おすすめの英語教師の仕事5選

様々な形態での英語教師についてご紹介してきましたが、ここでは継続的に求人のある人気英会話スクールをご紹介します。

シェーン英会話

全国188校、首都圏166校を展開する大型英会話スクール。法人への講習や海外留学のサポートなども行っている。

参考:シェーン英会話 採用情報 https://www.tefljobsinjapan.com/

英会話イーオン

全国に250校を展開する大型英会話スクール。小学校の教員への指導、高校での英検講座など、様々なプログラムで日本中の英会話力向上に貢献している。教師やスタッフのワークライフバランスの向上を目指している。

参考:英会話イーオン 外国人採用ページ https://www.aeonet.com/

ECC外語学院

1962年に発足した外国語スクール。英語、中国語、韓国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語を広く学ぶことができます。オンラインレッスンにも力を入れているスクールです。

参考:ECC外語学院 外国人採用ページ https://eccteachinjapan.com/

GABAマンツーマン英会話

マンツーマンでの指導に特化した英会話スクールです。グループレッスン中心のスクールよりも当然料金は高いですが、質の高い教育をウリにしています。個人レッスンでしっかり教えたい人には向いています。

参考:GABAマンツーマン英会話 外国人求人ページ https://www.gabateachinginjapan.com/

ワンコインイングリッシュ

60分500円のワンコインで学べるというコンセプトの英会話スクール。東京9校、横浜1校の首都圏のみの展開で小規模ながら、シェアハウスや日本語教室など幅広く活動しています。

参考:ワンコインイングリッシュ公式サイト https://onecoinenglish.com/hireme/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

外国人の皆さんがスキルを活かして日本で働くことは、日本にとっても大変価値のあることです。是非、自分に合った働きやすくやりがいのある仕事を探してみてください。

きっと、日本での生活がもっと楽しく有意義になりますよ。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > 外国人が日本で英語を教えるための基本を分かりやすく解説!