メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

2024年最新版!東京の日本語学校ランキングトップ10

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本語学校で日本語を学ぶ外国人

学生や日本での就職を目指す海外の方々にとって、日本語学習は重要な第一歩です。多様な日本語学校が存在し、それぞれ異なる料金設定を持つため、適切な学校選びは複雑に感じられるかもしれません。この記事では、日本語学校の基本的な知識、料金の違い、資格取得の価値に焦点を当て、留学を考えている外国の方に賢い選択をするための情報をご紹介します。

Goandup Picks 人気記事はこちらから

日本語学校の基礎知識

日本語学校は、日本語のスキルを伸ばしたい海外からの学生や日本で生活することを目指す人たちに対して、さまざまな教育プログラムを提供する場所です。これらの学校では、基礎的な読み書きから会話の能力向上、日本の文化や慣習への理解を深めるコースが用意されています。自分の目標や予算に合った学校を選ぶには、基本情報を知ることが大切です。ここでは、日本語学校選びに役立つさまざまな情報を提供し、学習者が自分に合った学校を見つけるための基礎知識を紹介します。日本語の勉強を始めるにあたって、まずは日本語学校について基本的な理解を深めることが大切になってきます。

日本語学校とは何か?

日本語教育の分野では、「日本語学校」という用語は広く知られていますが、これらの学校の正確な行政的名称は「日本語教育機関」です。2023年時点で、これらの教育機関は法務省の監督のもとにあり、同省によって設定された一定の基準に従って運営されている学校は「法務省告示校」として認定されています。現在、日本には約700校の認定校が存在し、一般に「日本語学校」と言う場合、これらの認定校を指すことがほとんどです。

しかし、最近成立した「日本語教育機関認定法」により、2024年からはこの管理体制が変わり、文部科学省が新たにこの役割を担うことになります。文部科学省の認定を受けた「認定日本語教育機関」でなければ、留学生を受け入れる資格を持てなくなるのです。

日本語学校の運営には、専門学校や民間企業が多く関わっており、留学生の日本への橋渡し役となっています。多くの留学生は、自国内の教育機関やエージェントからの支援を受けて日本の学校に進学しますが、個人で直接申し込むケースも少なくありません。

多彩なプログラムとサポート

「日本語学校」は単に日本語を教える場所ではなく、さまざまなプログラムやサポートを提供しています。

  • 進学サポート: 進路相談や面接の練習など、進学に関するサポートを提供します。
  • 日本文化体験イベント: 日本語を学ぶ過程で、日本の文化や風習を理解するためのイベントプログラムが用意されています。
  • 日本生活サポート: 初めての留学生活で生活に関するトラブルが発生することもあるため、生活に関するアドバイスやサポートが提供されています。
  • 就職支援: 日本語学校には就職に関連するコースがあり、面接の練習や企業斡旋、人材派遣会社との提携など、就職支援が行われています。

留学生と日本語学校の役割

日本語学校の生徒たちの中心は、「留学」の資格を有する外国籍の学生(以下、留学生と呼ぶ)で構成されています。
これらの留学生たちの多くは、日本国内の大学、大学院、または専門学校に進学することを目的に日本へやってきます。ただし、これらの高等教育機関への進学に先立ち、まず日本語学校で学ぶことが一般的です。その理由は、大学等の進学試験に際して必要とされる日本語能力を身につけるためです。

留学生たちは日本語学校で日本語の勉強をしながら、進学に向けた準備を行います。さらに、「留学」資格を持つ人々が受験対象となる多くの高等教育機関の入試では、日本語学校に在籍することで、海外から直接受験するよりも、受けられる試験の選択肢が格段に広がるというメリットがあります。

また、新たな在留資格「特定技能」の設立に伴い、日本での就職を目指す外国人の数も増加しています。このような人々は、留学生として日本に来た後、日本語学校を卒業してから「特定技能」や就労ビザへの切り替えを行うケースが少なくありません。
さらに、就職している人やその家族、短期間日本に滞在している人たちも、日常生活で必要な日本語を学ぶためや、日本語能力試験の準備のために日本語学校に通うことがあります。

日本語学校の授業概要

日本語学校の主な対象は外国人で、ここで提供されるのは彼らのための日本語授業です。
留学生が日本の大学(大学院)等に進学する際、最低でも日常会話が可能な日本語能力試験N5レベルの知識が必要とされます。このため、授業は基本的にひらがなやカタカナの学習から始まります。
しかし、すでに高度な日本語能力を持っている人や、日本語学校に長期間(最長2年間まで)在籍する人は、さらに上級の日本語を学びます。

このように、日本語学校での授業は初級から上級に至るまで、幅広いレベルをカバーしています。
法務省からの指定を受けた学校では、年間760時間の授業が必要最低限とされており、授業は通常、平日の午前または午後に45分間の4~5コマで構成されます。

授業手法に関しては、国内の多くの日本語学校では、日本人教師が日本語のみを使用する直接法を採用しています。
加えて、留学生が大学や大学院の入試で必要とされる理科、社会、数学、英語などの科目を教える日本語学校も存在します。

日本語学校は、約600校が異なるコースを提供しています。主要なコースには以下があります。

  1. 進学コース:大学や専門学校進学を目指す学生向け。
  2. 一般課程コース:進路指定なしで多様なキャリアを追求する学生向け。
  3. ビジネス日本語コース:日本での就職を目指す学生向け。ビジネスマナーや支援も含まれる。
  4. 特定技能コース:特定技能ビザを取得し、卒業後に就職を目指す学生向け。

日本語学校の留学生の多様性と学習分野

日本国内の日本語学校は、主に留学、就労、日常生活のサポートを目的としており、この中でも特に留学目的の学生が大多数を占めています。

2022年のデータによると、日本語学校には9万人以上もの学生が在籍しており、彼らの出身国は多岐に渡りますが、特に中国、ベトナム、ネパールの学生が目立ち、近年ではミャンマーやバングラデシュからの学生数も急増しています。一方で、欧米からの学生は比較的少ない傾向にあります。

これらの留学生のほとんどが、日本の大学や専門学校、大学院への入学を目標にしており、年齢層は18歳から25歳程度が中心です。
彼らが進学後に学ぶ分野は多岐に渡り、経済学、経営学、文学、国際関係学、芸術、ファッション、自動車工学、機械工学などが含まれます。

参考:日本語教育データ|文化庁日本語学校ってどんな学校??|Liang0410

日本語学校のおすすめランキングトップ10【東京】

東京、世界の中心地であり、ビジネスや文化の大きな流れを生み出しています。この魅力的な都市は、年間約1518万の外国人が訪れる人気の観光地であり、アジアや欧米など世界中から訪れる人々で賑わいます。
東京には、大学や専門学校の日本語コースを除いた約230の日本語学校が存在します。私たちはその中から特におすすめの10校を選び、各学校の独自の魅力やおすすめの理由を紹介していきます。東京での留学や、日本語教育の分野への転職を考えている外国人の皆さんにとって、学校選びの貴重な手助けとなるはずです。

1位:isiランゲージスクール 高田馬場

・国内最大級を誇る日本語教育の拠点
・世界50カ国以上から集まる2,000人超の学生たち
・高度な教育を求める学生のための「特進クラス」の設置
・中級以上のレベルに達すると、好みの授業を選択可能

学校名ISIランゲージスクール(ISI日本語学校 高田馬場校)
学校長阿保 京子
住所本館:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-19
新館:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-23-32
四季館:〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-21
主要駅高田馬場駅
教員・スタッフ数131名
学生定員1,346名
在籍学生の主な国籍中国、韓国、アメリカ、フランスなど50以上の国と地域
学費(年間)784,500円~
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:isiランゲージスクール 高田馬場 公式サイト

ISIランゲージスクールの魅力

ISIランゲージスクールは、世界中から50カ国以上の留学生が集まる、日本で最も大規模な日本語教育機関の一つです。

特に注目すべきは、「長期コース」と名付けられたプログラムで、これは難関大学や大学院進学を目指す学生向けのコースです。「特進クラス」と呼ばれる、高田馬場キャンパス限定の特別コースも設けられています。授業は初級から上級まで8つのレベルにわかれており、中級レベル以上になると、JLPTやEJUの試験対策、会話クラス、研究計画書の作成など、自分の学習目的に合わせた授業を選ぶことが可能です。

また、「プライベートレッスン」は一人ひとりのニーズに合わせてフルカスタマイズができ、個人レッスンからグループレッスンまで対応しています。
学生寮、ホームステイ、ゲストハウス、ウィークリーマンションなどの滞在先も提供しています。

2位:ヒューマンアカデミー日本語学校東京校

・設立から30年を超える歴史と信頼性
・VOD教材を用いた自主学習と、好みに合わせた講師選択の自由度
・留学生の進学及び就職における輝かしい成果、多文化な学生コミュニティ

学校名ヒューマンアカデミー日本語学校 東京校
学校長田中 知信
住所本校舎(13時ホール)〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-9-9
分校舎(サクセスビル)〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-18-13
分校舎(ヒューマン教育センタービル)〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-2
主要駅高田馬場駅
教員・スタッフ数207名
学生定員2,240名
在籍学生の主な国籍中国、ネパール、ベトナム、ロシア、スペインなど
学費(年間)803,000円
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:ヒューマンアカデミー日本語学校東京校 公式サイト

ヒューマンアカデミー日本語学校 東京校の魅力

1991年の創立以来、30年を超える豊かな歴史を持つヒューマンアカデミー日本語学校は、名高い国立大学や私立大学、短期大学への進学実績、さらには就職に関しても顕著な成果を上げています。

この学校は、学生のニーズに合わせた柔軟な授業スタイルを提供しており、対面授業だけでなくオンラインでのレッスンも可能です。週2日からスタートできる通学レッスンや、一人ひとりの要望に応じたプライベートレッスン、グループレッスン、さらにはオンデマンドレッスンも選べます。海外に住む人々のための「進学コース」「実用日本語コース」も充実しています。

学内にはPCルーム、自習室、休憩室を含む諸施設が完備されており、在学生はこれらを自由に利用することができます。

3位:学校法人新井学園 赤門会日本語学校本校

・個別進学支援とEJU対策、豊富な進学情報提供
・50社以上提携、就職支援と特別就職プログラム実施
・多言語スタッフによる生活全面サポート、ビザ・銀行・アルバイト支援

学校名学校法人新井学園 赤門会日本語学校本校
学校長新井 時賛
住所本館:〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-39-12
2号館:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-7-7
3号館:〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-50-17
別館:〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6-39-10
主要駅三河島駅
教員・スタッフ数150名以上
学生定員2,250名
在籍学生の主な国籍中国、ベトナム、韓国、フランス、アメリカなど
学費(年間)810,000円
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:学校法人新井学園 赤門会日本語学校本校 公式サイト

赤門会日本語学校本校の魅力

80以上の国と地域から2万人以上の留学生を教育しており、多様な視点と高いコミュニケーション能力を持つグローバル人材の育成に注力しています。学校法人新井学園が運営し、留学生教育専門の公益法人として教育の質を保証しています。また、留学ビザ取得者には通学定期券の割引も提供しています。

赤門会は、一般留学コースから特別就職プログラム、準備教育課程まで、留学生の目的に応じた多彩なコースを提供しており、日本語能力試験対策や日本留学試験対策などの授業も充実しています。学生は週5日、午前または午後の半日制で授業を受け、日本語スキルの向上はもちろん、就職で有利になるスキルも同時に学ぶことができます。特定技能就職プログラムなど、特定のビザを目指す学生向けのプログラムもあります。

さらに、オンラインプログラムも用意されており、自国にいながら日本語やITスキルを学ぶことが可能です。

より詳しい詳細を知りたい方はこちらの記事

4位:東京ワールド日本語学校

・熟練教員120名以上で進学希望校への全面サポート実施
・多言語事務スタッフによる学習・生活支援充実
・2022年進学実績: 大学院71名、大学211名、専門109名

学校名東京ワールド日本語学校
学校長鎌田 一宣
住所本館:〒169-0073 東京都新宿区百人町1-13-24
2号館:〒169-0073 東京都新宿区百人町1-22-12
3号館:〒169-0074  東京都新宿区北新宿1-8-15
主要駅新大久保駅
教員・スタッフ数120名以上
学生定員1,752名
在籍学生の主な国籍中国、ベトナム、ネパール、スリランカ、韓国など
学費(年間)648,000円
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:東京ワールド日本語学校 公式サイト

東京ワールド日本語学校の魅力

一般コースから大学・大学院進学コース、ビジネスコース、短期コースまで、幅広いニーズに応える様々なコースを提供しています。これらのコースは、初級から上級レベルの学生に、日常会話から専門的な日本語能力までを総合的に身につけさせることを目的としています。

特に、大学進学を目指す学生には、日本留学試験(EJU)対策を中心にした指導を行い、大学院進学コースでは、入学試験に合格するための日本語力や研究能力の育成をサポートしています。ビジネスコースでは、ビジネスマナーや専門用語の習得を目指し、短期コースは、短期間での日本語学習を望む方向けに設計されています。

そして、奨学金制度も用意されており、留学生の負担を軽減しています

5位:東京早稲田外国語学校

・キリスト教精神で留学生活支援、EJU・JLPT対策も充実
・選択型授業と個別進学指導で各自の目的を徹底サポート
・大学推薦制度あり、6か国語対応の職員による多言語サポート

学校名東京早稲田外国語学校
学校長渡辺英子
住所本校:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-31-11 第2モナミビル 3F. 5F~9F
新大久保校:〒169-0073 東京都新宿区百人町2-9-13
主要駅新宿駅、新大久保駅
教員・スタッフ数約100名
学生定員1,800名
在籍学生の主な国籍中国、ベトナム、ネパール、韓国、ネパール、ミャンマーなど
学費(年間)780,000円
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:東京早稲田外国語学校 公式サイト

東京早稲田外国語学校の魅力

初級から上級までのコースをCEFRとJLPT基準に沿って提供しており、生徒一人ひとりの日本語能力向上を目指しています。初級では『みんなの日本語』を使用し基本的な会話や読解力を、初中級では運用能力を、中級では応用力と受験準備を、中上級と上級では高度な運用能力や専門分野への理解力を養います。

入学時期や就学期間に応じて複数のコースがあり、学生寮の提供もあります。キリスト教精神に基づいて設立された本校では、留学生の快適な学校生活をサポートし、EJUやJLPT対策、大学院進学ガイダンスといった独自のプログラムを提供しています。

また、ビジネス日本語会話や小論文対策など、目的に応じた選択型授業があり、個別進学指導も徹底して行われます。大学との提携による無試験推薦制度や、6か国語に対応できる職員によるサポートも、留学生にとって大きな魅力です。

6位:千駄ヶ谷日本語学校

・40年を超える運営歴、千駄ヶ谷日本語教育研究所グループに属する
・文部科学省から認定された準備教育課程を提供
・自分の目的に合わせた学習コース選択
・専用のシステムと出席管理で学生をフォロー

学校名千駄ヶ谷日本語学校
理事長冲永 寛子
住所〒161-0033 東京都新宿区下落合 1-1-6
主要駅高田馬場駅
教員・スタッフ数200名以上
学生定員1,328名
在籍学生の主な国籍中国、ベトナム、タイ、エジプト、ロシア、スウェーデンなど
学費(年間)816,000円
入学時期4月、10月
参考:千駄ヶ谷日本語学校 公式サイト

千駄ヶ谷日本語学校の魅力

1975年、渋谷区の千駄ヶ谷で創立された後、現在は新宿区で運営されている文部科学省認可の日本語教育機関です。この学校は、英語や中国語、ベトナム語をはじめとする多言語に対応する教育スタッフが在籍しており、多国籍の学生たちに安心を提供しています。

日本で就職したい方向けの「一般日本語コース」、日本の大学へ進学した方向けの「大学・専門学校進学コース」、日本の大学院を目指す方向けの「大学院進学コース」に分かれています。また、9段階に分類されたレベル別のクラスが設定され、学生一人ひとりの日本語習熟度や学習ペースに応じて最適なクラスへの配属が可能です。出席情報はデジタル端末を使ってリアルタイムに管理され、学習進捗も「千駄ヶ谷LMS」という専用のオンラインシステムを通じて効率的に追跡、管理されています。

さらに、約70校以上の大学との指定校推薦制度や、在学中に大学の講義を受講できる特別プログラムも提供されています。

7位:メロス言語学院

・W進学指導で個別対応、校内進学ガイダンスも実施
・進学率100%、幅広い進学実績を誇る
・提携校推薦で学費減免も可能、特別推薦制度あり

学校名メロス言語学院
理事長香川 順子
住所〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-45-7
主要駅池袋駅
教員・スタッフ数約70名
学生定員1,160名
在籍学生の主な国籍韓国、中国、マレーシア、インドネシア、タイなど
学費(年間)648,000円
入学時期1月、7月、10月
参考:メロス言語学院 公式サイト

メロス言語学院の魅力

日本での大学や専門学校進学希望者から、ビジネス日本語を学びたい方、美術大学進学を目指す方まで幅広く対応しており、理系科目や英語対策を含む充実した授業内容が特徴です。

進学指導では、クラス担任と進学指導担当の先生によるW進学指導を実施し、毎年5月には校内進学ガイダンスを開始するなど、学生一人ひとりの進学希望に合わせた親身なサポートを提供しています。

進学実績としては、国立、公立、私立の大学院や大学、短期大学、専門学校に進学希望者全員が進学できる100%という印象的な進学率を誇っており、日本国内の大学との提携による優先入学や学費減免、入学金の減免など、特別な推薦制度も用意されています。これにより、学生は自分の目指す進路に向けて、より安心して学習に専念できる環境が整っています。

8位:東京中央日本語学院

・1988年設立、70カ国以上の学習者を受け入れ
・語学学習サービスの国際規格「ISO29991:2020」認証取得
・在日外国人向けの豊富なコースを提供する世界最高水準の日本語教育機関

学校名東京中央日本語学院
学院長中澤 匠
住所〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 トーシン信濃町駅前ビル4階
主要駅信濃町駅、国立競技場駅
教員・スタッフ数100名以上
学生定員1,080名
在籍学生の主な国籍アジア、欧州、中東、北米、中南米、オセアニアなど30~40カ国
学費(年間)798,400円~
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:東京中央日本語学院 公式サイト

東京中央日本語学院の魅力

70ヶ国以上からの留学生が学んだ実績があり、一時に30から40ヶ国の生徒が学びの場を共有しています。この学院は国際基準「ISO29991:2020」に認定され、世界トップクラスの日本語教育サービスを提供していることで知られています。留学生のニーズに応えるために、様々なコースを提供しています。

「留学ビザコース」、「在日外国人向けコース」、そして「オンラインレッスン」が主なもので、留学前の日本語学習をサポートする「留学準備オンラインコース」や、週3回開講の「ライトデイタイムクラス」、個人に合わせた柔軟なスケジュールの「VIPプライベートレッスン」、「速習プライベートレッスン」、「子供向けプライベートレッスン」など、多彩な学習オプションがあります。

学院は50以上の教室をはじめ、自習室や図書室、カンファレンスルームなど、充実した施設を備え、学習環境の質の高さを保っています。

9位:国書日本語学校

・成績優秀者に最大60,000円の奨学金、多彩な奨学金制度
・新入生向け提携寮完備、入寮希望者にサポートあり!
・多言語対応の学生支援、書籍10%OFF、進学保証人制度導入

学校名国書日本語学校
学校長小林 妙子
住所〒174-0056 東京都板橋区志村2-10-5
主要駅志村坂上駅
教員・スタッフ数57名
学生定員788名
在籍学生の主な国籍中国、韓国、モンゴル、バングラデシュ、ミャンマー、インドなど
学費(年間)750,000円~
入学時期1月、4月、7月、10月
参考:国書日本語学校 公式サイト

国書日本語学校の魅力

進学コースでは、日本留学試験(EJU)、日本語能力試験(JLPT)対策から大学入試の準備、大学院進学に必要なスキルの習得まで幅広い支援を行っており、一般コースでは日本語の基礎から中級レベルまでの学習を、短期コースでは短期間での日本語能力向上を目指します。

学校では、成績や出席状況が良好な学生に対して、共立メンテナンス奨学基金やエルエスエイアジア奨学金など、様々な奨学金制度を用意して学生の学習を支援しています。

また、新入生には学校周辺の提携寮への入寮サポートを提供し、日本語だけでなく、韓国語、中国語、英語、アラビア語など複数の言語での学生サポート体制を整えています。書籍の特価購入サービスや、優れた出席率を持つ学生に対する進学の保証人制度など、学生が安心して学習に専念できる環境を提供しています。

10位:京進ランゲージアカデミー新宿校

・京進ランゲージアカデミー新宿校、全国ネットワークの中心校として輝く
・学生一人ひとりへの個別カウンセリングと専門チームによる書類支援提供
・保育園訪問や小切手収集イベントを通じた地域社会との豊かな交流活動展開

学校名京進ランゲージアカデミー 新宿校
学校長森泉 麻衣
住所〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-18-18 TCKビル3階
主要駅高田馬場駅
教員・スタッフ数71名
学生定員960名
在籍学生の主な国籍中国、ベトナムなど
学費(年間)720,000円~
入学時期4月、7月、10月、1月
参考:京進ランゲージアカデミー新宿校 公式サイト

京進ランゲージアカデミー新宿校の魅力

KLAグループに属する京進ランゲージアカデミー新宿校は、日本全国にわたる展開を誇り、東京だけでなく大阪、京都、名古屋、神戸、福岡、滋賀にも校舎を構えています。この学校の教育は、リーチング法や脳科学を応用した独自の学習法によって際立っています。

授業では、生徒を褒めて育てる指導法を重視し、会話力向上のためにロールプレイを頻繁に取り入れています。提供されるコースは多岐にわたり、「大学院進学コース」「大学進学コース」に加え、美術関連コースや短期集中コース、夏期プログラムなど、学生のニーズに合わせた多様な選択肢があります。

年に一度開催されるスピーチ大会は、全国の校舎から選ばれた生徒たちがその実力を競い合う、学校の伝統的なイベントの一つです。

まとめ

日本語学校の選択は、留学生や日本での就職を目指す外国人にとって重要な決断です。この記事では、日本語学校の基本知識から東京の日本語学校のおすすめランキングを1位~10位まで詳しくご紹介しました。
自分に合った学校選びに迷っている方もいらっしゃるでしょう。当社ではそんな皆さんを全面的にサポートし、日本語学校選びから入学までのプロセスをお手伝いします。

ご質問やご相談等ございましたら、下記の専用お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    男性女性その他
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > 日本語学校と留学ガイド > 2024年最新版!東京の日本語学校ランキングトップ10