メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

ビジネス用語「ドラフト (dorafuto)」の意味とは?使い方や言い換え、英語表現を解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
ドラフトがパソコンに表示されている様子

「ドラフト (dorafuto)」という言葉を聞いて、まず思い浮かべるのは野球の「ドラフト会議」やお酒の「ドラフトビール」かもしれません。しかし、ビジネスの場面では「ドラフト」という言葉が別の意味で使われています。「ドラフト」のビジネス用語としての正しい意味と使い方を理解しておくことは、スムーズなコミュニケーションを取る上で大切です。

この記事では、ビジネスシーンで用いられる「ドラフト」の意味や使い方、同じ意味を持つ言葉、英語表現などを詳しく解説していきます。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

ビジネス用語の「ドラフト (dorafuto)」の意味とは?例文もご紹介

ビジネスの文脈で「ドラフト」という言葉が出てきた場合、それは「下書き」を意味します。つまり、最終的な完成形ではないものの、おおよその内容や構成が示されている資料や文書のことを指します。

例えば、企画書やプレゼン資料、契約書などを作成する際に、まずは「ドラフト」を作ってチームメンバーに共有し、意見を求めることがよくあります。この段階では細部まで詰められていなくても問題ありません。重要なのは、全体の方向性を確認し、改善点を洗い出すことです。

「ドラフト (dorafuto)」にあたる英語表現は?

「ドラフト」という言葉は、もともと英語の “draft” をカタカナ表記したものです。英語のビジネスシーンでも頻繁に使われる言葉ですので、覚えておくと国際的なコミュニケーションにも役立ちます。

(1)draft

“draft” は「ドラフト」の元となった英単語で、そのまま「下書き」「草稿」という意味を持ちます。

メールや chatなどのやり取りでは、”Please check the draft proposal.” (提案書の下書きを確認してください)のように使われます。

(2)outline

“outline” も「ドラフト」と同様の意味合いを持つ英語表現です。文字通り「概要」「大枠」を指す言葉で、日本語でも「アウトライン」というカタカナ語として定着しています。

プロジェクトの初期段階で、”Let’s create an outline of the project plan first.”(まずはプロジェクト計画のアウトラインを作りましょう)などと用いられます。

ビジネスにおける「ドラフト (dorafuto)」の例文と使い方

ビジネスシーンでの「ドラフト」の使い方をイメージしやすいように、具体的な例文をいくつか見ていきましょう。

例文(1)「来週までに契約書のドラフトを作成してください。」

この例文は、契約書の下書きを作成するよう求めています。「完成させる必要はありません」というニュアンスがあるのがポイントで、ドラフトの段階では完璧でなくても問題ありません。

例文(2)「この企画書はドラフト版なので、後で変更する可能性があります。」

この文面は、作成した企画書が下書き版であり、今後内容が変更される可能性があることを伝えています。「完成版ではないバージョン」のことを「ドラフト版」と表現しています。

例文(3)「プレゼン資料のドラフトを作成したら、まず上司の確認を受けてください。」

プレゼンテーション資料を作る際は、まずドラフトを作成し、上司にチェックしてもらうことが大切だと述べています。

「ドラフト (dorafuto)」の言い換え表現・類語

「ドラフト」と同じような意味を持つ日本語表現もいくつかあります。状況に応じて使い分けることで、コミュニケーションの幅が広がるでしょう。

「ドラフト (dorafuto)」の言い換え(1)「下書き」

「ドラフト」の最も一般的な日本語訳は「下書き(したがき)」です。「下書き」は、清書する前の草稿や、正式な文書・作品になる前の原稿を指す言葉として広く使われています。

「ドラフト (dorafuto)」の言い換え(2)「草案」「草稿」

「草案(そうあん)」や「草稿(そうこう)」も、「ドラフト」と似た意味を持つ言葉です。これらは、完成前の文書や計画案などを指す場合に用いられます。

「草(くさ)」という漢字が使われているのは、植物の草が成長して立派な木になる前の段階にたとえているからだと言われています。

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    「ドラフト」とは、完成前の下書きや草案のことを指すビジネス用語です。プレゼン資料や企画書、契約書などを作成する際に、まずはドラフトを作成し、関係者の意見を取り入れながらブラッシュアップしていくことが大切です。

    英語では “draft” や “outline” と表現され、日本語でも「下書き(したがき)」「草案(そうあん)」「草稿(そうこう)」などの言い換えが可能です。

    ビジネスシーンで「ドラフト」という言葉を耳にしたら、その意味と使い方を正しく理解し、適切に使いこなせるようにしておきましょう。スムーズなコミュニケーションに役立つはずです。

    ◆ビジネス日本語をもっと知りたい方は、以下の記事もチェック!


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > ビジネス日本語 > ビジネス用語「ドラフト (dorafuto)」の意味とは?使い方や言い換え、英語表現を解説