メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人必見!クイズで楽しく学ぶ日本のビジネスマナー

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本語を楽しそうに学んでいる外国人女性

日本のビジネス文化は独特で、外国人の方にとっては戸惑うこともあるかもしれません。しかし、日本のビジネスマナーを理解することは、日本で働く上で非常に重要です。

この記事では、クイズを通して楽しみながら、日本のビジネスマナーを学んでいきましょう。正しいマナーを身につけることで、日本人との良好な関係を築き、ビジネスを円滑に進めることができます。

それでは、クイズを通して、日本のビジネスマナーを一つずつ見ていきましょう。会議や名刺交換、ビジネスランチなど、様々なシーンで役立つ知識を身につけることができます。クイズに答えながら、自分の理解度をチェックし、楽しく学習を進めてください。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

日本の会議でのマナー

日本の会議では、スムーズな進行と円滑なコミュニケーションを重視します。会議の始まりと終わりには、適切な挨拶を行うことが大切です。また、会議中の質問は、手を上げるなどして、適切なタイミングを図ることが求められます。これらのマナーを守ることで、会議の生産性を高め、参加者間の理解を深めることができます。

クイズ1:会議の冒頭に適切な挨拶は?

質問: 会議の始まりにどのような挨拶をするのが適切でしょうか?

A. 「こんにちは、始めましょう。」
B. 「本日はお時間を頂きありがとうございます。」





正解: B

日本では会議の始まりには、「本日はお時間を頂きありがとうございます」と挨拶し、軽くお辞儀をすることが適切です。この挨拶により、相手に対する敬意と感謝の気持ちを表すことができます。単に「こんにちは、始めましょう」と言うのではなく、感謝の言葉を添えることで、好印象を与えることができるでしょう。

クイズ2:会議の終わりに感謝の気持ちを忘れずに

質問: 会議の終わりにはどのような挨拶をするのが適切でしょうか?

A. 「ありがとうございました、お疲れ様でした。」
B. 「じゃあ、これで終わりにします。」





正解: A

会議の終わりには、「ありがとうございました、お疲れ様でした」と挨拶し、軽くお辞儀をすることが大切です。会議に参加した全員の労をねぎらい、感謝の気持ちを表すことができます。「じゃあ、これで終わりにします」といった軽い言葉ではなく、きちんとした挨拶を心がけましょう。

クイズ3:会議中の質問マナー

質問: 会議中に質問したい場合、どのようにするのが適切でしょうか?

A. すぐに質問を始める
B. 手を軽く上げて「質問があります」と言う





正解: B

会議中に質問したい場合は、手を軽く上げて「質問があります」と言ってから質問をするのがマナーです。これにより、スムーズな会議の進行を妨げることなく、自分の疑問点を解消することができます。また、他の参加者の発言を遮ることなく、適切なタイミングで質問ができるでしょう。手を上げるというシンプルな行動が、会議のマナーとして重要な役割を果たします。

日本の名刺交換のルール

日本のビジネスシーンにおいて、名刺交換は重要な儀式の一つです。名刺交換は、単なる連絡先の交換ではなく、お互いを尊重し合うことを示す行為です。正しい名刺交換のマナーを身につけることで、相手に好印象を与え、信頼関係を築く第一歩を踏み出すことができます。

クイズ4:名刺交換の正しい方法

質問: 初対面の際に名刺を渡す正しい方法はどれでしょうか?

A. 片手で渡し、自分の名刺が相手に読める向きにする。
B. 両手で渡し、自分の名刺が相手に読める向きにする。





正解: B

名刺を渡す際は、両手を使って丁寧に渡すことが大切です。片手で渡すのは失礼にあたります。また、名刺を渡す際は、自分の名刺が相手に読める向きになるように意識しましょう。これにより、相手に対する敬意と真剣さを示すことができます。名刺交換の一連の流れを正しく理解し、実践することが重要です。

クイズ5:受け取った名刺の適切な扱い方

質問: 名刺を受け取った後、どのように扱うのが適切でしょうか?

A. すぐにポケットにしまう。
B. テーブルの上に置いておく。





正解: B

名刺を受け取った後は、すぐにポケットにしまうのではなく、一度目を通してから、テーブルの上に置いておくことが礼儀です。この行為によって、相手の名刺を大切に扱っていることを示すことができます。また、名刺を受け取った後は、相手の名前を確認し、会話の中で使うようにしましょう。これにより、相手との関係をより深めることができるでしょう。

日本のビジネスランチでのマナー

ビジネスランチは、リラックスした雰囲気の中で商談を進めることができる絶好の機会です。しかし、ビジネスランチには独特のマナーがあり、これを理解していないと、せっかくの機会を台無しにしてしまうかもしれません。ビジネスランチのマナーを身につけることで、円滑な商談を進めることができるでしょう。

クイズ6:ビジネスランチでの席順マナー

質問: ビジネスランチでの正しい席の順序はどれでしょうか?

A. 自分が先に座り、上司やクライアントに後から座ってもらう。
B. 上司やクライアントが先に座り、自分は指示があるまで待つ。





正解: B

ビジネスランチでは、上座と下座の概念が重要です。上座は、もてなす側やステータスが高い人が座る席で、通常は入り口から遠い席になります。下座は、もてなされる側やステータスが低い人が座る席です。これを理解した上で、適切な席に着くことが大切です。また、上司やクライアントが座るまでは、自分から座らないようにしましょう。

クイズ7:ビジネスランチでの話題の切り出し方

質問: ビジネスランチ中にビジネスの話をするタイミングはどれでしょうか?

A. 最初からビジネスの話をする。
B. 食事の中盤以降にビジネスの話を持ち出す。





正解: B

ビジネスランチでは、いきなりビジネス話を始めるのではなく、まずは軽い会話でお互いをリラックスさせることが大切です。食事の中盤以降に、自然な流れでビジネス話を始めるようにしましょう。また、食事中は相手の話に耳を傾け、適切なタイミングで自分の意見を述べるようにしましょう。食事とビジネス話のバランスを取ることが、円滑な商談につながります。

クイズ8:ビジネスランチの支払いルール

質問: ビジネスランチの際、ホストとして適切な行動はどれでしょうか?

A. 自分がホストの場合、スムーズに会計を済ませる。
B. ホストでもゲストに支払いをお願いする。





正解: A

ビジネスランチの支払いは、基本的にホスト側が行うのがルールです。ホストは、ランチに招待した側の人を指します。ホストは、事前に予約を取り、スムーズに会計を済ませることが大切です。ゲストは、ホストの支払いに感謝の意を示しましょう。クレジットカードの支払いが一般的ですが、現金で支払う場合は、あらかじめ必要な金額を用意しておくことが大切です。

上司や目上の人への敬語の使い方

日本のビジネスシーンでは、上司や目上の人に対して敬語を使うことが求められます。敬語を正しく使うことは、相手への敬意を示し、円滑なコミュニケーションを図る上で欠かせません。敬語の使い方を学び、適切に使いこなすことで、ビジネスパーソンとしての信頼を得ることができるでしょう。

クイズ9:上司への適切な敬語表現

質問: 上司への敬意を示すために適切な言葉遣いはどれでしょうか?

A. 「分かりました、了解です。」
B. 「承知しました、かしこまりました。」





正解: B

上司に報告や相談をする際は、「〜していただけますでしょうか」「〜をお願いできますでしょうか」といった丁寧な言葉遣いを心がけましょう。また、上司の指示に対しては、「承知しました」「かしこまりました」と応答することが適切です。このような言葉遣いによって、上司への敬意を示すことができます。一方、「分かりました、了解です」といったカジュアルな表現は避けましょう。

クイズ10:上司への適切な言葉遣い

質問: 上司に対して、自分の意見を述べる際の適切な言い方は次のうちどれでしょうか?

A. 「〜だと思います。」
B. 「〜かと存じます。」





正解: B

上司に意見を述べる際は、敬語を使うことが重要です。「〜かと存じます」は、謙譲語の一つで、自分の意見を控えめに述べる際に適しており、「〜だと思います」は、やや断定的な表現で、上司に対しては不適切です。他にも、「〜ではないでしょうか」「〜かと思われます」など、上司に提案をする際の丁寧な表現があります。上司との会話では、常に相手の立場を考え、適切な敬語表現を選ぶことが大切です。

日本のビジネスの常識である報連相

日本のビジネス文化において、「報連相(ほうれんそう)」は非常に重要な概念です。報連相とは、「報告」「連絡」「相談」の頭文字を取ったものであり、仕事の進捗状況や問題点を上司や同僚に適切に伝えることを指します。報連相を怠ると、ミスや手戻りが発生し、ビジネスに支障をきたす可能性があります。

クイズ11:「ほう・れん・そう」の意味と重要性

質問: 日本のビジネス文化において、何を意味する「ほう・れん・そう」が重要でしょうか?

A. 報告・連絡・相談
B. 保護・連帯・創造





正解: A

「ほう」は報告、「れん」は連絡、「そう」は相談を意味します。仕事の進捗状況や問題点を適切なタイミングで報告し、必要な情報を関係者に連絡し、判断に迷った際は上司や同僚に相談することが大切です。これを実践するために、定期的に進捗報告会を開いたり、メールや社内チャットツールを活用して情報共有を図ったりすることが効果的です。報連相を習慣づけることで、ミスを未然に防ぎ、円滑なビジネス運営につなげることができるでしょう。

クイズ12:報連相の実践における注意点

質問: 報連相を実践する上で、避けるべき行動は次のうちどれでしょうか?

A. 問題が発生した際、すぐに上司に報告する。
B. 自分の判断で問題を解決し、後から報告する。





正解: B

報連相を実践するには、問題発生時にはすぐに上司に報告し、指示を仰ぐことが重要です。自分の判断で問題を解決し、後から報告するのは避けましょう。不適切な判断はより大きな問題につながり、報告の遅れは信頼関係を損なう恐れがあるからです。問題が小さいうちに報告し、上司の助言を得ながら解決策を見出すことが報連相の目的なので、日頃から上司や同僚とのコミュニケーションを密にし、報連相がスムーズに行える環境を整えることも大切になります。

日本のビジネスメールでのマナー

ビジネスメールは、日本のビジネスコミュニケーションにおいて欠かせないツールです。ビジネスメールを適切に使いこなすことで、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。ビジネスメールのマナーを身につけ、好印象を与えるメールを送ることが大切です。

クイズ13:ビジネスメールの冒頭で使う定型文

質問: ビジネスメールの冒頭で適切な挨拶はどれでしょうか?

A. 「こんにちは、元気ですか?」
B. 「お世話になっております」





正解: B

ビジネスメールの冒頭では、「お世話になっております」という定型文を使うのが一般的です。この挨拶は、相手への感謝の気持ちを表す定番のフレーズです。一方、「こんにちは、元気ですか?」といったカジュアルな挨拶は、ビジネスメールには適しません。状況に応じて、「平素よりお世話になっております」「いつもお世話になっております」といったバリエーションを使い分けるのも効果的です。

クイズ14:返信が遅れた場合の対処法

質問: メールの返信が遅れた場合、どのように謝るのが適切でしょうか?

A. 「返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。」
B. 「遅れてすみません。またよろしくお願いします。」





正解: B

メールの返信が遅れた場合、「返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。」のように、遅れたことに対する丁寧な謝罪とともに、引き続きのお願いをフォーマルに述べることが適切です。この表現は、相手の時間を無駄にしてしまったことへの反省と、今後の協力への丁重なお願いを示しています。

クイズ15:メールの結びの言葉

質問: ビジネスメールの結びに適切な表現はどれでしょうか?

A. 「お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。」
B. 「また会議でお会いできるのを楽しみにしております。」





正解: A

ビジネスメールの結びには、「お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます」といった丁寧でフォーマルな表現を使うことが一般的です。この表現は、相手の時間を割いていただいていることへの感謝と、依頼事項への協力のお願いを含んでいます。結びの言葉は、相手に対する敬意と感謝の気持ちを示すとともに、メールの目的を再確認する役割も果たしています。

クイズ16:メールの件名の書き方

質問: ビジネスメールの件名として最も適切なものはどれでしょうか?

A. 「打ち合わせの件」
B. 「6月15日の打ち合わせについて」





正解: B

ビジネスメールの件名は、具体的で分かりやすいものが適切です。「6月15日の打ち合わせについて」のように、内容と日時を明記することで、相手は受信したメールの優先度を判断しやすくなります。一方、「打ち合わせの件」といった抽象的な件名は、相手にとって内容が分かりにくく、メールの処理が遅れる原因にもなりかねません。件名は、メールの内容を端的に表現し、相手の仕事の効率化に配慮したものを選ぶことが重要です。

日本での時間厳守と身だしなみ

日本のビジネス文化では、時間厳守と身だしなみが非常に重要視されています。約束の時間を守ることは、相手への敬意を示し、信頼関係を築く上で欠かせません。また、身だしなみを整えることは、プロとしての自覚と責任感の表れです。これらの基本的なマナーを守ることで、ビジネスパーソンとしての信頼を得ることができるでしょう。

クイズ17:ビジネスの約束時間と理想的な到着タイミング

質問: 日本のビジネス文化において、約束の時間にどのように到着するのが適切でしょうか?

A. 約束の時間にぴったり到着する。
B. 5〜10分前に到着する。





正解: B

ビジネスの場では、約束の時間の5〜10分前に到着するのが理想的です。余裕を持って到着することで、心の準備を整え、最良の状態で相手と会うことができます。また、交通トラブルなどの不測の事態に備えることもできます。一方、ギリギリの到着や遅刻は、相手に不信感を与えかねません。時間厳守は、ビジネスパーソンとしての基本中の基本です。

クイズ18:ビジネスシーンにふさわしい身だしなみ

質問: 日本のビジネスシーンで適切な服装はどれでしょうか?

A. カジュアルな服装
B. ビジネスカジュアル以上の服装





正解: B

ビジネスシーンでは、TPO(時と場所と場合)に合った服装が求められます。一般的に、スーツやジャケットを着用し、清潔感のある身なりが好ましいとされています。派手な色や柄、露出の多い服装は避けましょう。また、アクセサリーや髪型も、過度に目立つものは控えめにするのが無難です。相手に好印象を与え、ビジネスに集中できる服装を心がけることが大切です。

日本の礼儀正しいビジネス文化

日本のビジネス文化は、礼儀正しさを大切にする文化であると言えます。挨拶や感謝の言葉を忘れず、相手への敬意を示すことが、ビジネスを円滑に進める上で不可欠です。礼儀正しさは、単なるマナーではなく、日本のビジネス文化の根底にある価値観なのです。

クイズ19:ビジネスでの礼儀正しい振る舞い

質問: 日本のビジネスシーンで常に大切にすべき行動はどれでしょうか?

A. 挨拶や感謝の言葉を大切にする。
B. 自分の意見を強く主張する。





正解: A

ビジネスシーンでは、「おはようございます」「お疲れ様です」といった挨拶を欠かさずに行いましょう。また、相手の協力や助言に対しては、「ありがとうございます」と感謝の意を示すことが大切です。これらの言葉は、単なる形式ではなく、相手を尊重する気持ちの表れです。礼儀正しさを大切にする姿勢は、ビジネスパーソンとして信頼を得る上で欠かせません。

クイズ20:ビジネス電話での適切な受け答え方

質問: 日本のビジネスシーンで電話を受ける際に適切な応答はどれでしょうか?

A. 「もしもし、ジュリアンです」
B. 「お世話になっております、〇〇会社のジュリアンでございます。」





正解: B

日本のビジネスシーンでは、電話を受ける際に「お世話になっております、〇〇会社のジュリアンでございます。」と丁寧な挨拶をすることが重要です。電話での対応の印象が、会社全体の印象につながるという認識を持ちましょう。また、「もしもし」と電話に出るのは、ビジネスの場ではマナー違反です。「お世話になっております」という謙虚な言葉を添えることで、相手に好印象を与えます。

クイズ21:ビジネスシーンでのプレゼント受け取り方

質問: ビジネスシーンでプレゼントを受け取る際に適切な行動はどれでしょうか?

A. すぐに開けて中身を確認する。
B. 感謝の意を示し、後で開ける。





正解: B

日本のビジネスシーンでは、プレゼントを受け取る際にその場ですぐに開けるのは失礼にあたります。まずは、「ありがとうございます」と感謝の意を示し、「後ほどゆっくり開けさせていただきます」と伝えるのが礼儀です。これにより、相手の贈り物に対する敬意を示すことができます。また、贈り主がその場にいない時にプレゼントを開けるのが望ましいでしょう。

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせボタンからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

まとめ

以上、クイズを通じて日本のビジネスマナーの基本を学んでいただきました。これらのマナーを実践することで、日本のビジネス文化に適応し、円滑なコミュニケーションを図ることができるでしょう。

ビジネスマナーは一朝一夕で身につくものではありませんが、日々の積み重ねが大切です。今回学んだことを活かし、日本のビジネスシーンで活躍されることを願っております。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 日本語学習 > ビジネス日本語 > 外国人必見!クイズで楽しく学ぶ日本のビジネスマナー