メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本でワイヤレスインターネットを使いたい!流れや選び方は?

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

Wi-Fiなどを使ったワイヤレスインターネットは、日本で暮らすために欠かせないものだといえます。この記事では、外国人の方が日本でワイヤレスインターネットを使うための、契約の流れや会社の選び方などを解説します。

日本のワイヤレスインターネット契約時に知っておきたい用語

日本でワイヤレスインターネットを契約するには、日本語のサイトや説明書を読まなければなりません。ここでは、外国人の方が戸惑いやすいと思われる、日本語のインターネット用語を紹介します。

「光」は普通は”light”のことですが、インターネット用語で「光」というと、光回線のインターネットのことをいいます。普通に「光回線」ということもありますし、「回線」を省略して単に「光」ということもあります。「光」と「光回線」は同じ意味と思えば大丈夫です。

ギガ

「ギガ」とは通信速度の”Gbps”のことです。日本語では”bps”の部分を省略して単に「ギガ」ということが多いです。例えば「1ギガ」は”1Gbps”の意味になります。

データ量を表す”GB”のことも、日本語では「ギガ」ということが多いので注意しましょう。例えば「100ギガのハードディスク」という文章なら、ギガは”100GB”の意味になります。

日本でのお部屋探しはGTNにご相談を!

GTN不動産バナー

日本でのお部屋探しはぜひGTNにご相談ください。

GTNには以下の特徴があります。

  • 他言語スタッフが在中
  • 海外にいても契約ができる
  • 未成年でも入居相談可能
  • 保証人がいなくても契約可能

この他にもGTNには海外の方のサポートを手厚く用意しています。

サイトも他言語に対応しているので、まだ日本に住む予定がない方もまずはホームページを訪れてみてください。

ホームページはこちらから!

ワイヤレスインターネット契約の大まかな流れ

日本でワイヤレスインターネットを契約する流れは、まずプロバイダーや回線事業者と契約して開通工事を行い、ルーターなどの設定を行います。

回線事業者・プロバイダーと契約する

ワイヤレスインターネットを契約するには、まず光回線を提供する回線事業者と、接続事業者であるプロバイダーと契約します。回線事業者によって、プロバイダーが決まっているところと選べるところがあります。もし契約したいプロバイダーが決まっているなら、対応している回線事業者を選ぶ必要があります。

開通工事を行う

回線事業者・プロバイダーと契約したら、次は家に光回線を通すための開通工事を行います。開通工事は1時間か2時間くらいかかり、当日は契約者本人が工事に立ち会う必要があります。始めから家に回線が通っている場合は工事の必要はありません。

機器の設定をする

開通工事が終わったら、次はONUやルーターの設定を行います。ONUの設定は業者が行ってくれることが多いので、自分で設定するのはルーターだけのことが多いです。

ルーターの説明書は日本語のことが多いので、読むのが苦手な人は日本人の友人などに手伝ってもらいましょう。

ワイヤレスインターネット会社の選び方

日本にはワイヤレスインターネットの会社がたくさんあるので、その中から自分に合ったところを選ぶ必要があります。選ぶポイントは料金も大事ですが、外国人の場合は英語のサポートがあるかどうかも重要です。

料金で選ぶ

日本のワイヤレスインターネットの会社は、通信速度に関してはどこも十分早いので、料金が安いところを選ぶのがおすすめです。

料金は月額使用料だけでなく、初期工事の費用もチェックしておきましょう。会社によって2万円くらい値段が違うこともあります。

月額料金はマンションならどの会社も大体月4,000円から5,000円くらい、一軒家なら月5,,000円から6,000円くらいです。

英語対応で選ぶ

日本のワイヤレスインターネットの会社は英語対応しているところが少ないので、日本語が苦手な方は注意しましょう。大手の会社はたいてい英語の公式サイトがあるので、サイトから申し込みするのもおすすめです。

日本のワイヤレスインターネット会社の比較表

日本の主なワイヤレスインターネット会社の料金と通信速度は下の表のとおりです。NURO光は料金が安くて通信速度も早いことで人気ですが、対応エリアがまだ広くないのが注意点です。

会社名月額料金最大通信速度
フレッツ光マンション:5,225円一戸建て:6,820円1GB
NURO光マンション:2,090円~2,750円一戸建て:5,200円2GB
ソフトバンク光マンション:4,180円一戸建て:5,720円1GB
出典:ノジマ「【2021年】インターネット回線のおすすめ9選」 https://www.nojima.co.jp/support/koneta/54706/

料金を安くするための節約術

ワイヤレスインターネットは月5,000円から6,000円くらいかかるのが一般的なので、できるだけ安く済ませたいところです。ここでは、ワイヤレスインターネットの料金を安くする方法を紹介します。

ポケットWi-Fiやテザリングを使う

通信速度が遅くてもいいなら、光回線ではなくポケットWi-Fiやテザリングを使うという方法もあります。ここでテザリングとは、スマホからWi-Fiでパソコンなどにインターネットをつなぐ方法です。

ポケットWi-Fiやテザリングは料金が安い以外にも、工事が必要ないので申し込んだらすぐ使えるのもメリットです。

キャンペーンやセット割を利用する

ワイヤレスインターネットの会社では、さまざまな割り引きキャンペーンや、スマホとのセット割を実施しています。こういったお得なサービスをしっかり活用しましょう。

携帯キャリアセット割対応の会社
au@nifty光、auひかり、BIGLOBE光
ドコモドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光、NURO光
出典:ノジマ「【2021年】インターネット回線のおすすめ9選」 https://www.nojima.co.jp/support/koneta/54706/

まとめ

日本のワイヤレスインターネットは、高速な光回線の会社がたくさんあるので便利です。ただし、外国語にしっかり対応しているところはあまり多くないので、日本語が苦手な方は注意しましょう。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 金融サービスとモバイル通信 > 日本でワイヤレスインターネットを使いたい!流れや選び方は?