メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人の引っ越しと転職の届出:手続き完璧ガイド!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

新しい冒険やキャリアの機会を求めて日本に足を踏み入れる外国人は年々増加しており、新しい生活を始める上での手続きは避けては通れないプロセスとなっています。

しかし、異文化の中での手続きは複雑に感じることもあるでしょう。引っ越しや転職の際、どんな書類が必要なのか、どこに提出すればいいのか、期限はいつなのか…。

これらの疑問に答え、スムーズな移住・転職をサポートするための「手続き完璧ガイド」をご紹介します。この記事を参考に、日本での新しい生活を一歩前向きに始めましょう。

外国人の日本での引っ越し・転職:届出手続きの基本知識

日本に引っ越しや転職を考えている外国人にとって、届出手続きは新しい生活の第一歩となります。正確な手続きを知り、正しく実施することで、後々の生活がよりスムーズに進むでしょう。このセクションでは、引っ越しや転職の際の基本的な知識について解説します。

日本滞在の基礎:外国人登録制度とは?

日本に住む外国人は、外国人登録制度に基づき、居住地の市区町村役場に登録を行う必要があります。この登録は、外国人が日本での生活や労働を正式に開始するための基本的な手続きとなっています。登録を行うことで、公的なサービスの受け取りや日常生活に必要なさまざまな手続きをスムーズに行うことが可能となります。

また、外国人登録を完了すると、「在留カード」が交付されます。このカードは、公的な場所や日常の買い物時の身分証明としても使用可能です。また、携帯電話や銀行口座の開設時にもこのカードが求められることが多いです。

日本の法的義務:外国人としての住所・職場変更の届出

外国人として日本で生活する上で、法的な義務を遵守することは非常に重要です。特に、住所や勤務先が変わった場合、新しい情報を届け出ることが義務付けられています。住所変更の際は、移転先の住所や家族構成の変更点などを明記する必要があり、転職の場合は、新しい雇用先の情報や雇用形態、給与などの詳細を正確に報告する必要があります。

届出の締め切り: 日本での重要な期限とペナルティ

届出手続きには、それぞれ具体的な期限が定められています。例えば、住所変更の場合、移転してから14日以内に新しい居住地の市区町村役場に届け出る必要があります。また、転職の際も、新しい雇用契約を結んだ日から14日以内に関連する手続きを完了させることが求められます。

期限を守らなかった場合、罰金が科される可能性があり、繰り返し違反するとビザの更新が困難になることも。届け出を怠った場合の具体的なペナルティとしては、最大で20万円の罰金が課されることもあるため、注意が必要です。また、期限内に届出ができなかった場合は、すぐに役所に相談することをおすすめします。遅れた理由を説明し、必要な手続きを速やかに行うことで、ペナルティを軽減できる可能性があります。

期限を守り、正確な手続きを行うことで、日本での生活をより安心して進めることができます。

外国人の日本生活:税金、年金、保険の必須手続き

日本での生活は、ただ住むだけではなく、様々な社会制度への参加が求められます。特に税金、年金、健康保険は、外国人であっても参加が必須となるものです。これらの制度は、日本での安定した生活のための基盤となるため、正確な理解と適切な手続きが不可欠です。

  • 税金の支払い
    • 日本での収入がある場合、所得税を支払う義務が生じます。毎年1月から12月までの収入に基づいて、翌年の2月から3月にかけて所得税の申告を行う必要があります。
  • 健康保険の加入
    • 日本に住む外国人も国の健康保険制度に加入することが求められます。日本の医療費は高額な場合が多いため、保険に加入していないと、突然の病気や怪我で高額な医療費を自己負担しなければならないリスクがあります。
  • 年金制度への参加
    • 日本で働く外国人は、基本的に国民年金制度に参加する必要があります。これは将来の生活保障として非常に重要であり、一定期間以上日本で働いた外国人は、帰国後も日本の年金を受け取ることができます。

日本での引っ越し:外国人のための書類と提出先

引っ越しは新しい生活のスタートですが、その背後にはさまざまな手続きがあります。日本の制度や手続きは特有のものが多く、外国人には少し複雑に感じるかもしれません。このセクションでは、引っ越し時に必要となる書類とその提出先、そしてそれらの手続きついて詳しく解説します。

引っ越し手続きの基本的な流れ

  1. 事前の準備
    • 引っ越し先の住所や引っ越し日を基に、転出届や変更届出書の取得、その他の必要書類の準備を始めます。
  2. 転出・転入届の手続き
    • 引っ越しをする際には、転出の届け出を現住所の市区町村で、そして転入の届け出を引越し先住所の市区町村で行う必要があります。この手続きは、日本の住民登録制度に基づくもので、全ての住民(日本人・外国人を問わず)が行う必要があるものです。
  3. 変更届出書の提出
    • 外国人が住所を変更する場合には、変更届出書を提出する必要があります。この手続きは、在留カード上の住所を変更するためのもので、引っ越し後の14日以内に新しい住所の入国管理局または在留情報提供サービスカウンターで提出する必要があります。
  4. 居住地の市区町村への届け出
    • 引っ越し日が近づいたら、新しい居住地の市区町村役場に変更届出書を提出します。この際、身分証明書やその他の関連書類も一緒に持参する必要があります。
  5. 公共料金や郵便の手続き
    • 新しい住所での公共料金の手続きや、旧住所宛の郵便物の転送手続きも行います。

引越し書類の提出: 必要書類と提出先

引っ越しの際の届け出先は、基本的に新しい居住地の市区町村ですが、都心部では出張所も多く設置されています。お住まいの役所・出張所の場所や営業時間、混雑具合を事前にチェックして、スムーズに手続きを行うことをおすすめします。

  • 必要書類
    • 転出届:旧住所を離れる際に提出する書類。
    • 転入届:新しい住所に引っ越してきた際に提出する書類。
    • 変更届出書:新しい住所や移転日などの情報を記入。
    • 在留カード:外国人登録を示すカード。本人確認のために必要。
    • パスポート:本人確認のため、また、在留資格の確認のためにも使用。
    • 旧住所の証明書:一部の自治体で必要とされることがあります。
    • 家賃の領収書や契約書:新しい住所の証明として求められることがある。
  • 提出先
    • 転出届け:現住所の市区町村の役所
    • 転入届け:引越し先住所の市区町村の役所
    • 変更届出書:引越し先住所の市区町村の役所
  • 混雑を避けるためのアドバイス
    • 役所は平日の午前中が比較的混雑していることが多いです。手続きをスムーズに行うため、平日の午後に訪問することをおすすめします。
  • 忙しい方へのアドバイス
    • 基本的に役所の利用は平日のみ可能ですが、平日に時間が取れない方は、郵送でも届け出ることができます。さらに、市町村によっては土日の窓口を設けている場合もあるので、お住まいの市町村ホームページを確認しましょう。
  • 役所のサポート
    • 特に大きな都市や区では、外国人専用のカウンターや窓口が設けられていることが多いので、確認して訪問するとスムーズです。

変更届出書:取得方法と正確な記入ポイント

日本で住所を変更する際、最も重要とされるのが「変更届出書」です。この書類は、居住地の市区町村の役所や出張所で取得することができます。また、オンライン上でダウンロードして印刷することも可能です。取得したら、必要事項を正確に記入し、提出の際に必要な他の書類と一緒に持参しましょう。

  • オンラインでの取得
    • 出入国在留管理庁の公式ホームページで変更届出書のダウンロードができるので、事前に書類を準備しておくことで、役所での手続き時間を短縮することができます。
  • 記入のポイント
    • 書類には、新旧の住所、名前、生年月日などの基本情報の他、日本国内の緊急連絡先などが求められる場合があります。特に新しい住所の正確な記述には注意が必要です。

参考:住居地の変更届出(中長期在留者) | 出入国在留管理庁

引っ越し後の手続きと注意点

  • 公共料金
    • 引っ越し先の住所に基づいて、電気・ガス・水道などの公共料金の手続き変更も忘れずに。過去の住所での未払いがないか、また新しい住所でのサービス開始日を正確に伝えることが重要です。
  • 郵便の転送サービス
    • 日本郵便では、引っ越し後も旧住所宛の郵便物を新住所へ転送する、無料のサービスを提供しています。このサービスを利用することで、重要な郵便物を逃さず受け取ることができます。

転職手続き:外国人労働者が注意すべきポイント

転職はキャリアの大きなターニングポイントであり、それに伴う手続きや注意点は煩雑に感じることが多いです。特に日本において、外国人労働者が転職を考える際には、独自の制度や手続きが存在します。このセクションでは、転職をスムーズに進めるための手続きや外国人労働者が特に注意すべきポイントについて詳しく解説します。

転職手続きの基本的な流れ

  1. 在留資格の確認
    • 現在の資格と新しい職種がマッチしているか確認
    • 必要に応じて在留資格の変更申請を入国管理局で行う
  2. 前職での手続き
    • 社会保険の切り替え手続きや税金の手続きなどに必要な書類の受け取り
  3. 転職先での手続き
    • 社会保険の加入手続き、給与振込のための銀行口座の情報提供など
  4. 税金関連の手続き
    • 年末調整の確認、所得税の申告、住民税の手続きなど
  5. 生活関連の手続き(必要に応じて)
    • 銀行口座の変更、転居の場合の住所変更などの各種手続き

在留資格変更の流れと要点

転職をする際、新しい職種や業界によっては在留資格の変更が必要になる場合があります。例えば、専門職から一般職への転職、あるいは逆の場合など。入国管理局への変更申請は、新しい職につく前に行う必要があります。

  • 手続きの流れ:入国管理局にて在留資格変更の申請を行います。必要書類は、新しい職場の雇用契約書、履歴書、写真、旧在留カードなど。申請から承認までの期間は数週間から数ヶ月となるため、余裕を持ったスケジュールでの手続きを行いましょう。

日本の転職時の社会保険・年金手続き

転職すると、社会保険や年金の加入先も変わることが多いです。新しい職場での加入手続きはもちろん、前の職場の手続きの終了も忘れずに。特に、健康保険の切り替えを忘れると、医療費のトラブルの原因となることがあります。

  • 退職・入職手続き:前の職場での社会保険の手続き終了と、新しい職場での加入手続きは、それぞれの職場の人事や経理部門を通じて行います。
  • 保険の切り替え:健康保険は、転職先によっては変わる場合があります。新しい保険証の受け取りや、前の保険証の返却を忘れないようにしましょう。特に、病院や薬局を利用する際には新しい保険証が必要となります。

転職時の税金申告:年末調整と住民税の注意点

日本における年末調整や所得税の申告は、転職の年は特に注意が必要です。2つ以上の勤務先からの収入がある場合、所得税の還付を受けることができる可能性も。税務署や税理士への相談を通じて、正確な申告を心がけましょう。

  • 年末調整の確認:2つ以上の勤務先がある年には、年末調整の手続きが複雑になることがあります。所得税の還付を適切に受け取るため、各勤務先の給与明細や税額控除等の情報をしっかりと保管しておきましょう。
  • 住民税の注意点:住民税は、住んでいる自治体に納める税金です。転職と同時に住所を移す場合、旧居と新居の両方の自治体から請求が来る場合があります。必要に応じて、それぞれの自治体の税務課に確認をすると良いでしょう。

まとめ

日本での生活はその独特な文化や制度により、外国人にとって多くの新しい経験や学びをもたらします。特に引っ越しや転職といった大きなライフイベントは、事前の知識や準備が必須です。

よく働く外国人をご紹介します!【しごとウェブ】外国人採用サポートPRO

このガイドを通じて、日本での引っ越しや転職の際の手続きをスムーズに行えることを願っています。各手続きや必要書類は複雑に感じるかもしれませんが、きちんとした準備と理解を持って臨めば、日本での新しい生活をより豊かに楽しむことができるでしょう。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 日常生活のガイド > 外国人の引っ越しと転職の届出:手続き完璧ガイド!