メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

玄関(genkan)は日本の住宅のエントランス|マナーと正しい振舞い方を解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本の玄関

日本の文化の中で、靴を脱いで家に入る習慣は外国人にも広く知られるようになりました。

この記事では、日本の住宅で靴を脱ぐ場所であるエントランスに当たる「玄関」でのマナーや正しい振舞い方について、詳しく解説します。

日本にお越しの外国人の皆さんが、日本の玄関でのルールやマナーに違反してしまうことなく、礼儀正しい振る舞いができるように、ぜひ参考にしてください。

◆日本の文化について知りたいと方は、以下の記事もおすすめです。
日本のお正月に欠かせない門松とは?外国人向けに分かりやすく解説

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

日本の玄関とは?マナーや外国の玄関との違いを解説

玄関(genkan)とは、日本の住宅の入口で、ドアを開けてすぐの場所にあり、靴を脱いで家に入るためのスペースです。この概念は、英語で「front door」や「entrance」と表現されることがありますが、日本の玄関は単なる入り口以上の意味を持っています。

「玄(gen)」は仏教用語で「悟り(nirvana)」を意味し、「関(kan)」は入口を表します。つまり、玄関は文字通り「悟りへの入口」という深い意味合いを持ち、仏教の影響を受けた日本の文化の一端を示しています。

また、家にとって玄関は、ただ靴を脱ぐ場所ではなく、訪れる人を温かく迎え入れ、家の良い気を招き入れる重要な場所です。さらに、家族や訪問者が日常的に使う、交流のためのスペースでもあります。

日本の玄関での入り方

日本の玄関での入り方は特に難しいわけではありませんが、日本の文化に不慣れな外国人の方は、基本的な手順を予め覚えておくと良いでしょう。

1. 靴を脱ぐ

日本の家では、入る際には必ず靴を脱ぎます。靴を脱ぐ際は、前かがみになって脱ぐのが普通ですが、バランスを取るのが難しい場合は、廊下の端に座って脱いでも構いません。ただし、玄関の床に直接座って脱ぐのは避けてください。玄関は靴で立ち入る場所のため、床に直接座るのは衛生上好ましくありません。

2. 家の中に上がる

靴を脱いだら、次に廊下の端に進み、家の中へ入ります。靴を脱いだ直後は、足をすぐに廊下に移動させ、靴下だけの状態で玄関の床に足を付けないようにしましょう。玄関は靴を履いて踏み入る場所なので、靴下で床を踏むのは避けるべきです。

3. 靴を揃える

家に入ったら、靴を揃えて出る際に履きやすいようにしておきます。これは帰る時に靴を履きやすい状態にするためです。

日本の玄関のマナー

日本の玄関マナーは日本人にとっては常識ですが、日本に住み始めたばかりの外国人には分かりにくいかもしれません。意図せずマナー違反をしてしまい、不快な思いをさせないよう気をつけましょう。以下に、外国人が知っておくべき基本的な玄関マナーを紹介します。

靴のまま家に上がることは絶対にしない

靴を脱いでから家に入るのが日本の習慣です。外国では靴を履いたまま家に入ることが一般的かもしれませんが、日本ではこの慣習に従うことが求められます。自国の習慣でうっかり靴のまま上がってしまうことがないように注意しましょう。

家に上がる際は挨拶を忘れずに

家に上がる時は、「お邪魔します」や「失礼します」と一言添えると、日本人に礼儀正しい人という印象を持たれます。同時に軽くお辞儀をするとなお良いでしょう。

靴を脱ぐ際は相手にお尻を向けない

訪問先で、もし住人が玄関先や廊下で迎えてくれた場合、後ろ向きに靴を脱ぐと相手にお尻を向けることになり、やや失礼な印象を与えてしまいます。靴を脱ぐ際は、できるだけ相手と向かい合う形で行うよう心がけましょう。

できれば靴下を履いて家に上がる

靴を脱いで家に入る習慣はありますが、靴下の着用は特に決まりがあるわけではありません。しかし、訪問時には靴下を履いている方が好印象を与えます。親しい友人の家や自宅では素足でも構いませんが、一般的には靴下を着用することがおすすめです。

日本の玄関と外国の玄関の違い

日本の玄関と外国の玄関の違いについて見てみましょう。外国では「front door」と呼ばれる家の入口がありますが、日本の玄関には独自の特徴があります。

日本の家は必ず玄関がある

外国では家のドアを開けると直接リビングルームなどに入る構造の場合が多いですが、日本の家では靴を脱ぐためのスペースが必要なため、どの家にも玄関が設けられています。

靴を収納する「下駄箱」がある

日本の玄関には、靴を収納する「下駄箱(getabako)」または「靴箱」が一般的にあります。これは靴のクローゼットのようなもので、普段使いの靴を保管し、外出時にはここから選んで履いていきます。

日本の玄関の扉は外開き

多くの外国の家では、扉が内側に開く内開きですが、日本の家では靴を玄関に置くために、扉が外側に開く外開きの構造が一般的です。これにより、靴が扉の開閉の邪魔をすることがなくなります。外国で内開きが好まれるのは、その方が侵入者の進入を防ぎやすいという考え方に基づいています。

日本での生活に役立つ情報とサポート

日本での生活は魅力的ですが、言葉の壁や文化の違いから、様々な挑戦に直面することも少なくありません。たとえば、日常やビジネスシーンでの敬語の使い分け、住居探しの苦労、公共サービスの利用方法、JLPT試験の対策、さらには新しい友達や恋人との出会いまで、生活のあらゆる側面で困りごとが生じるかもしれません。

そんな時、「Goandup Salon」が皆さんの頼れるパートナーとなります!

当コミュニティでは、日本に住む外国人の方々が日本での生活をより豊かで快適なものにするためのサポートや情報提供を行っています。

  • 日本語学習では、日常会話からビジネスシーンでの敬語の使い分け、効率的な日本語の学習方法やJLPT試験対策まで、あらゆるレベルのニーズに応えます。
  • 生活の面では、日本の文化やルールの解説、住居探し、公共サービスと生活インフラの契約方法など、日本での生活基盤を築くための具体的なアドバイスと情報を提供します。
  • 仕事・キャリアに関しては、就職・転職支援や日本のビジネスマナー・職場文化の理解など、仕事でのキャリアを成功するためのキーポイントをお教えします。
  • 旅行・グルメガイドでは、日本国内での隠れた名所、絶対に食べてほしいグルメ情報など、地元ならではの魅力を紹介し、日本をより深く体験するための情報を提供します。

もし、日本での生活に関する疑問や悩みがあれば、「Goandup Salon」で解決しましょう!あなたの日本での生活がよりスムーズで楽しいものになるよう、心を込めてサポートいたします。

詳しくはこちらから▼

まとめ

日本の玄関は、靴を脱ぐためのスペースとして設けられており、靴の脱ぎ方を含むいくつかのマナーとルールが存在します。これらのマナーを守りながら振る舞うことで、あなたは日本人から礼儀正しいという印象を受けるでしょう。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 日本の文化と社会ルール > 玄関(genkan)は日本の住宅のエントランス|マナーと正しい振舞い方を解説