メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

地方移住を考えている外国人にオススメの場所5選!日本の田舎に住む魅力を徹底解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本の田舎

「日本の大都市は家賃が高くて住みづらい」と悩んでいる在日外国人の方々の間でホットな話題となっている田舎暮らし。地方在住ならではの魅力や、生活費の相場、移住先候補の探し方などをまとめてご紹介します。

日本の田舎に住む魅力

東京や大阪などの大都市では得られない日本の田舎の魅力についてまとめました。


1. 豊かな自然に囲まれてリラックスできる

荘厳な山や森林、透き通った海や川などの自然を眺めながら仕事をしたり、ゆったりとした休日を過ごすことで、リラックスした毎日を送ることができます。

2. 街が忙しくなく、時間に余裕を感じる

満員電車に乗ることや、人混みの道を歩かなくて済むため、ゆっくりと時間が流れるような気持ちに浸ることができます。

3. 家賃が安く、広い部屋に住める

田舎は都内に比べて家賃が非常に安いため、都内の2倍以上の大きさの部屋に住むことも夢ではありません。

4. アウトドア趣味のための環境が整っている

スキーやスノーボードが趣味の方は、スキー場が近い田舎に住むことで、また、サーフィンや釣りが趣味の方は、綺麗で人混みの少ない海がある田舎に住むことで、思う存分に趣味を堪能する日々を送ることができます。

日本の田舎に住むにはいくらかかる?


田舎に引っ越しする際に必要な費用の相場をまとめました。

引越し費用5万円~10万円
家賃3万円~7万円/月
水道光熱費1万~2万円/月
食費2万円~3万円/月
通信費5,000円~1万円/月
交際費1万円~2万円/月
車維持費2万円~3万円/年
ガソリン費用5,000円~1万円/月


引っ越し費用は、「現在住んでいる場所からの距離や荷物の大きさ」や「依頼する会社との交渉内容」などによって変動します。また、田舎では電車やバスの運行が乏しく、車が交通移動手段となることが多いため、車を持っていない方は購入を検討したほうがいいでしょう。 

田舎への移住先の選び方

たくさんの移住先候補の中から、自分に合った田舎を選ぶためのポイントをご紹介します。

1. 程よく人がいる田舎を選ぶ
全く若い人がいない田舎に一人で移住すると、交流の輪を広げることが難しく孤独を感じてしまうかもしれません。移住前には、地域のコミュニティを調べて、若い人が住んでいそうな地域であることを確かめておくと良いでしょう。


2. 気候が合った田舎を選ぶ

寒い場所が苦手な人は、温暖な気候の地域から候補を絞りましょう。逆に、暑い気温が苦手な人は、寒冷な気候の地域を探すと良いでしょう。

3. 自然災害に遭いにくい田舎を選ぶ

地震や洪水が起きやすい地域への移住を考えている場合は、二次災害を避けるために、なるべく川や崖の近くの家を選ばないように気をつけましょう。

4. 趣味が楽しめる田舎を選ぶ

スキーが好きな方は、スキーリゾートがある県を、温泉が好きな方は、天然温泉が湧き上がる地域を、ハイキングやキャンプが好きな方は、遊びやすそうな山がある地域を選ぶなど、自分の趣味が楽しめる地域を選びましょう。

外国人に知って欲しい日本の田舎5選

日本全国には数多くの素敵な田舎が存在しますが、その中でも比較的住みやすく、その土地ならではの魅力を感じやすい地域をピックアップしました。

1. 神奈川県 箱根市

温泉好きにはたまらない、天然温泉の名所である箱根。最近では、単身暮らしの方向けに天然温泉付きのタワーマンションなども開発されています。ロマンスカーを使用すれば、新宿まで片道1時間半で通勤することもできます。しかし、山道が多いため、車は必須です。

家賃目安5〜7万円 (1〜2ベッドルーム) 
車有無必須
気候温暖

2. 神奈川県 藤沢市

サーフィン好きにうってつけの街、藤沢。観光名所である江ノ島や海沿いを走る江ノ電など、見どころがたくさんありますが、夏以外は人混みが少なく、都内と比べてゆったりとした空気が流れています。電車で片道1時間半ほどで都心に出ることもできるため、仕事も探しやすく、隣にある鎌倉市と比べると家賃も安く、単身者には住みやすい土地です。

家賃目安3万円~7万円/月 (スタジオまたは1ベッドルーム)
車有無なくても大丈夫
気候温暖

3. 佐賀県 武雄市

日本の歴史的建造物に興味がある方は必見の街、武雄市。1300年もの歴史を持つ武雄温泉や、国の重要文化財として指定されている楼門などが見どころです。スーパーやドラッグストアも多くあるため、生活に困ることはありません。お祭りが多い地域なので、地域の方との交流を深めることもできるでしょう。

家賃目安5〜6万円 (2ベッドルーム)
車有無必須
気候温暖

4. 静岡県 浜松市

浜名湖や浜松城などの観光名所としても知られている浜松市。新幹線が通っているため、駅周辺は商業施設が立ち並んでいます。工業地が栄えているため、外国人就業者が多く、コミュニティ作りには苦労しないで済むでしょう。

家賃目安4万円(1ベッドルーム)
車有無必須
気候温暖

5. 北海道 ニセコ町

ウィンタースポーツが好きな方には夢のようなリゾート地であるニセコ町。冬には大規模スキー場でウィンタースポーツが盛んに行われているため、観光ビジネスの場としても注目されています。外国からの観光客が多いため、母国語のスキルを活かした仕事をすることもできるかもしれません。

家賃目安6万円 (1ベッドルーム)
車有無必須
気候寒冷

まとめ

日本には、地域によってさまざまな自然や文化、人々の歴史があります。大都市とはまた違う新たな日本の魅力を見つけるために、田舎在住への道を探してみてはいかがでしょうか?


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 住まい探しと不動産情報 > 地方移住を考えている外国人にオススメの場所5選!日本の田舎に住む魅力を徹底解説