メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

ブラック企業とは?特徴や見分け方、相談先などを外国人向けに解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
black company

日本では、ひどい条件や環境で働かせる「ブラック企業」が問題になっています。この記事では、ブラック企業の特徴や見分け方、相談先などを外国人向けに分かりやすく解説します。

ブラック企業とは?

ブラック企業とは、社員の権利や人権を尊重せず、ひどい環境で働かせる会社のことです。例えば、社員の健康を損なうほど長く働かせたり、給料が不当に安い会社などが当てはまります。日本はブラック企業が多いといわれており、日本で働く際はブラック企業に就職してしまわないように注意することが大切です。

「ブラック企業」は英語でなんて言う?

ブラック企業をそのまま英語に直訳すると”Black Company”になりますが、これでは「黒人の会社」という意味になってしまいます。ブラック企業を英語で言いたいなら、”evil company”または”exploitative company”のほうが適切です。また、工場などのいわゆる「ブルーカラー(Blue-collar)」の仕事では、”Sweatshop”という言い方もあります。

ブラック企業の特徴

ブラック企業のよくある特徴としては、パワハラや外国人差別などのハラスメントがある、給料が安すぎる、残業が多すぎるなど、下に示したようなものがあります。自分の働いている会社がこれらの特徴に当てはまるなら、ブラック企業でないか疑うようにしましょう。

  • ハラスメントがある
  • 給料が安すぎる
  • 残業が多すぎる
  • 残業代が払われない
  • 有給休暇がほとんど使えない
  • 福利厚生がほとんどない
  • 休憩時間が短すぎる

ブラック企業を見分ける方法は?

ブラック企業で働かないようにするためには、就職の時にしっかり見極めることが重要になります。実際に働いている人に聞いたり、情報サイトのレビューを見たりして、あなたが働きたい会社がブラック企業でないかあらかじめ確認しておきましょう。チェックしておきたい主なポイントは以下のとおりです。

  • 実際に働いている人に聞く
  • 就職情報サイトのレビューを見る
  • 給料をチェックする
  • 労働時間や福利厚生をチェックする
  • 離職率をチェックする
  • 不自然さを感じないかチェックする

給料をチェックする

給料が安すぎないかチェックするのはもちろん重要ですが、高すぎないかチェックするのも大切です。平均より高すぎる給料を提示する会社は、長すぎる残業時間、労働力の使い捨てといった、何らかの問題を持っている可能性があります。

不自然さを感じないかチェックする

給料やサイトのレビューといった具体的な情報以外にも、「なんとなくおかしい」と感じる不自然さも重要なチェックポイントになります。例えば、とても簡単な面接をしただけでその後すぐに採用の通知が来るような会社は、労働力の使い捨てをしている可能性があります。

他にも、求人のアピール内容が「やりがい」「夢」などあいまいな言葉ばかりの会社は、ひどい職場の環境を隠している可能性があります。また、いつ見ても求人が出ている会社は、その会社に長く勤める人がいないのかもしれません。

ブラック企業で働いている人の相談先

もしあなたが働いている会社がブラック企業だったら、適切な場所に相談して会社に改善を求めたり、退職のサポートをしてもらう必要があります。ハローワークや内部通報窓口、労働条件相談ほっとラインなどがおすすめの相談先です。

ハローワーク

ハローワークは、ブラック企業を退職した後に、正当な額の失業保険をもらうための相談先としておすすめです。

内部通報窓口

2022年6月から、社員が300人以上いる会社は、社員からの苦情を聞くための「内部通報窓口」を設けることが義務になります。内部通報窓口がある会社で働いているなら、まずは相談してみることをおすすめします。

労働条件相談ほっとライン

労働条件相談ほっとラインは、国が設置しているブラック企業相談のための窓口です。無料で電話相談をしてもらうことができ、自分の名前を隠して相談できるので安心です。

ブラック企業をやめる時のポイント

もしあなたがブラック企業で働いているなら、できるだけ早くやめることが大切です。しかし、ブラック企業をやめる時、会社がいろいろな邪魔や嫌がらせをしてくることがあります。ここで紹介するポイントを覚えて、会社をやめる時のトラブルに対応できるようにしておきましょう。

会社側が退職を拒否する権利はない

あなたが会社をやめるといった時に、会社側がそれを拒否しようとしてくることがあります。しかし日本の法律では、社員がやめたいと言った時に、会社側がそれを拒否する権利はありません。もし会社にやめるなと言われても、それを受け入れないようにしましょう。

有給休暇をきちんと使い切る

有給休暇はあなたが持っている権利です。ブラック企業はあなたが有給休暇を使うのを嫌がるかもしれませんが、退職する日までに必ず全部使い切るようにしましょう。

給料のトラブルは労働基準監督署に相談する

まだ受け取っていない給料や残業代があるなら、退職するまでに必ず全て受け取るようにしましょう。もし会社側がそれを拒否してくるなら、「労働基準監督署」に連絡して会社の違法行為を報告しましょう。

まとめ

日本はブラック企業が多いといわれており、誰もがその問題を抱える可能性があります。見分け方や対策のポイントを押さえて、ブラック企業で働かないようにすることが大切です。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 仕事・キャリア > 就職活動と求人情報 > ブラック企業とは?特徴や見分け方、相談先などを外国人向けに解説