メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本人と国際結婚する時は?配偶者ビザ申請の必要書類やポイントを解説!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本で国際結婚をした外国人男性と日本人女性

外国人の方が日本人と結婚して日本で暮らすためには、「配偶者ビザ(結婚ビザ)」の取得が必要不可欠です。しかし、配偶者ビザには対象者の属性によって複数の種類があり、申請に必要な書類や手続きも異なるため、初めての方にはわかりにくいかもしれません。特に、偽装結婚防止の観点から審査が厳しくなっている昨今、申請には細心の注意が必要です。

そこでこの記事では、配偶者ビザの基礎知識から、申請に必要な書類、審査のポイントまで、押さえておくべき情報をわかりやすく解説します。

申請に必要な情報を事前にしっかり把握することで、二人の新生活を希望通りにスムーズにスタートさせましょう。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

日本の配偶者ビザ(結婚ビザ)とは

外国人の方が日本人と国際結婚をして日本で結婚生活を送るためには、日本の配偶者ビザ(または結婚ビザ)を取得する必要があります。配偶者ビザは、文字通り配偶者を対象としたビザのことで、「配偶者ビザ」という名前の単一のビザがあるわけではありません。実際には、配偶者の属性に応じていくつかのビザの種類があり、それらをまとめて「配偶者ビザ」や「結婚ビザ」と呼んでいます。

具体的には、配偶者が日本人である場合の「日本人の配偶者等ビザ」、配偶者が永住者である場合の「永住者の配偶者等ビザ」、配偶者が就労ビザなどを持つ外国人である場合の「家族滞在ビザ」、そして一定の条件を満たした上で取得できる「永住者ビザ」などが、配偶者ビザの一種となります。国際結婚をされる際には、ご自身とパートナーの状況に合わせて、適切な配偶者ビザを選択し、取得する必要があるのです。

配偶者ビザの取得方法

日本の配偶者ビザの取得方法は、ご自身が現在海外に住んでいるのか、それともすでに日本に住んでいるのかによって異なります。以下では、それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

海外在住の場合

海外に住んでいる外国人の方が、日本人と結婚して日本に移住する場合は、まずは「在留資格認定証明書」を取得することから始まります。在留資格認定証明書の申請は日本国内で行う必要があるため、日本に住んでいる配偶者が、代わりに申請手続きを進めることになります。

在留資格認定証明書が発行されたら、それを現地の日本大使館や総領事館に持参し、ビザの発給審査を受けます。ビザの発給が認められれば、いよいよ日本への渡航です。日本の空港に到着後、入国審査で在留カードを受け取り、市区町村の役所で住民登録を行えば、晴れて日本での結婚生活がスタートします。

日本在住の場合

一方、すでに留学ビザや就労ビザなどで日本に滞在している外国人の方が結婚する場合は、現在のビザから配偶者ビザへの在留資格変更の手続きが必要です。

配偶者が日本人であれば「日本人の配偶者等」へ、配偶者が外国人の永住者であれば「永住者の配偶者等」へ、配偶者が就労ビザ等を持つ外国人であれば「家族滞在」へと、それぞれビザの種類を変更することになります。在留資格変更の手続きは、出入国在留管理局で行います。

日本人との結婚にあたって配偶者ビザ取得に必要な書類

配偶者ビザの審査に必要な書類は、取得するビザの種類や申請方法によって異なる場合もありますが、基本的な書類は概ね共通しています。在留資格認定証明書の申請と、在留資格変更許可申請に必要な主な書類は以下の通りです。

【在留資格認定証明書の申請に必要となる主な書類】

  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 身元保証書
  • 質問書および申立書

【在留資格変更許可申請に必要となる主な書類(日本人の配偶者等ビザの場合)】

  • 在留資格変更許可申請書
  • 写真(縦4cm×横3cm)
  • 配偶者である日本人の戸籍謄本
  • 婚姻関係を証明する書類(結婚証明書など)
  • 申請者本人の経済力を証明する書類(納税証明書や預貯金通帳の写しなど)
  • 身元保証書
  • 配偶者の住民票
  • 質問書
  • 夫婦の写真
  • 申請者のパスポートおよび在留カード

これらの書類を過不足なく揃えることが、配偶者ビザの申請を円滑に進めるために重要です。特に質問書は、後述する審査のポイントとも関わる重要な書類ですので、しっかりと準備しましょう。

参考:在留資格認定証明書交付申請 | 出入国在留管理庁在留資格「日本人の配偶者等」|出入国在留管理庁

日本の配偶者ビザの審査のポイント

日本の配偶者ビザの審査では、申請者の婚姻が「偽装結婚」でないことを確認することが重要なポイントとなります。偽装結婚とは、入国や在留のためにビザを取得する目的で、真摯な婚姻意思のない外国人と日本人が形だけの結婚をすることを指します。

日本では、このような偽装結婚を防止するため、配偶者ビザの審査は非常に厳格に行われています。申請者は、自分たちの結婚が真摯な婚姻意思に基づくものであることを、入国管理当局に納得してもらえるよう努める必要があります。

質問書をきちんと書くことが重要

偽装結婚でないことを審査する上で特に重要なのが、在留資格認定証明書の申請時に提出する「質問書」です。質問書には、いつどこで出会ったのか、交際期間はどれくらいか、結婚に至った経緯など、詳細に記入する必要があります。

書面での説明だけでなく、二人の交際中の写真、手紙やメールのやり取り、国際電話の記録などの証拠書類を添付することで、婚姻の正当性をより効果的にアピールできる場合もあります。

審査に落ちる可能性があるケース

一方で、婚姻に至るまでの交際期間が非常に短い場合や、SNSで知り合ってすぐに結婚を決めたようなケースでは、偽装結婚の可能性が高いと判断され、審査に通らないこともあります。

また、仲介業者や結婚相談所を通じての結婚の場合、より慎重な審査が行われる傾向にあります。加えて、言語の違いから円滑なコミュニケーションが難しいと見なされるケースでも、審査が厳しくなる可能性があることを覚えておきましょう。

おすすめの配偶者ビザ申請サポート

配偶者ビザの申請は、手続きが複雑で時間もかかるため、専門家のサポートを受けることをおすすめします。書類の準備や審査対策を経験豊富な専門家に任せることで、承認される確率を高められる可能性があります。ここでは、配偶者ビザ申請のサポートを行っている事務所を3つ紹介します。

勝山兼年行政書士事務所

大阪に事務所を構える勝山兼年行政書士事務所は、豊富な実績を持つ配偶者ビザ申請のエキスパートです。申請手続きを全面的にサポートしてくれるため、申請者自身が出入国在留管理局に出向く必要がありません。

詳細/お問い合わせはこちらから▶︎ 結婚ビザ申請サポート|外国人配偶者在留資格手続き代行

外国人在留資格ビザセンター

関東地方を中心に配偶者ビザ申請のサポートを行ってる外国人在留資格ビザセンターでは、申請が不許可となった場合でも、再申請の見込みがある場合は無料で再申請のサポートを受けられます。国際電話やメールでの相談にも可能です。

詳細/お問い合わせはこちらから▶︎ 外国人在留資格ビザセンター

結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポート東京

結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポート東京は、関東地方と新潟で配偶者ビザ申請のサポートを行っています。これまでに数多くの申請をサポートしてきた経験から、審査に通るためのポイントを熟知しているので、過去に自己申請で不許可となった方にもおすすめです。

詳細/お問い合わせはこちらから▶︎ 結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポート東京

日本での生活に役立つ情報とサポート

日本での生活は魅力的ですが、言葉の壁や文化の違いから、様々な挑戦に直面することも少なくありません。たとえば、日常やビジネスシーンでの敬語の使い分け、住居探しの苦労、公共サービスの利用方法、JLPT試験の対策、さらには新しい友達や恋人との出会いまで、生活のあらゆる側面で困りごとが生じるかもしれません。

そんな時、「Goandup Salon」が皆さんの頼れるパートナーとなります!

当コミュニティでは、日本に住む外国人の方々が日本での生活をより豊かで快適なものにするためのサポートや情報提供を行っています。

  • 日本語学習では、日常会話からビジネスシーンでの敬語の使い分け、効率的な日本語の学習方法やJLPT試験対策まで、あらゆるレベルのニーズに応えます。
  • 生活の面では、日本の文化やルールの解説、住居探し、公共サービスと生活インフラの契約方法など、日本での生活基盤を築くための具体的なアドバイスと情報を提供します。
  • 仕事・キャリアに関しては、就職・転職支援や日本のビジネスマナー・職場文化の理解など、仕事でのキャリアを成功するためのキーポイントをお教えします。
  • 旅行・グルメガイドでは、日本国内での隠れた名所、絶対に食べてほしいグルメ情報など、地元ならではの魅力を紹介し、日本をより深く体験するための情報を提供します。

もし、日本での生活に関する疑問や悩みがあれば、「Goandup Salon」で解決しましょう!あなたの日本での生活がよりスムーズで楽しいものになるよう、心を込めてサポートいたします。

詳しくはこちらから▼

まとめ

いかがでしたか?日本の配偶者ビザについて、理解を深めていただけたでしょうか。

改めて重要なポイントをおさらいすると、日本での国際結婚には適切な配偶者ビザの取得が欠かせません。また、配偶者の属性によってビザの種類が異なるため、自分たちのケースではどのビザを選ぶべきか確認しておく必要があります。

配偶者ビザの申請では、出会いから結婚に至るまでの経緯を詳しく記した質問書の準備が特に重要です。偽装結婚の防止のため審査は厳格に行われるので、書類や証拠の準備は慎重に行いましょう。

手続きが難しいと感じる場合は、ぜひ専門家に相談してみてください。経験豊富な専門家のサポートを受けることで、承認率を上げられる可能性があります。

日本での新しい生活が、二人にとって素晴らしいものとなりますように。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 生活サポート > ビザ取得と在留資格ガイド > 日本人と国際結婚する時は?配偶者ビザ申請の必要書類やポイントを解説!