メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本のコインランドリーの使い方は?必要な持ち物と料金相場なども解説

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
日本のコインランドリー

家に洗濯機があれば好きな時に自分の衣類を洗濯できますが、万が一故障したり、大きな布団やカーペットなど家庭用洗濯機では洗えないアイテムを洗濯したいときには、コインランドリーがとても便利です。

特に日本では、湿度が高い梅雨時期や台風シーズンに、洗濯物が室内でなかなか乾かないこともあるため、コインランドリーの乾燥機を利用すると、乾燥の悩みを手軽に解決できます。日本のコインランドリーの正しい使い方を知っておくと、とても心強いです。

この記事では、日本におけるコインランドリーの利用方法をはじめ、持参すべきアイテム、料金相場、待ち時間の目安、さらには利用時の注意点まで、詳しく解説します。これを読めば、あなたもコインランドリーをスマートに利用できるようになるでしょう。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

日本のコインランドリーの基礎知識

日本のコインランドリーとは、文字通りコインを投入して利用できる洗濯機や乾燥機のある公共の施設です。

現在、日本全国にはおよそ2万5千店舗以上のコインランドリーがあり、24時間営業の店舗もあります。

街中だけでなくビジネスホテルやウィークリー(マンスリー)マンション、銭湯などにも併設されていることが多いので、比較的簡単に見つけることができるでしょう。

1. 近くのコインランドリーの見つけ方:ホテルにはある?

お住まいや滞在先の近くにあるコインランドリーを見つける際は、携帯電話の地図アプリが非常に便利です。

また、日本国内のコインランドリーを検索できる以下のウェブサイトでも簡単に見つけることができます。これらのサイトは日本語で提供されていますが、住所や郵便番号から希望のエリアのコインランドリーをを検索したい場合などに利用してみてください。

ビジネスホテルや宿泊施設に滞在している場合、施設内にコインランドリーが設置されていることが多く、長期滞在のゲストにとって大変便利なサービスです。ホテルに宿泊の際は、フロントデスクでコインランドリーの有無や場所について尋ねるとよいでしょう。滞在中も気軽に衣類を洗濯でき、旅行をより楽しむことができます。

2. コインランドリーに洗剤は必要?持ち物は?

日本のコインランドリーは洗剤が用意されている場合がほとんどなので、基本的には洗剤を持参する必要はありません。ほとんどの洗濯機は、洗剤と柔軟剤が自動投入されるタイプです。

ただし店舗によっては自分で洗剤を投入するタイプの洗濯機が設置されていることもあります。

そのような場合、コインランドリー内に設置されている自動販売機で使い切りタイプの洗剤を購入することができますが、初めて訪れるコインランドリーでは、念のため洗剤を持参してもいいかもしれません。

コインランドリーを利用するための持ち物は次の通りです。

  • 現金(100円硬貨や500円硬貨)
  • 洗濯物
  • 洗濯ネット(衣類が傷まないようにするには洗濯ネットがあると便利)
  • ランドリーバッグ

この他、乾燥機シート(柔軟剤シート)が必要な場合は持参するとよいでしょう。

3. コインランドリーの料金と待ち時間の目安

洗濯機の料金は一般的な衣類10kgあたり500円程度で、待ち時間の目安は30分です。

乾燥機の料金は10分100円が目安で、一般的な衣類であれば30分程度、300円で乾きます。

一人暮らしの場合3日分の洗濯物がおよそ4~5kgとすると、洗濯と乾燥で約700円~800円、だいたい1時間程度を待ち時間の目安にするとよいでしょう。

ただし機械により金額や時間は若干異なるのでご注意ください。

4.コインランドリーで使える決済手段

日本のコインランドリーでは、まだまだ現金が主流です。多くの場合、洗濯や乾燥をするには、100円や500円硬貨が必要になります。しかし、利便性を求める声に応える形で、最近では様々な支払い方法が登場しています。

特に、一部の店舗ではQRコードやスマホアプリによる支払いが可能になってきており、現金を持ち合わせていない時でも安心です。これらのキャッシュレス支払いは、手間なくスムーズに利用できるため、徐々に人気が高まっています。

さらに、プリペイドカードを導入しているコインランドリーもあります。これは、事前にある金額をカードにチャージしておき、そのカードを使って洗濯や乾燥の料金を支払うシステムです。プリペイドカードを利用すると、小銭を用意する必要がなく、またカード利用者限定の割引などの特典がある場合もあります。

コインランドリーを利用する際には、どの支払い方法が利用できるか事前にチェックしておくと良いでしょう。

5. コインランドリーで洗えるものは?布団やスニーカーも洗える?

日本のコインランドリーではシャツや靴下などの一般的な衣類の他に、羽毛布団や毛布、シーツなどの寝具、カーペットやカーテンも洗濯することができます。

また店舗によっては靴専用の洗濯機「スニーカーランドリー」を設置しているため、布や化学繊維素材の靴、スニーカーも洗濯可能です。

日本のコインランドリーの使い方

日本のコインランドリーには、洗濯機、乾燥機、洗濯乾燥機が設置されています。

洗濯して乾燥まで済ませたい場合は洗濯乾燥機、乾燥だけでいいなら乾燥機と、目的に合わせて利用するとよいでしょう。

日本のコインランドリーの基本的な使い方は次の通りです。

1. 洗濯機/洗濯乾燥機の使い方

  1. 空いている洗濯機に持参した洗濯物を入れてドアを閉める(必要に応じて洗剤も入れる)
  2. 表示された料金のコインを入れてスタートボタンを押す
  3. 終了したら洗濯物を取り出す

2. 乾燥機の使い方

  1. 空いている乾燥機に洗濯済みの洗濯物を入れてドアを閉める
  2. 表示された料金のコインを入れる
  3. 終了したら洗濯物を取り出す

コインランドリーを使うときのマナーと注意点

最後に日本のコインランドリーを使うときのマナーと注意点をご紹介します。

1. お釣りは出ない:紙幣は両替して使う

日本のコインランドリーに設置されている洗濯機や乾燥機は、基本的にお釣りを出さない設計になっています。利用する際は、表示された金額通りにコインを入れるようにしてください。

また、多くのコインランドリーには両替機が設置されており、大きな紙幣を必要な硬貨に交換することができます。しかし、両替機がない場合もあるため、事前に小銭を用意しておくとスムーズに利用できるでしょう。

2. 洗濯物の素材やポケットの中身を確認する

一般的な衣類であれば洗濯機・乾燥機の使用ができますが、中には洗濯機・乾燥機NGの素材の衣類もあります。コインランドリーに行く前に、衣類などのタグに記載してある洗濯表記を確認しておきましょう。

またポケットの中身をすべて出しておくことも大切です。

3. 終了後は速やかに洗濯物を取り出す

コインランドリーは公共の施設であり、あなたの他にも利用する人が大勢います。洗濯や乾燥が終了したら、速やかに洗濯物を取り出しましょう。

放置していると次に使いたい人やスタッフがあなたの洗濯物を取り出す可能性があります。

4. 待ち時間の過ごし方

ほとんどのコインランドリーにはイスが設置してあるので、店内で待つことも可能です。フリーWifiスポットになっている店舗もありますが、本や雑誌などを持参すると退屈しないでしょう。

また、近年ではカフェを併設しているコインランドリーも登場しており、洗濯物が終わるのを待つ間に、ドリンクや軽食を楽しむことができます。

もし待ち時間に店舗を離れる場合は、洗濯や乾燥が終了する時間を確認して、時間に余裕を持って戻ることをおすすめします。ただし、コインランドリーの多くは店内での飲食や喫煙が禁止されていますので、この点には特に注意が必要です。

5. 止まっている機械の中に他人の洗濯物があるときの対処法

既に止まっている機械の中に他の人の洗濯物が入っている場合は、取り出して店内にあるカゴなどに移してOKとされています。ただし洗濯物の持ち主とトラブルになる可能性もゼロではありません。

なるべく空いている機械を探すか、管理人やスタッフ常駐のコインランドリーを利用するとよいでしょう。

日本での生活に役立つ情報とサポート

日本での生活は魅力的ですが、言葉の壁や文化の違いから、様々な挑戦に直面することも少なくありません。たとえば、日常やビジネスシーンでの敬語の使い分け、住居探しの苦労、公共サービスの利用方法、JLPT試験の対策、さらには新しい友達や恋人との出会いまで、生活のあらゆる側面で困りごとが生じるかもしれません。

そんな時、「Goandup Salon」が皆さんの頼れるパートナーとなります!

当コミュニティでは、日本に住む外国人の方々が日本での生活をより豊かで快適なものにするためのサポートや情報提供を行っています。

  • 日本語学習では、日常会話からビジネスシーンでの敬語の使い分け、効率的な日本語の学習方法やJLPT試験対策まで、あらゆるレベルのニーズに応えます。
  • 生活の面では、日本の文化やルールの解説、住居探し、公共サービスと生活インフラの契約方法など、日本での生活基盤を築くための具体的なアドバイスと情報を提供します。
  • 仕事・キャリアに関しては、就職・転職支援や日本のビジネスマナー・職場文化の理解など、仕事でのキャリアを成功するためのキーポイントをお教えします。
  • 旅行・グルメガイドでは、日本国内での隠れた名所、絶対に食べてほしいグルメ情報など、地元ならではの魅力を紹介し、日本をより深く体験するための情報を提供します。

もし、日本での生活に関する疑問や悩みがあれば、「Goandup Salon」で解決しましょう!あなたの日本での生活がよりスムーズで楽しいものになるよう、心を込めてサポートいたします。

詳しくはこちらから▼

まとめ

この記事では、日本のコインランドリーの使い方と、利用時に役立つ情報をご紹介しました。

  • 携帯電話の地図アプリや特定のウェブサイトを使って、最寄りのコインランドリーを見つけることができます。
  • コインランドリーには100円硬貨と500円硬貨、洗濯物、洗濯ネット、ランドリーバッグが必要です。また、初めての店舗では洗剤の持参も検討してください。
  • 一人暮らしの場合、洗濯と乾燥にかかる費用は700円~800円、時間は約1時間が目安です。
  • 支払い方法は店舗により異なり、現金のほか、QRコードやプリペイドカードによるキャッシュレス決済が可能な場合もあります。
  • 洗濯物を入れ、必要な金額をコインで投入し、終了後は速やかに洗濯物を取り出すことがマナーです。

日本では、自宅での洗濯が一般的ですが、様々な理由でコインランドリーを利用する人が増えており、カフェ併設のコインランドリーや、フリーWifiを提供する店舗もあるため、利用者の快適性が向上しています。

こうした基本的な使い方や持ち物、マナーを知っておくと、コインランドリーを気軽に利用でき、コインランドリーは忙しい日々の中で便利なサービスを提供してくれるため、ぜひ活用してみてください。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 日常生活のガイド > 日本のコインランドリーの使い方は?必要な持ち物と料金相場なども解説