メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

「午後一」とは何時のこと?意味や言い換え・ビジネスでの使い方を解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
「午後一」について解説している男性

この記事では、「午後一(gogoichi)」という言葉の意味や例文、そして具体的な使い方について、詳しくご紹介します。

また、この言葉が持つニュアンスについても解説しますので、ビジネスシーンでの適切な使用法も学んでいきましょう。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

「午後一」とはどんな意味?

「午後一(gogoichi)」とはいったいどんな意味なのでしょうか。まずは午後一の意味とニュアンスについて見ていきましょう。

「午後の一番始め」「昼休みが終わった直後」

「午後一」とは「午後一番」を略した言葉で、「午後の業務が始まる最初の時間帯」という意味です。ビジネスで使う時は、「会社や職場における昼休みの終了後すぐ」という意味になります。

はっきり決まった時間を表す言葉ではない

昼休みが終わった直後といっても、昼休みの時間は会社によって違います。13時までの会社もあれば、13時半までの会社もあるでしょう。では、「午後一」は13時か13時半のどちらのことを言うのでしょうか。これには一概に答えることはできません。なぜなら、「午後一」という表現は、文脈や会社によって異なる時刻を指す可能性があるからです。

「午後一」という言葉は、「それぞれの職場や文化における午後の業務開始時間」をなんとなく表す言葉で、はっきりと決まった時刻を表す言葉ではありません。このため、ビジネスコミュニケーションでは、相手が同じ認識を共有しているか確認することが重要です。

国際的なビジネス環境での使用について

また、「午後一」を使う際は、相手の理解度や文化的背景を考慮することも重要です。特に国際的なビジネス環境では、この表現が通じない場合があります。そのため、外国人とのコミュニケーションでは「午後の最初の時間」というように明確に説明するか、具体的な時刻を用いることが望ましいです。

「午後一」の意味にあたる英語表現は?

「午後一」を英語で言うと、”first thing in the afternoon”となります。「明日の午後一」と言いたい時は、”first thing in the afternoon tomorrow”と言えばOKです。

同様に「朝イチ」は”first thing in the morning”となります。昼休みが13時までの会社なら「午後一」は13時のことになりますし、13時半までの会社なら13時半が「午後一」という意味です。

◆ビジネス日本語をもっと知りたい方は以下の記事もチェック!

ビジネスにおける「午後一」の例文と使い方

「午後一」の意味が分かったところで、次は実際にビジネスの場で使える例文・使い方を見ていきましょう。

明日は午後一で会議があります
「明日は午後一で会議があります」は、明日のお昼休みが終わってすぐに会議があるという意味です

午後一で取引先へ電話します
「午後一で取引先へ電話します」は、今日のお昼休みが終わったら、すぐに取引先に電話するという意味になります。

「午後一」を使う時の注意点

「午後一」という言葉をビジネスで使う時は、気をつけておきたい点があります。間違った使い方をしてビジネスに失敗しないように注意しましょう。

上司や目上の人に使うと失礼になることもある

「午後一」という表現はカジュアルな印象を与えることがあるため、フォーマルな状況や上司、目上の人に対して使用する際には慎重になる必要があります。上司や目上の人に使う場合は、略さずに「午後一番」と言ったほうがよいでしょう。

正確な時刻を伝えたい時は使わないほうがよい

「午後一」は特定の時刻を指定する言葉ではなく、ある程度の幅を持つ表現です。そのため、明確な時刻を伝える必要がある場合には、具体的な時刻(例:「13時」や「13時半」)を使用する方が適切です。

「午後一」の類語・言い換え表現

「午後一」の類語にあたるのは、「昼イチ」です。「昼イチ」とは「お昼の一番最初」、つまり「お昼になってすぐ」という意味なので、「午後一」とほぼ同じ意味になります。

また、言い換え表現としては、「はじめ」「最初」「いの一番」「真っ先に」といった言葉もあります。これらはいずれも何かの始まりや最初を示す言葉で、「午後一」のニュアンスに合致します。例えば、「はじめの会議」や「最初のアポイントメント」といった文脈で使われることがあります。

類語とは少し違いますが、似た表現として「朝イチ」という言葉もあります。これはもちろん、「朝一番」という意味です。この「朝イチ」は、その日の最初の時間、つまり朝一番に行うことを意味します。このように、時間帯を指す「イチ」を用いた表現は、その時間帯の始まりを強調する際に役立ちます。

「午後一」や「朝イチ」のような言葉は、特にビジネスシーンで効果的です。これらの言葉を使うことで、会議やアポイントメントなどのスケジュールを明確にし、優先順位を示すことができます。例えば、「午後一のミーティングで決定しましょう」や「朝イチで報告書を提出してください」といった使い方が一般的です。

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    この記事では、ビジネス用語として頻繁に使われる「午後一」について解説しました。午後の業務開始を示すこの表現は、固定された時刻を指すわけではなく、職場や状況によってその意味が異なることを理解することが重要です。国際的な環境では、この表現の理解が共有されていない可能性があるため、明確な時間を伝える際には、直接的な時刻表現を伝える必要があります。

    また、カジュアルな印象を与えがちな「午後一」は、上司や目上の人に対して使う場合には、「午後一番」という表現を使用した方がよいでしょう。

    さらに、「昼イチ」や「朝イチ」などの類語や、「はじめ」「最初」などの言い換え表現も存在し、ビジネスシーンでのスケジュールや優先順位の表現に役立ちます。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > 基礎日本語と日常会話 > 「午後一」とは何時のこと?意味や言い換え・ビジネスでの使い方を解説