メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

【JLPT N5】カタカナ (Katakana) ver.

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
JLPT N5

LPT N5は、日本語能力試験の最も基礎的なレベルです。このレベルでは、日本語を学び始めたばかりの外国人が、基本的な日本語の知識と技能を身につけることを目指します。

この段階で重要なのは、ひらがなとカタカナの理解と使用ができるようになることです。これら二つの文字は、日本語を書く上で基本となるもので、それぞれ特徴があります。

カタカナ

  • 形: 直線的で角ばった形をしています。
  • 用途: 主に外来語(例: コンピューター、テレビ)、固有名詞、動植物の名前、音を真似る言葉に使われます。
  • 特徴: カタカナも46文字からなり、日本語の中で特別な役割を持っています。

カタカナをマスターすることは、日本語学習の大事な最初のステップです。この基礎をしっかりと築くことで、より複雑な文法や単語へとスムーズに進むことができます。


日本に留学するなら絶対使って!
オンライン日本語学習サービスの「Goandup Nihongo+

Goandup Nihongo+の教材はこちらから▼
【JLPT N5】ひらがな (Hiragana) ver.
【JLPT N5】ひらがな と カタカナ ver.
【JLPT N5】漢字 (Kanji) ver. Part1


カタカナ学習

カタカナも日本語の重要な一部です。こちらも46文字から成り立っており、ひらがなと同じように日本語の音を表すために使われます。カタカナは主に外来語、固有名詞、動植物の名前、または言葉を強調する際に用いられ、例えば、「アメリカ」のような外国の地名や、「コンピューター」のような外来語はカタカナで書かれます。

カタカナは形が直線的で角ばっているため、ひらがなや漢字とははっきりと区別できます。これは、外来語などが日本語の文の中で目立つようにするための工夫でもあり、漢字が難しい小さな子供や、日本語を学び始めたばかりの外国人にとっても、カタカナは読みやすい文字です。

ひらがなが日本語の基礎を形作るのと同じように、カタカナを学ぶこともまた、日本語の理解を深めるために不可欠です。ひらがなとカタカナを両方覚えることで、日本語のあらゆる表記に対応できるようになります。

AIUEO
ア aイ iウ uエ eオ o
Kカ kaキ kiク kuケ keコ ko
Sサ saシ shiス suセ seソ so
Tタ taチ chiツ tsuテ teト to
Nナ naニ niヌ nuネ neノ no
Hハ haヒ hiフ fuヘ heホ ho
Mマ maミ miム muメ meモ mo
Yヤ yaユ yuヨ yo
Rラ raリ riル ruレ reロ ro
Wワ waヲ wo
Nン n

ではここからは、カタカナの書き順をイラストと一緒に覚えていきましょう!練習表もあるので、プリントアウトして実際に書いて練習してくださいね。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > JLPT対策と試験ガイド > 【JLPT N5】カタカナ (Katakana) ver.