メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本の生活を楽しむ秘訣!外国人に必要なマイナンバーカードの活用術

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

日本は、その美しい自然や文化、先進的なテクノロジーなど、多くの魅力を持つ国です。しかし、外国人が日本に住む際には、様々な手続きや情報収集が必要となります。その中でも重要なのが、「マイナンバーカード」という個人番号カードです。

この記事では、外国人が知るべきマイナンバーカードの超便利機能から、使い方やおすすめの活用方法まで詳しく解説します。

マイナンバーカードとは?

マイナンバーカードの制度の概要

マイナンバーカードは、日本政府が導入した日本国内での居住者を識別するためのカードで、外国人も利用可能です。個人情報や税金関連の情報が一元管理されています。このカードを取得するために必要な手続きを行うことで、外国人も自分の身分を確認できるようになり、日本での生活がよりスムーズになります。

マイナンバーカードの取得方法

外国人がマイナポイントカードを取得するためには、以下のステップを踏む必要があります。

  1. 申請: お住まいの市区町村の申請窓口で行えます。

  2. 本人確認: 申請時に本人確認書類が必要で、外国人の場合は、在留カードやパスポートなども必要になります。

  3. 申請書記入: 提供された申請書に必要事項を記入し、窓口に提出します。

  4. 写真撮影: カードに使用される写真を撮影します。窓口で撮影する場合もあります。

  5. カード受け取り: 申請が受理されると、マイナンバーカードが発行され、窓口で受け取ることができます。

申請にかかる費用は無料です。ただし、紛失や破損等による理由で再交付する場合は有料となりますのでご注意ください。

外国人が知るべきマイナンバーカードの超便利機能

健康保険への加入

日本では、健康保険に加入することが法律で義務付けられています。マイナンバーカードを持っていれば、スムーズに健康保険への加入手続きを行うことができます。また、健康保険証の利用登録をすることで、マイナンバーカード自体を保険証として利用することもできます。これにより、日本での医療サービスをより安心して利用することができます。

フィナンシャルサービスへのアクセス

マイナンバーカードは、銀行口座やクレジットカードの開設にも利用することができます。カードを持っていれば、短期滞在者でも日本の銀行口座を開設し、円建ての口座を持つことが可能です。また、一部の金融機関では、カードを利用してキャッシュカードやクレジットカードも発行されます。これにより、外国人でも日本のフィナンシャルサービスを活用することができます。

公的機関へのアクセス

マイナンバーカードは、公的機関へのアクセス手段としても活用されています。たとえば、税務署や年金事務所などでは、このカードを提示することで手続きが簡略化される場合があります。また、住民票や運転免許証の取得など、様々な手続きにおいてもマイナンバーカードを利用することができます。これにより、外国人でも公的機関とのやり取りがスムーズに行えるようになります。

知っておきたいマイナンバーカードの使い方

レジャー活動へのアクセス

日本は、観光名所やエンターテイメント施設が豊富です。マイナンバーカードを持っていれば、一部の施設で割引料金や優先入場特典を受けることができます。さらに、カード情報を登録しておくことで、オンライン予約サービスやポイントカードなども利用することができます。これにより、外国人でも日本のレジャー活動を便利に楽しむことができます。

ショッピング体験の向上

日本は、世界有数のショッピング天国です。マイナンバーカードを利用すれば、一部の店舗で外国人向けキャンペーンや割引サービスを受けることができます。また、カードを利用してポイントを貯めることもできます。これにより、外国人でも日本のショッピング体験をより一層楽しむことができます。

カルチャー体験の拡大

日本の伝統的な文化やアートに触れる機会は、非常に価値のあるものです。マイナンバーカードを持っていれば、カルチャー体験施設で優待料金や特典を受けることができます。たとえば、茶道体験や着物レンタルなど、さまざまな活動があります。これにより、外国人でも日本のカルチャー体験をより深く楽しむことができます。

「コンビニ交付」が便利!

コンビニ交付とは、マイナンバーカードを利用して、市区町村や公的機関が提供する公的文書や証明書を、コンビニエンスストアのマルチコピー機で取得できるサービスです。お住まいの市区町村に関わらず、全国どこのコンビニエンスストアでも利用ができるので、とっても便利です。全ての市区町村でサービスを提供している訳ではないので、事前に確認が必要になります。

何が取得できる?

  1. 住民票の写し: 住民票は、住所や家族構成などの居住情報を証明する文書です。住民票の写しが必要な場合、コンビニ交付で取得できます。

  2. 印鑑証明書: 印鑑証明書は、個人が特定の印鑑を持っていることを証明する文書です。取引や契約などで使用する場合があります。

  3. 戸籍謄本: 戸籍謄本は、自身や家族の戸籍情報に関する証明書です。国内外での各種手続きに使用されます。

  4. 課税証明書: 課税証明書は、固定資産税や所得税などの税金支払い状況を証明する文書です。特例申請や融資の際に必要なことがあります。

いつ利用できる?取得は簡単?

毎日6:30から23:00まで利用できます。ただ、市区町村によって利用できる時間が制限されている場合があるので、サービスを利用する際はお住まいの市区町村で利用できる時間を確認しましょう。

コンビニエンスストアの店舗に設置されているマルチコピー機から取得できます。その際に、暗証番号が必要になるので、マイナンバーカードが交付された時に自分が設定した暗証番号を必ず覚えておきましょう。

参考:利用できる市区町村 , 証明書の取得方法

まとめ

外国人が日本での生活をより豊かにするには、マイナンバーカードの活用が欠かせません。健康保険への加入やフィナンシャルサービスへのアクセス、公的機関へのアクセスなど、多くの便利機能があります。また、レジャー活動やショッピング体験、カルチャー体験などもより充実したものにすることができます。

外国人が日本をより深く探求し、多様な経験を積むためには、マイナンバーカードを有効活用することが重要です。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 公共サービスと生活インフラ > 日本の生活を楽しむ秘訣!外国人に必要なマイナンバーカードの活用術