メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本で転職回数を気にするのは何故か?外国人から見て不思議なこと5選

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

日本で転職回数を気にするのは、何故なのでしょうか?外国人から見て、不思議なことは何でしょうか?

日本の労働環境には、しばしば他の国の人々にとって奇妙な特徴があります。その一つが、頻繁な転職に対する日本企業の姿勢です。

日本では一つの会社に長く勤めることが一般的で、頻繁な転職は否定的に捉えられることが多いです。その背景には、企業が長期的な人材育成や組織の安定を重視していること、勤続年数が昇進や賃金に直結する制度があることなどが挙げられます。

本記事では、「なぜ日本では転職回数が多いのか」、「転職回数が多ければ良いのか」など、外国人から見て不思議な日本の労働環境を5つの側面からご紹介します。

例えば、「終身雇用」「年功序列」「過重労働」「敬語」「社会人としてのマナー」などは、外国人にとっては初めてのことばかりで、時に驚くかもしれません。

しかし同時に、それらは日本の労働文化の一部であり、深く理解することは日本で働く上で非常に有益です。

外国人が発見した日本の労働文化の5つの不思議

日本の雇用情勢は、諸外国と大きく異りまする。そのひとつが、転職をあまり好まないことです。なぜ日本人は転職回数にこだわるのか、外国人は何を不思議に思うのか、5つのポイントを掘り下げてみます。

終身雇用制度

第一に、日本企業には「終身雇用制度」が深く根付いています。こちらの制度は、伝統的に代々受け継がれてきたもので、新卒で入社した会社で定年まで働くのが一般的です。これは外国人にとっては驚きかもしれません。

年功序列

次に「年功序列」。これは年齢や勤続年数によって給与や役職が決まる制度です。転職すると給与や役職がリセットされるため、転職をためらう原因になります。

転職歴

日本では履歴書や職務経歴書に「転職歴」が明記されています。これは諸外国では珍しく、頻繁に転職を繰り返すと「不安定な人」とみなされる可能性があるため、転職を避ける傾向があります。

新卒一括採用

また、「新卒一括採用」という独特の雇用制度があります。これは、新卒者を大学卒業と同時に採用する制度で、中途採用はあまり好まれない傾向にあります。そのため、一度転職すると再就職が難しいです。

義理と人情

最後に、日本人には「義理と人情」を重んじる文化があります。会社や上司への忠誠心が求められ、それが仕事を続けるモチベーションになっています。これは、他国と比較した場合の日本文化の特徴でもあります。

以上の5つの要因からわかるように、日本には企業文化や社会的価値観からくる「転職回数を気にする」現象があります。

しかし、近年はその傾向が徐々に変わりつつあり、若い世代を中心にキャリアアップのために積極的に転職する人が増えています。

今後、日本の雇用情勢がどのように変化していくのか、注視していく必要があります。

なぜ日本では転職回数が重視されるのか?その社会的影響の分析

転職回数が、日本での評価に影響するという事実は、外国人からすると意外に感じられることが多いです。というのも、多くの欧米諸国では、転職はキャリアの一部として至極真っ当なものであり、新しいスキルや経験を追求するために必要な手段であると考えられているからです。しかし日本では、この見方は異なる傾向にあります。

この現象を理解するためには、まず日本社会における雇用制度とその背景にある文化的価値観を認識することが不可欠です。

日本企業は、伝統的に「終身雇用」を尊重してきました。つまり、社員は新卒で入社した会社で定年まで働き、そこでキャリアを積んでいきます。

こちらの制度は、長期的な信頼関係の形成と、社内のコミュニティの強化を促すと同時に、従業員自身にも雇用の安定と昇進の機会を提供します。

こうした背景から、頻繁な転職という状況はしばしば忌み嫌われます。頻繁な転職は、雇用主にとって、コミットメントの欠如や不安定さを示す指標として受け止められる可能性があります。そのため、転職回数が重視されます。

しかし、現代の視点から見ると、この概念には変化の兆しがあります。グローバル化の進展や働き方改革の推進により、終身雇用制への固執は徐々に弱まりつつあります。

特に若年層では、キャリアパスの多様化が求められ、自己実現やスキルアップのために積極的に転職する傾向が強まっています。

とはいえ、日本で転職回数が依然として懸念される理由は明らかです。その背景には、企業の安定的な運営や従業員同士の信頼形成への懸念があり、各国の文化的背景や価値観への理解が求められます。

今後も、日本社会は変化し続け、転職観や評価基準は注目され続けるでしょう。

外国人から見た日本の就職・転職環境の特殊性3選!

外国人から見た日本の就職・転職環境には、いくつかの特殊性があります。その最たるものが、日本人は転職回数を非常に気にする傾向があるということです。これは、文化的背景と社会的圧力によるところが大きいです。

終身雇用制度

第一の特徴は、日本における「終身雇用制度」の強い存在です。これは定年まで会社に勤めるという考え方で、多くの日本人が安定した生活を送るために求めています。

しかしその一方で、頻繁な転職を否定的に捉える風潮も生まれています。そのため、転職を繰り返すことは「安定性がない」、「コミットメントがない」とみなされる可能性があります。

年功序列

第二の理由は「年功序列」です。こちらの制度は、新しいキャリアパスを積極的に開拓するよりも、「待つ」ことを奨励するものであるため、多くの人が転職に消極的になっています。

その結果、多くの人が転職を決断する前に、二度三度と考えなければならなくなります。

しかし、この制度も時代とともに変わりつつあります。少子高齢化、労働力不足などの社会問題が深刻化するにつれ、「職業選択の自由」が重視されるようになってきました。

その結果、転職回数にとらわれず、自分のキャリアを主体的にデザインしていく意識が高まっています。

ワーク・ライフ・バランス

最後に、「ワーク・ライフ・バランス」という概念について触れておきます。日本では長時間労働が常態化している一方で、健康や家庭生活を大切にし、自己実現を追求するために転職を選択する人が増えています。

このような観点から見ると、転職回数は、単なる数字ではなく、個人の価値観や生き方を反映したものと言えます。

以上の3点から、日本人が転職回数にこだわる理由は、文化的・社会的背景に深く根ざしています。

しかし、個人の価値観や生き方が多様化する現代社会において、転職回数よりも重要なのは、その人自身が自分のキャリアをどう捉え、どう育てていくかということです。

日本の転職文化とその背景

国際的な視点から見ると、日本の転職文化には興味深い特徴があります。まず、日本では一つの会社に長く勤めることが一般的です。

こちらは、戦後の高度経済成長期に形成された慣習であり、終身雇用制度と年功序列制度に基づくものです。

そもそも終身雇用制度とは、会社に入社して定年まで働き続ける制度のこと。年功序列とは、勤続年数が長ければ長いほど昇進しやすくなる制度のことです。言い換えれば、同じ会社に長く勤めれば勤めるほど、待遇が良くなるということです。

かつて日本の経済成長を支えた、これらの制度は、近年の働き方の多様化や、企業環境の変化に対応しきれていません。同時に、「転職=不安定」という考え方や「忠誠心」を重視する風土も、多くの日本人が転職をためらう要因になっています。

日本の転職市場のもう一つの特徴は、その規模が比較的小さいことです。

職業紹介所や、求人情報サイトはあるものの、希望する職種や条件に合った仕事を見つけるのは容易ではありません。そのため、安定した職を優先し、今の職場で長く働くことを選ぶ人が多いです。

また、頻繁に転職を繰り返すことは、「安定性がない」、「コミットメントが足りない」と受け取られかねません。これは企業側から見ればリスクであり、採用の際のマイナス要因になりかねません。

しかし、近年は、より良いキャリア形成やスキルアップを求める若者を中心に、転職回数が増加傾向にあります。また、企業側も多様な視点や経験を持つ人材を求めており、従来の価値観から徐々にシフトしています。

この様に、日本では転職回数に悩む人が多いです。こうした制度や文化は日本独自のものであり、海外から見ると一筋縄ではいかない複雑さがあることをご理解いただきたいです。

まとめ

日本で転職回数を気にするのは何故なのかや、外国人から見て不思議なこと5つなどを解説しました。

転職回数を懸念する理由は、日本の伝統的な雇用慣行や企業文化に起因しています。

一つの会社に長く勤めることは、忠誠心や安定性の証であり、専門知識や経験を深める機会でもあると考えられています。頻繁に転職を繰り返すことは、不安定さやコミットメントの欠如の可能性の表れと考えられています。

以下は、外国人にとって奇妙に思える日本のワークスタイル5つです

  1. 長時間労働
  2. 終身雇用制度
  3. 年功序列
  4. 出社・退社時の挨拶の習慣(「おはようございます」、「お疲れ様です」)
  5. ノルマの達成よりもプロセスを重視

これらは、欧米の職場環境とは大きく異なり、特にフレキシブルで、自己管理型の職場環境に慣れた外国人には奇妙に映るかもしれません。

この記事を読んで、自分の勤め先が不安になった方は、自分に合った就職先を探すことが何よりも大事ですので、是非専門家に問い合わせしてみてください!

オススメの転職サイトはこちらです!

希望の会社で内定が取れる!?【ウズキャリ既卒】
無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 仕事・キャリア > ビジネスマナーと職場文化 > 日本で転職回数を気にするのは何故か?外国人から見て不思議なこと5選