メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本語特有の表現!「出世払い (shussebarai)」の意味や使い方 、英語表現をご紹介

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
上司が部下のランチを支払っている様子

「出世払い (shussebarai)」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?「しゅっせばらい」と読みます。この言葉は、日本語特有の表現で、主に仲の良い人同士の間で使われることが多いです。例えば、部下から上司に対して何かお願い事をした際や、友達同士で今は返せないお金を借りた時などに、「いつか出世したら必ず返します」という意味を込めて使われます。

この記事では、ビジネスシーンでも使われる「出世払い」の意味や使い方、具体的な例文、さらには英語表現や言い換え表現・類語までご紹介します。「出世払い」という言葉の使い方を正しく理解することで、ビジネスシーンでの会話をより円滑に進めることができるでしょう。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

「出世払い (shussebarai)」の意味とは?

「出世払い」とは、出世や成功を遂げてから借りたお金を返済することを指します。また、その約束自体を「出世払い」と呼ぶこともあります。

「出世」とは、社会的に高い地位や身分を得ることを意味し、会社内での昇進や昇格、上司やリーダーのポジションに就くことなどがこれに当てはまります。

つまり、「出世払い」は、現時点では返済が難しい状況でも、将来的に出世や成功を収めた暁には必ず借りたお金を返すという約束を交わすことを指します。この約束は、借りた側の成長や成功を願う気持ちと、返済への強い意志を示すものです。

一方で、「出世払い」を依頼する側も、相手の将来性を認め、応援する気持ちを込めているとも言えます。お金の貸し借りを通じて、互いの信頼関係を築くことができるでしょう。

「出世払い (shussebarai)」にあたる英語表現

「出世払い」は日本語特有の表現で、これに相当する直接的な英語表現は存在しません。しかし、「出世払い」の意味を説明する際には、以下のような英語表現を用いることができます。

  • “Pay me back when you’ve made it big.” (大成功を収めたら、お金を返してください。)
  • “Promise to pay up in the future when one succeeds in life.” (人生で成功した暁には、借りたお金を返済することを約束してください。)
  • “I’ll lend you the money now, but you can pay me back once you’ve achieved success.” (今はお金を貸しますが、成功を収めたら返済してくださいね。)
  • “Consider it a loan that you can repay when you’ve climbed the ladder of success.” (出世の階段を上ったら返済できるローンと考えてください。)

これらの表現は、「出世払い」の概念を英語で説明する際に役立ちます。ただし、英語圏の文化では「出世払い」という慣習はあまり馴染みがないため、状況によっては追加の説明が必要になるかもしれません。

また、英語での会話の中で「出世払い」について伝える際は、上記の表現を参考にしつつ、相手に合わせて柔軟な言い方をすることが大切です。

「出世払い (shussebarai)」の使い方の例文

「出世払い」は、ビジネスシーンでも使われることがありますが、主に仲の良い人同士の間で使われます。以下が具体的な使い方です。

例文(1)「この失敗、出世払いにしてください。必ず挽回します。」

部下が、業務上の失敗や問題を起こしてしまった際に、上司に対して使う表現です。「出世払い」を使うことで、自分の失敗を認めつつ、その責任を取る覚悟があること、今回の失敗を謙虚に受け止め、二度と同じ過ちを繰り返さないという強い意志があることを示します。また、自己の成長と出世を通じて問題の解決や対価の支払いを約束し、上司に寛大な対応を求めていることを表しています。

今お礼をする手段がなかったり、自分の力では解決できない状況にある時、「いつか成長して返します」という気持ちを込めて「出世払いにしてください」という表現を使うのが良いでしょう。

また、友人同士で、大きな願い事を頼んだり、トラブルの解決を依頼したりする場面でも「出世払いで」と言えば、「いつか必ず恩返しをする」という強い意志を示すことができます。

例文(2)「今回のランチは出世払いでいいよ。」

上司が部下に対して使うこともあります。部下が金銭的に厳しい状況にある場合、上司が「出世払い」でランチをおごることで、部下の成長を応援する気持ちを表せます。

ただし、取引先との会議や商談の場では、「出世払い」という表現は使わないのが一般的です。

最近では、お金の貸し借りだけでなく、「おごる」「代わりに支払う」といった場面でも「出世払い」が使われます。返済の日付が明確に決まっていないからこそ、相手に気兼ねなく応援してもらえるのです。

「高い身分になったら返してね」という意味合いもありますが、多くの場合、相手の成長を心から願う気持ちを込めて使われます。

「出世払い (shussebarai)」の言い換え表現・類語

「出世払い」の類語としては、先約・信約・前約などがあり、意味としては、事前の約束する関係を表しています。

また、前述した例文内の「出世払い」を言い換えるなら、以下のような表現ができます。

例文(1):「今回の失敗は私の責任です。今は取り返しがつきませんが、将来、必ず挽回できるようになった時に結果で示します。」
例文(2):「今日のランチは私のおごりだ。いつか君が成功して、私をランチに連れて行ってくれる日日を楽しみにしているよ。」

これらの言い換え表現からも、「出世払い」が将来の成功を約束する言葉であることがわかります。「出世払い」は、事前の約束を表す言葉ですが、特に将来の成功や出世を条件とした約束を指す点が特徴的です。このように、「出世払い」の本質的な意味を踏まえた上で、状況に合わせて適切な言葉を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

「出世払い (shussebarai)」の使い方の注意点

「出世払い」を使う際には、以下のような点に注意が必要です。

まず、「出世払い」は、ある程度信頼関係が築けている人との間で使われる言葉です。初対面の人や、あまり親しくない相手に対して「出世払い」を使うのは避けましょう。相手に不快感を与えたり、軽薄な印象を与えたりする可能性があります。

また、前述の例文(2)のように、自分から「出世払いでいいよ。」と言う場合、ほとんどの場合、「返さなくてもいいよ」「おごるよ」という意味になります。相手に借りを作らせるつもりで「出世払い」を使うのは適切ではありません。

さらに、「出世払い」は、相手の将来的な成功を予感させる言葉でもあります。相手の能力を認め、応援する気持ちがない状況で「出世払い」を使うのは、相手をバカにしているようで失礼になるかもしれません。

加えて、「出世払い」は、あくまでも口頭での約束です。法的な拘束力はありませんので、トラブルを避けるためにも、大きな金銭の貸し借りには使わないほうが賢明でしょう。

このように、「出世払い」は、相手との関係性や状況を考えて、適切に使うことが大切です。うまく使えば、相手との信頼関係を深め、お互いの成長を支え合うことができる、素晴らしい言葉だと言えます。

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    この記事では、「出世払い」の意味や使い方について詳しく説明しました。

    「出世払い」は、主に仲の良い人同士の間で使われる言葉です。初対面の人や親しくない相手に「出世払い」をお願いするのは避けましょう。適切な使い方をしないと、相手に不快感を与えたり、軽薄な印象を与えたりする可能性があります。

    「出世払い」は、あなたの成長や成功を願ってくれる人から言われることが多い言葉です。上司や先輩、友人など、あなたを応援してくれる人が使うのが一般的です。

    もし将来部下を持つ立場になった時、部下の成長を願う気持ちを込めて「出世払いでいいよ」と言ってみるのも素敵ですね。ただし、「出世払い」が適切に使える関係性かどうかを見極めることが大切です。その本質的な意味を理解した上で、状況に合わせて使ってみてください。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > ビジネス日本語 > 日本語特有の表現!「出世払い (shussebarai)」の意味や使い方 、英語表現をご紹介