メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

京都の日本語学校おすすめ5選と費用相場

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
京都の金閣寺

京都の日本学校で、日本語を学びたいと思っている外国人の方は多いのではないでしょうか。京都には日本語学校が多く点在しています。また、日本を代表する観光地も多くありますので、日本の文化をよく感じられる場所です。京都の日本学校の費用相場や、日本学校選びのポイントをご紹介します。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

京都市の日本語学校に通う時の費用はいくら?

京都市内には、20校を超える多様な日本語学校があります。(2024年時点)学校によって特色やカリキュラムは異なりますが、質の高い日本語教育を提供しているのが共通の特徴と言えるでしょう。

京都市の日本語学校の費用相場

京都の日本語学校の授業料の相場は、おおよそ60万円から80万円程度で、入学金は5万円から10万円ほどの学校が多いです。ただし、これはあくまで目安であり、学校によって金額は異なります。

教材費や、保険料、課外活動費用などは授業料とは別でかかる場合が多いので、詳細は各校に確認することをおすすめします。

京都市での生活費の目安:一人暮らしの家賃や食費は?

留学中の生活費も見落としがちですが、重要な検討事項です。京都市の物価は全国平均と比べてやや高めですが、地方都市と比較すると安く抑えられる傾向にあります。一人暮らしの家賃相場は、ワンルームのアパートで4万円から7万円ほど。食費は1ヶ月あたり3万円から4万円程度が一般的です。それ以外に光熱費や通信費、交際費なども必要になってくるので、余裕をもった資金計画を立てておくことが大切になります。

京都での日本語学校選びのポイント

京都の日本語学校選びには、いくつかの重要なポイントがあります。費用面はもちろん大事な要素ですが、それ以外にも学校の特色や取り組み、寮の有無、入学時期など、自分の目的やニーズに合った学校を見つけることが肝心です。

費用から選ぶ

なるべく費用をおさえたい方も多いと思います。一定の基準を満たす学生に奨学金を与える制度があります。熱意や学力に自信がある学生は、申請すると良いでしょう。奨学金制度を行っている学校の例は以下の通りです。

  • ISIランゲージスクール京都校
  • 日本語センター
  • 公益財団法人京都日本語教育センター京都日本語学校
  • 京都民際日本語学校
  • 京都YMCA国際福祉専門学校 日本語科
  • 京都あすかアカデミア 
  • 日本国際語学アカデミー 京都校
  • 京進ランゲージアカデミー京都中央校 など

取り組みから選ぶ

学校独自の取り組みや、活動から選ぶのもポイントです。各学校のホームページやパンフレットを見て、学校がどのような授業や、活動をおこなっているのか知りましょう。

またパンフレットには、学校の一日の流れが書いてあるところも多いです。よりその学校にいるイメージがわくと思いますのでぜひ見てみてください。

寮の有無で選ぶ

日本語学校には、学校が所有している寮つきの学校があります。寮に住むと、通常の賃貸住宅を借りるよりかなり費用が抑えられるのでおすすめです。

学生寮がある、日本語学校の例は以下の通りです。

  • 学校法人育英館 関西語言学院
  • 京都YMCA国際福祉専門学校 日本語科
  • 日本国際語学アカデミー 京都校
  • 活学書院
  • ISIランゲージスクール京都校
  • 京進ランゲージアカデミー京都中央校
  • 公益財団法人京都日本語教育センター京都日本語学校
  • 京都民際日本語学校
  • 京都励学国際学院
  • 京都あすかアカデミア
  • 学校法人瓜生山学園 京都文化日本語学校 など

入学時期で選ぶ

入学時期は学校によって異なりますが、4月と9月の年2回のケースが一般的です。中には、それ以外の時期に入学できる学校もあるので、自分のスケジュールに合わせて選ぶと良いでしょう。

京都の日本語学校に入学する前の準備

京都の日本語学校への入学が決まったら、まずは在留資格認定証明書の申請が必要です。必要書類を準備し、学校を通じて出入国在留管理庁に提出します。認定証明書の交付を受けたら、母国の日本大使館または総領事館でビザの発給手続きを進めましょう。

また、渡日前には生活に必要な物品も揃えておくと安心です。日本で手に入りにくいものは予め用意しておくと良いでしょう。

渡日後は、市役所や区役所で住民登録を行い、国民健康保険に加入します。学校の手続きとしては、授業料の支払いや教科書の購入などがあります。入学前オリエンテーションでは、学校生活についての詳しい説明があるので、分からないことは遠慮なく学校に質問してください。

京都でおすすめの日本語学校5選

京都でおすすめの日本語学校をご紹介しますのでご覧ください。

1. 学校法人育英館 関西語言学院

国際的に活躍する人材を育成する日本学校で、日本でトップクラスの大学や大学院に入学したい方におすすめです。

卒業生は、東京大学や名古屋大学など日本でトップクラスの大学に進学しています。中国語、韓国語、英語、ベトナム語を話せる方が常駐しています。日本に来たばかりで不安な方も安心して過ごせるでしょう。

年間の授業料は、年間800,000円です。

・2年コースの授業料です。
・初年度は入学金等で8万円が別途かかります。

参考:関西学言語院

2. 学校法人瓜生山学園 京都文化日本語学校

「日本理解を通じて、より良い国際社会を築く人材の育成」をモットーとしています。

また日本語のレベルに応じて、コースが設定されています。日本語に不安がある方やまた、日本語に自信があり力を伸ばしたい人にも対応できるでしょう。

そして、京都芸術大学や、京都芸術デザイン専門学校と連携してプロジェクトをおこなっています。京都の文化を知る授業や、サークル・クラブへの参加などさまざまなことに挑戦したい方におすすめです。

年間授業料等は、864,000円です。

・総合日本語学科の場合です。
・初年度は入学金や検定料等で120,000円が別途かかります。

参考:京都文化日本語学校

3. 日本語センター

様々な国からの学生が多く、西洋諸国6割、アジア系4割となっています。

世界中の人たちと交流を深めたい方におすすです。

また、実際に使用できるようになるための実践的な日本語習得を目標としています。

日本の文化を体験する活動もおこなっていて、参加費を支払えば、さまざまな活動ができます。

費用等は、年間891,000円です。

・1年コースの場合です。
・検定料、登録料、教材費が含まれます。

参考:日本語センター 

4. 京都日本語学校

言語を通して心をつなぐことをモットーとしています。

4つのコースに分かれていて、フルタイムや、短期間での学びなど、目的や時間にあわせて選択ができます。他の時間と両立させながら、日本語を学びたい方にもおすすめです。

年間の授業料は752,400円です。

・初年度は選考料、入学金で88,000円が別途かかります。
・年間の保険料で28,000円が別途かかります。

参考:京都日本語学校

5. 京都励学国際学院

日本語教育を通じて「ふれあう」ことをモットーとしています。

授業の行い方にも特色があります。授業は、パワーポイントを使っておこなわれるものが多いとのことです。学生は、スライドのダウンロードが可能で、どこでも復習ができるために学習の定着がしやすいでしょう。

また、実際に体験をして学ぶことを大事にしていて、校外学習や体験活動に力を入れています。七夕や、クリスマスパーティーや、弁論大会など多様な体験ができます。

年間の授業料等の費用は720,000円です。

・入学金、検定料等が含まれます。

参考:京都励学国際学院

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    京都には多様な特色を持つ日本語学校が数多くあります。学校選びの際は、自分の目的やニーズをしっかりと見定めることが大切です。授業料や生活費などの費用面はもちろん、学校の取り組みや寮の有無、入学時期なども総合的に考慮しましょう。

    実際の学校の雰囲気を知るために、オープンキャンパスや説明会への参加もおすすめです。学校スタッフや在校生から直接話を聞くことで、より具体的なイメージを持つことができるでしょう。

    また、在留資格認定証明書の申請やビザの取得、渡日後の各種手続きなど、入学までの準備は複雑で時間がかかります。余裕を持ったスケジュールを立て、計画的に進めていくことが重要です。

    京都と同じく関西地方に位置する大阪にも、優れた日本語学校が多数あり、京都と大阪の両方を選択肢として検討してみるのもおすすめです。大阪の日本語学校については、下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。
    ▶︎ 大阪の日本語学校おすすめ5選:学費が安い学校も紹介

    また、日本語学校卒業後の進路を考える際は、以下の記事も参考になるでしょう。 日本の大学・専門学校への留学に関する総合的な情報が掲載されています。
    ▶︎ 日本に留学する方法や手続きは?おすすめの高校・大学・専門学校や奨学金も紹介

    ぜひ一度目を通してみてください。 皆さんの留学プランニングに役立つ情報が見つかるはずです。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 日本語学習 > 日本語学校と留学ガイド > 京都の日本語学校おすすめ5選と費用相場