メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

面接官が重視するポイントとは?外国人のための就職面接対策

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
就職面接中の面接官たち

面接は就職活動の中で最も重要な場面の一つです。特に外国人の方にとって、日本企業の面接は難しく感じるかもしれません。しかし、面接官の評価基準や求める人物像を理解していれば、より良い結果につながるはずです。

この記事では、面接で合否を左右するポイントについて、面接官の視点から詳しく解説します。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

面接官はどこを見ているのか

面接で好印象を与えるためには、面接官の視点に立って、どのような人材を求めているのかを考えることが肝要です。面接官の評価基準を理解した上で、それに応じた対策を講じましょう。

1. 一般的な面接マナー

面接官は、一般的なマナーが身についているかどうかも確認しています。時間厳守、入室時のノック、退室の際のお礼など、面接の基本マナーが守れていなければ、面接官に不信感を抱かれかねません。

2. 身なりや服装

身なりが整っていないと、第一印象で大きなマイナスとなります。身だしなみは社会人として最低限身につけるべき作法の一つと言えるため、面接官が必ずチェックするポイントです。髪型を整え、服のシワをきちんと伸ばすだけでも好印象につながるので、面接に臨む前に入念に確認しましょう。

3. 表情

面接中は自然な笑顔を心がけることが大切です。自分が話す時だけでなく、面接官や他の応募者の発言を聞く際にも、表情が曇らないように注意が必要です。口角を上げ、柔らかな表情を意識すると良いでしょう。

4. 話し方・言葉遣い

適切な話し方や言葉遣いができているかどうかも、面接官が見るポイントの一つです。聞き取りやすい声量と正しい敬語の使い方を心がけましょう。結論から述べた上で理由と総括を加えると、面接官に要点が伝わりやすくなります。

5. 事前の企業研究は十分か

入念な企業研究を行った上で面接に臨めば、面接官に真剣さが伝わりやすく、採用される可能性も高まります。下調べ不足で熱意が感じられない応募者は、内定後の辞退や早期退職のリスクがあると見なされ、不採用となりやすいでしょう。

6. 質問への回答内容

面接でよく聞かれる質問を事前にリサーチし、回答の骨子を用意しておくことをおすすめします。志望動機、長所と短所、学生時代に注力したことなどは定番の質問です。将来のキャリアビジョンを問われることもあるため、イメージを膨らませておくと良いでしょう。

7. ES・履歴書の筆跡

昨今はES・履歴書をPCで作成する人も増えていますが、手書きの提出を求める企業も少なくありません。丁寧な文字で書かれていれば「仕事にも真摯に取り組んでくれそう」と好印象を抱かれやすいでしょう。反対に、乱雑な筆跡は「仕事ぶりもいい加減なのでは」と疑念を生む恐れがあります。

面接官から見た採用・不採用の判断基準

面接官は応募者の採用・不採用を判断する際、様々な要素を総合的に評価します。ここでは、面接官が不採用と判断する人の特徴と、逆に採用したいと思う人の特徴について詳しく解説しましょう。応募者の皆さんは、これらのポイントを踏まえて面接対策を行うことで、内定獲得に近づくはずです。

面接官が不採用と判断する人の特徴

面接官が応募者を不採用と判断する際、以下のような点に着目します。

  • 基本的なマナーが身についていない(挨拶、服装など)
  • 表情が暗く、受け答えの印象が良くない
  • 企業研究が不十分で、回答内容が薄い
  • 質問の意図を理解せず、的外れな回答をしている
  • 回答に説得力がない
  • 入社意欲が感じられない
  • 求める人材像と異なる

これらの点は、面接官が応募者を評価する上で重要な判断材料となります。応募者が基本的なマナーを身につけていない場合や、表情が暗く受け答えの印象が良くないと、面接官は応募者に対して негativeな印象を抱くかもしれません。また、企業研究が不十分で回答内容が薄かったり、質問の意図を理解せずに的外れな回答をしたりすると、応募者の熱意や適性に疑問を感じる可能性があります。

面接官が採用したいと思う人の特徴

一方、面接官が採用したいと考える応募者の特徴は次のようなものです。

  • 自社について深い理解があり、具体的な質問に答えられる
  • 仕事の大変な面も把握している
  • 明確なキャリアプランを持っている
  • 真摯な受け答えから人柄の良さが伝わってくる
  • 素直さと意欲が感じられる

自社について深い理解を示し、具体的な質問に答えられる応募者は、入社後も高いパフォーマンスを発揮してくれると期待できます。仕事の大変な面も把握した上で明確なキャリアプランを持っていることは、仕事に対する意欲の表れと言えるでしょう。また、真摯な受け答えから人柄の良さが伝わってくる応募者は、組織に良い影響をもたらしてくれる可能性が高いです。

面接でよくある質問

面接では、様々な質問が投げかけられます。代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

1. 面接時のアイスブレイク

  • 面接会場は迷わず辿り着けましたか?
  • 趣味は○○とのことですが、いつ頃から始められたのですか?
  • 休日の過ごし方を教えていただけますか?

面接の冒頭で、面接官と応募者の緊張をほぐし、リラックスした雰囲気を作るために「アイスブレイク」の時間が設けられます。面接会場への道のりや趣味、休日の過ごし方など、応募者の人となりを知るための質問が中心です。これらの質問に対しては、明るく前向きな姿勢で回答すると良いでしょう。

2. 志望動機に関する質問

  • なぜ当社を志望したのですか?
  • 同業他社ではなく当社を選んだ理由は何ですか?
  • この業界を志望した動機を教えてください。

志望動機に関する質問は、応募者が自社に対してどのような興味や関心を持っているのかを確認するために尋ねられます。自社の事業内容や企業文化に共感し、自身のキャリアプランと合致している点などをアピールすると良いでしょう。

3. 経歴や経験に関する質問

  • これまでどのような仕事をしてきましたか?
  • 前職で成果を上げた経験はありますか?
  • 仕事で苦労したことと、それをどう乗り越えたのかを教えてください。

経歴や経験に関する質問は、応募者のスキルやノウハウを把握するために尋ねられます。これまでの仕事内容や成果について具体的に説明し、自身の強みをアピールすることが重要です。また、困難な状況をどのように乗り越えてきたかを話すことで、問題解決能力の高さを示すことができるでしょう。

4. 人柄や性格を探る質問

  • 周りの人からどのように評価されていますか?
  • 自分の長所と短所を教えてください。
  • 仕事でストレスを感じるのはどんな時ですか?

人柄や性格を探る質問は、応募者の人となりを知るために尋ねられます。自己分析を行い、自身の性格や行動特性を客観的に捉えておくことが大切です。長所と短所をバランスよく伝え、ストレス対処法なども交えて話すと良いでしょう。

5. 仕事観や将来のビジョンを問う質問

  • どのような職務を希望しますか?
  • 仕事を通して実現したいことは何ですか?
  • 5年後にはどのような社員になっていたいですか?

仕事観や将来のビジョンを問う質問は、応募者のキャリア志向や目標を確認するために尋ねられます。自身のスキルや興味関心に合った職務を希望し、仕事を通して実現したいことを熱意を持って語ると良いでしょう。また、入社後のキャリアプランを具体的にイメージし、5年後の姿を明確に伝えることが重要です。

6. 自己アピールに関する質問

  • 自分の強みは何だと考えていますか?
  • その強みを業務でどう活かせると思いますか?
  • 入社後、どのように会社に貢献していきたいですか?

自己アピールに関する質問は、応募者が自身の魅力をどのようにアピールできるかを見るために尋ねられます。自分の強みを明確に伝え、それを業務でどう活かせるかを具体的に説明すると効果的です。また、入社後の貢献についてビジョンを持って語ることで、応募者の意欲の高さを示すことができるでしょう。

面接官の反応から合否を読み取るポイント

面接官の態度から、ある程度合否を読み取ることができるかもしれません。面接の手応えを測るポイントを以下にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

面接で受かるサイン

面接官が応募者について深く知ろうとしたり、自社の魅力を熱心にアピールしたりする様子が見られれば、採用に前向きな可能性が高いでしょう。以下のようなサインがある場合、内定が期待できるかもしれません。

  • 入社可能日を確認される
  • 面接時間が予定より長引く
  • 面接官がメモを頻繁に取っている
  • 会社の詳細な情報を教えてくれる
  • 最後に握手を求められる

面接で落ちるサイン

反対に、面接官が早々に面接を切り上げたい雰囲気を感じた場合、不採用の可能性が高いかもしれません。以下のような兆候がある場合、残念ながら内定は難しいかもしれません。

  • 面接時間が極端に短い
  • 雑談ばかりで質問が少ない
  • 送り出しがなく素っ気ない対応をされる
  • 面接官の反応が乏しい

ただし、これらのサインはあくまで目安であり、必ずしも合否を決定づけるものではありません。面接官の反応だけでなく、自分の面接パフォーマンスを振り返ることも大切です。しっかりと対策を立て、自信を持って面接に臨みましょう。

面接対策のコツ

面接で好印象を与えるには、面接官の視点に立って対策を練ることが大切です。

  • 入念な企業研究を行い、自社への理解を深める
  • 志望動機や自己PRを明確にしておく
  • 基本的なマナーを身につける(身だしなみ、挨拶、言葉遣いなど)
  • 自然な笑顔と柔らかい表情を心がける
  • 面接でよく聞かれる質問を想定し、回答の骨子を準備しておく

企業研究を入念に行い、自社への理解を深めておくことは面接対策の基本です。また、志望動機や自己PRを明確にしておくことで、面接官に自身の魅力を的確に伝えられるようになります。身だしなみや挨拶、言葉遣いなどの基本的なマナーを身につけ、自然な笑顔と柔らかい表情を心がけることも重要です。さらに、面接でよく聞かれる質問を想定し、回答の骨子を準備しておくと、面接本番で臨機応変に対応できるでしょう。

日本で働きたい外国人の方へ

今、日本で仕事を探している外国人の皆さんは、「日本で働きたいけど、何から始めればいいの?」「どの企業が私に合っているの?」「どうやって仕事を探せるの?」といった疑問や不安を抱えているかもしれません。

そんな皆さんの日本での就職活動を、私たちが全力でサポートします! ご質問や相談があれば、以下のお問い合わせボタンからお気軽にご連絡ください。

あなたの求めるキャリアパスを実現するために、就職はもちろん、アルバイトやその他の機会に関しても、最適なサポートを提供いたします。皆さんが理想の職場を見つけ、日本でのキャリアを成功させるための第一歩になることを心から願っています。

まとめ

面接では、面接官の視点に立って対策を練ることが何よりも重要です。企業研究を入念に行い、質問の意図を理解した上で、誠実に回答することを心がけましょう。また、基本的なマナーを身につけ、明るい表情と前向きな姿勢でいることも忘れないでください。

外国人の方にとって、日本企業の就職面接は難しく感じるかもしれません。しかし、企業や職務への理解を深め、自身の経験やスキルを的確にアピールすることができれば、内定獲得に近づくことができるはずです。この記事で紹介したポイントを参考に、万全の準備を整えて面接本番に臨んでください。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks for Expats > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > 面接官が重視するポイントとは?外国人のための就職面接対策