メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人に絶対おすすめしたい!東京国立新美術館

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本の国立新美術館

東京観光に来たら、多くの人が訪れる人気の観光スポット、国立新美術館。国立新美術館がある六本木は、ショッピングスポットやグルメなレストラン、バー、クラブが立ち並ぶにぎやかな地域で、外国人観光客にも人気のエリアです。しかし、日本在住の外国人の中にも、まだ東京の観光スポットを巡っていない方は多いのではないでしょうか?

今回は、東京を代表する国立新美術館の見どころや魅力を、観光客の方にも日本在住の方にもわかりやすく、詳しくまとめてご紹介します。アクセス方法や周辺のホテル、おすすめ観光スポットなども合わせてお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。国立新美術館を中心に東京観光を思う存分楽しむための情報が満載です。

東京への旅行予約はExpediaがおすすめです!

国立新美術館周辺のホテルも魅力的なので、あわせてチェックしてみてくださいね。それでは、国立新美術館の魅力に迫っていきましょう!

国立新美術館ってどんなところ?

国立新美術館は、美術作品の展示だけでなく、建物自体もアートを感じさせる魅力的な美術館です。オープン以来、現代アートの殿堂として国内外から注目を集めており、東京を代表する文化施設の一つとして、国立新美術館は私たちに多彩な芸術体験を提供してくれます。展示スペースの広さは世界でもトップクラス。ここでしか見られない貴重な作品との出会いは、訪れる人の感性を刺激してくれるでしょう。

また、国立新美術館の特徴は展示だけにとどまりません。美術館の建築自体が芸術作品として高く評価されているのです。ガラスとコンクリートで構成された独創的なデザインは、見る者を圧倒します。

国立美術館の歴史

国立新美術館は2007年にオープンしました。

六本木と乃木坂の間、自然が多い地区に地下1階、地上4階、敷地面積30,000㎡、展示スペース14,000㎡の広々とした空間でアートが楽しめる、東京を代表する美術館として、大変話題になりました。

国立美術館としては唯一コレクションを持たず、多彩な企画展や公募展を開催し、美術の普及という重要な役割を担っています。

建築物としても注目される美術館

国立新美術館は日本を代表する現代建築家、黒川紀章の設計ということで大変話題になりました。これまでにグッドデザイン賞、国際建築賞など数々の受賞歴があり、国際的にも注目されています。

コンセプトは『森の中の美術館』で、波のようにうねるガラスのカーテンウォールの美しい曲線や円錐形の正面入口が特徴的で、とても個性的な外観になっています。

空間を広く使った吹き抜けロビーからは、周囲の草木や花々を眺めることができ、まさに森の中にいるような感覚を味わうことができます。

心地よさや個性だけでなく安全対策や省資源、バリアフリーなどにも配慮されていて、現代にフィットした美術館と言えます。

国立新美術館の基本情報

国立新美術館を実際に訪れる際に、知っておきたい基本情報をまとめました。アクセス方法や各種料金、開館時間など、事前にチェックしておくと当日スムーズに美術館を楽しめますよ。

特に、企画展や公募展など見どころが多い国立新美術館では、混雑状況や所要時間を考えて計画を立てることが大切。平日と休日では来館者数も変わってきますので、狙い目の曜日や時間帯もしっかり押さえておきましょう。

アクセス

国立新美術館は、六本木駅、乃木坂駅、青山霊園、東京ミッドタウンに囲まれた場所にあります。駅からも近く、乃木坂からは直結なのでとても便利でアクセスしやすいです。

電車でのアクセスが便利な国立新美術館ですが、都心からのバスや車でも行くことができます。首都高速の飯倉ランプから1kmほどの場所にあるので、車での来館も可能です。駐車場はないので、近隣のコインパーキングに駐車する必要があります。

  • 東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6番出口(美術館直結)
  • 東京メトロ日比谷線六本木駅4a番出口より5分
  • 都営地下鉄大江戸線六本木駅7番出口より4分      

国立新美術館の周辺は、散歩するだけでも楽しい街並みが広がっています。天気の良い日は、ぜひ美術館の外周を散策してみてくださいね。 

参考:Location map|THE NATIONAL ART CENTER TOKYO

チケット

チケット購入は、展覧会やイベントによって販売方法やチケット料金が変わります。事前予約が必要な場合もあるため、興味のある展覧会の公式ウェブサイトや販売サイトでの確認が必要です。混雑状況によっては当日券が販売されないこともあるので、事前に情報収集をしましょう。

無料の公募展なども常時開催されていますので、下記公式サイトで興味がある展覧会やイベントをチェックしてみてください。割引クーポンやプレゼントキャンペーンなども時期によって実施されているので、お得情報もお見逃しなく。

公式サイトやSNSアカウントなどで最新情報をチェックしてから来館するのもおすすめです。国立新美術館を存分に楽しむためにも、事前の準備は怠らないようにしましょう!

参考:Exhibitions and Events|THE NATIONAL ART CENTER TOKYO

開館日・時間

開館時間は10時から18時まで、入場は閉館時間の30分前までとなります。

基本的に休館日は毎週火曜日と年末年始です。火曜日が祝日の場合は開館となり、翌平日が振替休日となります。

平日の夜は比較的空いていることが多いので、ゆっくり観覧したい方におすすめの時間帯です。

また、休館日は展示替えなどで変更になる場合もありますので、来館前には必ず最新の情報をチェックするようにしましょう。国立新美術館の開館情報を確認して、お出かけの計画を立ててくださいね。

参考:Opening Hours|THE NATIONAL ART CENTER TOKYO

国立新美術館の楽しみ方4選

国立新美術館での楽しみ方は展覧会だけではありません。館内にはレストランやカフェ、ミュージアムショップなども充実しています。アート鑑賞の合間にゆっくり休憩したり、お土産を選んだりと、一日中楽しめる美術館なんです。

展覧会のチケットがなくても、レストランやカフェ、ミュージアムショップは利用できます。美術館の雰囲気を味わいながら、ちょっとした休憩をするのもおすすめです。

1. 企画展

国立新美術館はコレクションは持っていませんが、世界各国から傑作の数々を集めて大きな企画展を開催しています。

海外の有名美術館の企画展、著名なアーティストの企画展など、毎回ユニークな企画展を開催し、日本に居ながらにして世界中の名作に出会うことができます。

参考:国立新美術館公式HP/企画展

2. 公募展

国立新美術館では、数多くの公募展を楽しむことができます。現代アートや美術展はもちろん、外国人の皆さんにも是非見て欲しい書道や水墨画の公募展もあります。有名な二科展もこの美術館で見ることができます。

無料で見学できる公募展がほとんどですので、ぜひ色々な展覧会に行ってみることをおすすめします。企画展、公募展ともに興味のある展覧会を公式HPで時々チェックしてみてください。

参考:国立新美術館公式HP/公募展

3. カフェ・レストラン

  • ブラッスリー・ポール・ボキューズ ミュゼ

世界的に著名なフランス料理の巨匠 ポール・ボキューズが日本に初めてオープンしたレストラン。コンセプトは『伝統的なリヨン料理』。本格的なフランス料理がランチ2,640円から楽しめます。

  • サロン・ド・テ ロンド

巨大な円柱の最上階にあることから、ロンド(円形)という店名がつけられました。開放的な円形フロアで、種類豊富なサンドイッチやケーキがいただけます。

  • カフェ コキーユ

1階のアトリウムにあるカジュアルカフェ。コキーユ(貝)のように波打つガラスのカーテンウォールから差し込む明るい光の中で、ちょっとひと休みするのに最適なカフェです。

  • カフェテリア カレ

地下1階から吹き抜けを通して1階ロビーと一体になっている四角い(カレ)空間のカフェテリア。日本を意識したメニューは、ハッシュドビーフ、スープ、サンドイッチなど種類も豊富。特に、牛丼は海外からのお客様にも人気です。

参考:国立新美術館公式HP/カフェ・レストラン           

4. ミュージアムショップ

美術館での楽しみのひとつはミミュージアムショップの限定グッズですよね。

国立新美術館のミュージアムショップ『スーベニアフロムトーキョー』では、世界中のアーティストやデザイナーの情熱がそのまま感じられるグッズに出会うことができます。

日本ならではの商品もありますので、是非すみずみまでごらんください。

参考:国立新美術館公式HP/ミュージアムショップ

国立新美術館近くのホテル3選

国立新美術館の周辺エリアには、おしゃれなホテルがたくさんあり、デザイナーズホテルやラグジュアリーなホテルまで、宿泊施設も充実しています。美術館での鑑賞疲れを癒すのに、周辺のホテルに泊まるのはいかがでしょうか。

観光で訪れた際は、ぜひ国立新美術館近くのホテルをチェックしてみてください。きっとお気に入りの宿が見つかるはずです!

1. カンデオホテルズ東京六本木

国立新美術館から約650mに位置するホテルです。最上階には大都会を見下ろせる展望露天風呂とサウナがあり、都会の真ん中でひと味違う滞在ができるので、外国人の皆さんには是非試してみて欲しいホテルの一つです。インテリアにもこだわりが感じられるこのホテルで、星空を眺めながら日本のお風呂文化を味わってみてください。          

詳細はこちらから!

2. レム六本木

国立新美術館から約470mに位置するビジネスタイプのホテルです。コンセプトが『寝室』ということもあり、快適な睡眠のためにあらゆる工夫がされています。オリジナルのベッドやレインシャワー、アメニティーもリラックスできることをメインに考えられています。是非、今までにない良い眠りを体験してみませんか?                   

詳細はこちらから!

3. 六本木ホテルS

国立新美術館から約500mに位置する大人の隠れ家的ホテルで、東京タワーの近くにあります。築40年以上の建物をリノベーションしたスタイリッシュなホテルは、グッドデザイン賞を受賞しています。お手頃なスタンダードプランから、長期滞在にも適したプレミアムなプランまで、スケジュールに合わせて選ぶことができます。

詳細はこちらから!

その他の国立新美術館周辺のホテルは国立新美術館周辺の観光スポット4選

国立新美術館の周辺には、美術館以外にも見どころがたくさんあります。せっかくなので、国立新美術館とあわせて周辺の観光スポットを巡ってみませんか?六本木ヒルズや東京タワーなど、東京を代表する人気スポットが徒歩圏内に集まっているんです。

アートと街歩きを楽しめる国立新美術館周辺は、東京観光にぴったりのエリアです。ここでは、国立新美術館のご近所にある観光スポットを4つピックアップしてご紹介しましょう!

1. 六本木ヒルズ&森美術館:徒歩10分程度

営業時間:六本木ヒルズ▶︎ ショップ 11:00〜21:00、レストラン 11:00〜23:00
     森美術館▶︎ 月・水~日10:00~22:00(最終入館 21:30)、火10:00~17:00(最終入館 16:30)
休館日:森美術館は展示替え期間中(六本木ヒルズはなし)
入場料:六本木ヒルズは入場料なし、森美術館は展覧会により異なる
アクセス:東京メトロ日比谷線「六本木」駅 1C出口より徒歩3分(コンコースにて直結)

六本木ヒルズは、東京を代表する大型複合施設です。ショップやレストラン、映画館などが入っており、一日中楽しめるスポットで、週末ともなれば多くの人で賑わいを見せています。

六本木ヒルズの中には、現代アートの美術館「森美術館」もあります。国立新美術館とはまた違った現代アートを鑑賞できるので、アート好きの方は必見です。街歩きとアートを同時に楽しめる六本木ヒルズは、国立新美術館と合わせて訪れたいスポットでしょう。

参考:六本木ヒルズ森美術館

2. 山種美術館 (Yamatane Museum of Art):タクシーで15分程度

営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日火曜日は休館)、展示替え期間、年末年始
入場料:展覧会により異なる
アクセス:JR山手線・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅より徒歩約10分

山種美術館は、東洋美術を中心とした美術館です。日本画や中国の書画、茶道具など、国立新美術館とはガラリと雰囲気の異なるコレクションを楽しめます。

建物は、国の重要文化財に指定されている「山種美術館本館」。歴史を感じさせる和風建築も見どころの一つです。和の美を堪能したい方は、国立新美術館とあわせて山種美術館もチェックしてみてはいかがでしょうか。

参考:山種美術館

3. 東京タワー:電車で20分程度

営業時間:メインデッキ▶︎ 9:00~22:30(最終入場22:00)
     トップデッキ▶︎ 9:00~22:15(最終入場21:30~21:45)
定休日:トップデッキは、荒天、その他の理由により営業を中止することがある
入場料:メインデッキ▶︎ 大人1,200円、高校生1,000円、子ども700円ほか
    トップデッキ▶︎ 大人3,000円、高校生2,800円、子ども2,000円ほか
    ※Webからの予約だと上記の入場料より安くなります。
アクセス:都営大江戸線「赤羽橋」赤羽橋口より徒歩5分

東京のシンボルとして知られる東京タワー。国立新美術館から電車で20分程度と、少し離れていますが訪れる価値は十分にあります。

展望台からは、東京の街並みを一望できる圧巻の眺めです。昼は都会の喧騒を見下ろし、夜はキラキラと輝く夜景を楽しめます。東京観光といえば東京タワー!国立新美術館とあわせて、ぜひ訪れてみてください。

参考:東京タワー

4. 明治神宮:電車で20分程度

営業時間:参拝自由(南門・北門の開門時間は日の出から日の入りまで)
定休日:年中無休
入園料:無料
アクセス:JR山手線「原宿」駅、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅より徒歩1分

明治天皇をまつる明治神宮は、緑あふれる都会のオアシスです。10万平方メートルもの広大な敷地には、樹齢100年を超える木々が茂り、自然を感じられるスポットとなっています。

初詣では多くの参拝客で賑わう明治神宮ですが、平日や早朝はとても静かです。気持ちを切り替えたい時は、国立新美術館から足を伸ばして明治神宮まで行けば、心が洗われるような時間が過ごせるでしょう。

参考:明治神宮

まとめ

今回は国立新美術館の魅力を中心に、周辺の観光情報もお届けしました。アートと街歩きを存分に楽しめる六本木は、東京観光におすすめのエリアです。ぜひ国立新美術館を拠点に、六本木の魅力を体感してみてくださいね。

美術館巡りは、感性を刺激してくれる素敵な体験です。日本にお住まいの外国人の方も、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。アートを通して新たな発見や感動が得られるはずです。東京の魅力を再発見できる国立新美術館へ、ぜひ足を運んでみてください!


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 旅行・グルメガイド > 人気観光スポットと隠れた名所 > 外国人に絶対おすすめしたい!東京国立新美術館