メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

【保存版】日本のモバイルプラン完全ガイド!外国人のための携帯会社と料金プラン

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

日本には多数の携帯キャリアが存在し、それぞれが様々なプランやサービスを提供しています。日本に住んでいる外国人にとって、この豊富な選択肢はとても魅力的ですが、同時にどのプランやキャリア、SIMカードを選ぶべきか迷うかもしれません。

この記事は、日本のモバイルプラン完全ガイドとして、日本でのおすすめ携帯会社や料金プランを詳しく解説します。契約の際の注意点や、料金の仕組み、お得な特典情報、さらには、外国人がよく抱える疑問・不安を解消するFAQまで、外国人が日本での携帯契約をスムーズに進めるための情報を分かりやすくまとめました。日本での通信生活を快適にするためにこちらのガイドを活用して下さい。

★ Goandup Picks の人気記事はこちらから

Contents

日本の主要な携帯キャリア紹介

日本の携帯通信市場は、大手3キャリアと多数のMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる格安SIM提供企業によって構成されています。ここでは、それぞれの特徴と強みを解説します。

大手3キャリア

  • docomo
    • 特徴: 日本で最初にサービスを開始したキャリアです。都市部はもちろんのこと、地方エリアでもしっかりとした通信環境を提供しています。
    • 強み: 豊富な端末ラインナップ。国際ローミングサービスが充実しており、海外旅行時も利用しやすいです。
  • au (KDDI)
    • 特徴: 高速なデータ通信と先進的な端末の取り扱いで知られています。日本国内の広範囲での安定した通信品質が特徴です。
    • 強み: 音楽や動画配信サービスなどの独自のエンターテインメントコンテンツが充実しています。
  • SoftBank
    • 特徴: 顧客重視のサービスやキャンペーンが魅力です。全国で安定した高速通信を提供しています。
    • 強み: 学生やファミリー向けの特別なプランやキャンペーンが豊富です。Apple製品の取り扱いも充実しています。

MVNO(格安SIM提供企業)

  • MVNOは、大手キャリアのネットワークを使用して、自社ブランドで通信サービスを提供する企業のことを指します。
  • 料金が大手キャリアよりも安価で、短期間の契約やデータ通信専用のSIMなど、さまざまなニーズに合わせたプランを提供しています。
  • 代表的なMVNOには、楽天モバイル、Y!mobile(ワイモバイル)、UQモバイルなどがあります。

料金プランの基本

日本のモバイル各社は、さまざまな利用シーンやユーザーのライフスタイルに応じて、多様な料金プランを提供しています。ここでは、その基本的な構成について詳しく紹介します。

基本料金

  • 月額基本料金
    • 携帯電話やスマートフォンを利用するための基本的な費用です。これにデータ通信料や通話料が加算されることが一般的です。

データ通信料

  • パケット定額制
    • 月額の定額料金でデータ通信を利用できるプランです。データ通信量に応じて複数のプランが用意されています。
  • 従量制
    • 使用したデータ量に応じて料金が発生するプランです。少量しかデータを使用しない人に適しています。

通話料

  • 定額通話プラン
    • 月額定額で一定の通話時間が利用できるプランです。
  • 従量制通話
    • 通話した時間や回数に応じて料金が発生するプランです。

主な特別プラン

  • ファミリープラン
    • 家族間での通話やデータ通信料を割引するプランで、家族全員が同じキャリアを利用する場合にお得です。
  • 学割プラン
    • 学生や若年層を対象にした割引プランです。対象となる年齢や条件はキャリアによって異なります。
  • シニアプラン
    • 一定の年齢以上の方向けの割引プランで、基本料金や通話料が安くなることが多いです。
  • Wi-Fiセットプラン
    • 家庭用の固定ブロードバンド(例:光回線)とモバイル通信をセットで契約することで、料金を割引するプランです。
  • 初回契約割引
    • 新規でキャリアを契約する際に、初月の料金が無料や割引になるプランです。
  • 長期契約割引
    • 一定期間以上の契約をすることで、月額料金が割引されるプランです。
  • 他社乗り換え割引
    • 他のキャリアから乗り換えることで、一定期間の月額料金が割引されるまたは特典がもらえます。
  • データ共有プラン
    • 複数のデバイス(例:スマートフォンとタブレット)で一つのデータ通信容量を共有できるプランです。

日本での生活を充実させる!おすすめモバイル会社10選

日本での快適な生活をサポートするために、信頼できてサービスが充実したモバイル会社の選び方は非常に重要です。ここでは、私たちGoandup Picksが長年の経験と多くのユーザーの声を基に、特に外国人におすすめのモバイル会社を厳選して紹介します。これらの会社は、サービスの品質、料金プラン、サポート体制など、多方面での評価が高く、外国人にとっても安心して利用できるものばかりです。最適なモバイル会社を見つけて、日本での生活をより一層充実させましょう!

1. J:COMモバイル:月額980円からの格安スマホ・格安SIMが魅力!

あなたが求めているのは、コスパの良いスマホやSIMカードではないでしょうか?「J:COMモバイル」なら、わずか月額980円(税込1,078円)からのスタートという驚異的な価格で提供されています。データ容量1GBが同じ980円で利用できるのも、まさに価格破壊です。

特に、他サービスとの組み合わせで、データ5GBが月980円から利用できる点や、データ通信量を超えても最大1Mbpsでの通信が可能な点も見逃せません。auの5G/4G LTEに対応しているので、全国どこでも快適な通信が楽しめます。また、電話番号や端末をそのままで他社から乗り換えができるのも魅力的です。

さらに、オンラインでの簡単な手続きや365日対応のコールセンターなど、サポート面も充実しています。J:COMモバイルならWEB申し込み限定のキャンペーンや特典も多数あり、さらにお得にサービスを利用できるでしょう。

詳細はこちらから▼

公式サイト:おトクなスマホは【J:COM MOBILE】

2. 楽天モバイル:スマホなのに信じられないほどのお得さ!

日本全国で高速データ通信が無制限で使えるのに、月額2,980円(税込3,278円)という驚きの料金が魅力の​「楽天モバイル」。さらに、契約時の初期費用がなく、契約解除料も0円です。もちろん、契約期間の縛りもないので、外国人の方でも気軽に利用を開始できます。

また、楽天の独自サービスであるRakuten Linkアプリを利用すれば、国内通話が無料でかけ放題となります。さらに、楽天モバイルを利用すると、楽天市場でのお買い物時にもらえるポイントが最大で3倍に!これは、楽天のサービスだからこその超お得な特典です。

新しいモバイル生活を、楽天モバイルで始めましょう!

詳細はこちらから▼

公式サイト:【楽天モバイル】

3. ahamo:シンプルなプランで、欲しいものをギュッと凝縮!

スマホのプラン選びで迷ってしまう…そんな経験はありませんか?「ahamo」は、大手3キャリアのdocomoが始めたシンプルなワンプランで、ユーザーのニーズをしっかりキャッチしています。たったの月額2,970円で、驚きの20GBのデータ容量と国内通話5分が無料。さらに、データをたくさん使いたい方のための「ahamo大盛り」では、100GBまでの利用が可能となっています。

そして、docomoの高品質な5G/4G(LTE)ネットワークを使用しているので、エリアや通信の安定性も抜群。時間帯に関係なく、常に快適なネット環境を楽しむことができます。

24時間いつでもオンライン手続きができるので、忙しい中でも手軽にサクッと契約することが可能です。ahamoで新しいスマホライフを始める第一歩を踏み出しましょう!

詳細はこちらから▼

公式サイト:ahamo

4. エキサイトモバイル:使い方に合わせて選べる、業界最安水準の格安SIM!

「エキサイトモバイル」は、ブロードバンド事業19年の実績があるBB.exciteが運営しているモバイルサービスです。このサービスの一番の特長は、業界最安水準で、自分の使い方に合わせて選べる2つの料金プラン。

1つ目の「Fitプラン」は段階制料金なので、使った分だけ支払うという合理的なプランです。2つ目の「Flatプラン」は定額制なので、毎月の料金が一定のため、安定して利用したい方にはピッタリです。

また、1つの契約で最大5枚のSIMカードが利用できる点もこのサービスの大きな魅力。エキサイトモバイルは、家族や複数デバイスでの利用を考えている方、節約を重視する方に大変おすすめです。

詳細はこちらから▼

公式サイト:【業界最安水準の格安SIM】エキサイトモバイル

5. Y!mobile:最短5日で手元に届く、手間なしのモバイル契約

毎月の携帯料金をお得にしたいと考えている方にピッタリの選択、それが​「Y!mobile」です。新規契約もしくは他社からY!mobileに乗り換えをすると、最大現金20,000円キャッシュバックのお得な特典が受けられます。

端末を新規に購入するのも良し、SIMのみの契約をするのも良し。どちらの方法でも、最大限の還元が受けられるのがY!mobileの魅力です。しかも、来店不要なので待ち時間ゼロ!全国どこにいてもWEB手続きのみで契約が可能で、最短5日後には新しい端末が手元に届きます。

もちろん、分からないことがあれば、WEBサイトから簡単に相談することができるので、安心して利用できます。

詳細はこちらから▼

WEBサイト:ヤングモバイル(Y!mobile正規取扱い店)

6. NUROモバイル:シンプル&手軽通信サービス!

外国人の皆さん、国際展開する日本を代表するブランド「SONY」は知っていますか?そのSONYが提供する話題の新サービスが「NUROモバイル」です。

NUROモバイルなら、利用開始月は月額基本料金が0円!通話料も半額で、解約金やMNP転出手数料など、気になる費用も一切0円です。また、データ容量の翌月繰越が可能なので、毎月ムダなくデータを利用することができます。

さらに、ソニーグループが開発したAI技術を活用し、通信の効率を最大化。スムーズな通信を保証しています。月額基本料金が6ヶ月間割引になる嬉しいキャンペーンも実施中です。

2台目のスマホをお考えの方や、シンプルでコスパのいい通信サービスを求めている方には、NUROモバイルがおすすめ!

詳細はこちらから▼

WEBサイト:NURO Mobile

7. LIBMO(リブモ):つながる!速い!高品質!

通信料金をお得にしつつ、品質も妥協したくないと思いませんか?そんな願いを叶える「LIBMO(リブモ)」もおすすめです。

​魅力は20GBプランが業界最安の1,991円!さらに、30GBプランも提供中で、他のMVNO、大手キャリアではほとんど見られない価格、2,728円で利用できます。また、大手キャリアプランは20GB一択が多いですが、 LIBMOは小容量の1GBから30GBまでの幅広いプランを提供し、生活スタイルやニーズに合わせてプラン変更も自由自在です。

​通信の安定性にも自信あり!実際、LIBMO独自のアンケートで、ユーザーの93.4%が通信の速度や接続状況に満足しています。サポートに関しても、オンラインチャットから電話サポートまで、きめ細かく対応。通信料金を抑えたいけれど、品質も保ちたいと考えている方に、LIBMOはぴったりのサービスです。

詳細はこちらから▼

WEBサイト:20ギガ1991円(税抜1810円)【LIBMO】

8. だれでもモバイル:審査なしでスマホが手に入る!

外国人の皆さん、大手キャリアでの審査を通過できなかった経験はありますか?そのような方におすすめなのが「だれでもモバイル」。審査なしで、本人名義のスマホを気軽に持つことができます。

だれでもモバイルは、身分証と銀行口座さえあれば、18歳以上なら誰でも契約可能。そして、高額なレンタルスマホに比べて低料金で利用できる点も大きな特長となっています。

全プランにかけ放題が付いており、通信は信頼のdocomoのネットワークを使用しているため、接続品質にも安心です。

詳細はこちらから▼

WEBサイト:【だれでもモバイル】

9. おてがるモバイル:審査不要で誰でも契約可能!

続いての「おてがるモバイル」も審査不要で簡単に契約ができます。諸事情によって大手キャリアでスマホを契約できない方は、 月額料金が高額なレンタルスマホを利用しています。 日々の連絡手段はもちろんですが、就職や家を借りるなど様々な場面でスマホが必要となり、 スマホが無いと生活が成り立ちません。

このおてがるモバイルも、身分証明書と銀行口座だけで、誰でも本人名義のスマホを簡単に手に入れることができ、かけ放題付き低料金、安定のdocomoのネットワークで、快適なサービスを利用できます。

今、レンタルスマホの高額な料金に困っている方、または、大手キャリアでの契約が難しいと感じている方。この「だれでもモバイル」「おてがるモバイル」を利用し、より経済的に、そして安心してスマホを利用しましょう。

詳細はこちらから▼

WEBサイト:【おてがるモバイル】

10. サンシスコン:レンタル携帯とMVNO格安SIMのハイブリッド

ブラックリストに載ってしまい、大手キャリアや格安SIMでの契約が難しくなった方に、光が差し込むサービスが「サンシスコン」です。驚きの実績、8年で1.5万人の支援。

サンシスコンはレンタル携帯としてスタートし、6ヶ月後には自身の名義での格安SIM回線に切り替えできるのが特徴で、もちろん契約の審査もありません。そして、初期費用が安く、最初の6ヶ月は端末レンタル料がなし!その後は端末がプレゼントされ、解約時に返却も不要です。

初回契約のキャンペーンとして、iPhoneやAndroid端末をなんと1円で提供。支払い方法も銀行振込からコンビニ決済まで、多彩で選べるので、ライフスタイルや状況に合わせて選択が可能です。また、Web申込は5分で完了!初期費用を払えば、最短翌日に商品を届けてくれます。

詳細はこちらから▼

WEBサイト:【レンタル携帯MVNOサンシスコン】

【番外編】日本でのモバイルライフを安心して過ごすための「モバイル保険」

スマートフォンやタブレットは、日本での日常生活や仕事、コミュニケーションに欠かせないツールです。しかし、突然の故障や事故による修理費用は高額になることも。そのようなリスクからあなたの大切なスマホを守る唯一の保険が「モバイル保険」です。

月額700円のモバイル保険は、スマホやタブレット、ノートパソコン、ゲーム機といったWifiに接続可能な機器全てをカバーし、修理費用を10万円まで保障してくれます。驚くべきことに、1契約で最大3台までの機器が保障され、1台あたりわずか234円というコスパの良さです。機種変更やMNPを行っても、簡単に登録機器を変更できるので、常にあなたの最新の機器が保護されます。

さらに、提携している修理店では、キャッシュレスで高品質な修理サービスを受けることが可能。Google Pixelの正規サービスプロバイダも含まれています。外国人の方は、日本でのスマホ修理費用を正確に知らないことが多いと思いますが、この保険で安心してモバイルライフを楽しめます。

日本での生活を始める際や、すでに携帯キャリアの補償・アップルケアなど別の補償サービスを利用している方、多数のモバイル端末をお持ちの方に、このモバイル保険は強くおすすめします。安心とコストパフォーマンスを求めるあなたに、最適な選択となるでしょう。

詳細はこちらから▼

WEBサイト:修理費用全額保証【モバイル保険】

外国人が契約する際の注意点

日本での携帯契約は、外国人にとってはいくつかの独特な手続きや必要書類があります。以下に、外国人が契約する際の主要な注意点を列挙します。

必要な書類や身分証明

  • 在留カード
    • 日本での滞在資格や期間が記載されており、ほとんどのモバイル会社で契約時に必要とされます。
  • パスポート
    • 特に短期滞在者の場合、身分証明として必要となることが多い。
  • 日本の住所
    • 多くモバイル会社は日本の住所を必要とします。一部のキャリアは、ホテルや仮の住所を受け付ける場合もありますが、事前に確認することが重要です。

在留カードの有効期限と契約期間の注意事項

  • 契約期間
    • モバイル会社は2年契約が基本ですが、在留カードの有効期限が2年未満の場合、その期間に合わせた契約が必要となることがあります。
  • 更新時の注意
    • 在留カードを更新した際は、速やかにキャリアへの報告が求められます。更新忘れが原因での契約解除やペナルティが発生することがあるので注意が必要です。

クレジットカードがない場合の対処法

  • デビットカード
    • クレジットカードとは異なり、実際の資金が口座にある範囲内でのみ使用できるカード。デビットカードによる支払いも受け付けているモバイル会社も多いです。
  • 口座振替
    • 日本国内の銀行口座からの毎月の自動引き落としによる支払い方法。口座を持っていれば、ほとんどのモバイル会社で利用可能です。
  • 請求書支払い
    • 一部のモバイル会社やプランでは、毎月の使用料を請求書によって支払う方法を選択でき、コンビニエンスストアなどでの支払いが可能です。

データ制限を心配しない!日本のWi-Fi環境

料金プランによってはデータ量が足りるか心配の方も多いのではないでしょうか。日本では携帯のデータ使用量を気にせず快適にインターネットを利用するための、さまざまなWi-Fiオプションが利用可能です。無駄なくスマートフォンやタブレットを使用するための以下のWi-Fi環境がおすすめです。

都市部の無料Wi-Fiアクセスポイント

  • 公共施設
    • 市役所、図書館、コミュニティセンターなどの公共施設では、多くの場所で無料Wi-Fiが提供されています。
  • ショッピングモール
    • 大手のショッピングモールやデパートでは、無料のWi-Fiスポットが設けられています。
  • カフェ&レストラン
    • スターバックス、マクドナルドなどの大手チェーン店だけでなく、地元のカフェやレストランでもWi-Fiを提供している場所が増えています。

家庭用Wi-Fi

  • 固定回線
    • 家での使用をメインに考える場合、光ファイバーやADSLといった固定回線の契約がおすすめ。高速で安定した接続を楽しむことができます。
  • モバイルWi-Fiルーター
    • 家でも外でも、どこでもインターネット接続が必要な方には、モバイルWi-Fiルーターが最適。複数のデバイスでの利用や持ち運びが容易なため、様々な場面で役立ちます。また、モバイル会社からお得な携帯契約とのセットプランが提供されていることもあります。


ポケットWiFiをお探しの方は、下記の記事がおすすめ

日本のモバイル契約に関するFAQ

新しい国でのモバイル契約は不安や疑問が多いもの。ここでは外国人が日本での携帯契約に関してよく抱える疑問を取り上げ、それに答えていきます。

Q1: 日本でのモバイル契約に必要な書類は何ですか?

A1: 主に、在留カードやパスポート、そして日本の住所を証明する書類(例: 住民票の写し)が必要です。

Q2: 自分の国のスマートフォンを日本で使い続けることはできますか?

A2: できますが、使用するスマートフォンが日本のモバイルネットワークに対応しているかを事前に確認することが重要です。特に、使用する周波数やバンドが合っているかをチェックしましょう。また、一部の国のキャリアは、スマートフォンをSIMロックしています。日本のSIMカードを利用する前に、ロックがかかっている場合は解除が必要です。

Q3: 契約期間中に日本を離れる場合はどうすれば良いですか?

A3: 契約を途中で解約する場合、違約金が発生することが多いです。しかし、モバイル会社やプランによっては海外長期滞在時の一時停止サービスを提供しているので、各モバイル会社に確認しましょう。

Q4: 日本のモバイルキャリアのサービスエリアはどのようになっていますか?

A4: 一般的に、大都市や主要な交通路沿いはどのキャリアもカバーしています。しかし、山間部や離島などのエリアでは適用範囲が異なる場合があるので、具体的なエリア情報は各モバイル会社の公式サイトで確認することをおすすめします。

Q5: 日本での通話料やデータ使用料は高いですか?

A5: 他の国と比較すると、日本の通話料やデータ使用料はやや高めと感じるかもしれません。しかし、多様なプランやキャンペーンが用意されているため、自分の利用スタイルに合わせたプランを選ぶことで、無駄なくサービスを利用することが可能です。

日本のモバイルプラン:外国人のための完全ガイドまとめ

日本での生活をスタートする際、多数存在するモバイル会社や料金プランの選び方は、特に外国人の方には難しく感じるかもしれません。日本のモバイル会社は、料金プラン、サービス内容、通信速度、エリアカバー率などによって特徴があります。

外国人として日本で新しく通信サービスを始める際や、サービスを乗り換える場合、各モバイル会社の特色や強みを理解し、自分の利用状況やライフスタイルに最も合った選択をすることが重要です。

日本での通信生活を充実させるために、ぜひこのガイドを活用してください。


プリペイドSIMカードをお探しの方はこちら▼から!


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 金融サービスとモバイル通信 > 【保存版】日本のモバイルプラン完全ガイド!外国人のための携帯会社と料金プラン