メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本のフードデリバリーの特徴とおすすめサービス7選

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

日本のフードデリバリー市場は近年ますます大きくなっています。利用することで、多種類の料理を楽しめます。

そして、日本ではさまざまな企業がフードデリバリーを展開しています。

種類が多くあり、どれを選択すればよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

今回は、日本のおすすめフードデリバリーの特徴と、おすすめのデリバリーサービスをご紹介します。

日本のフードデリバリーサービスの特徴

日本のフードデリバリーサービスの特徴は、都心部を中心に広がっています。コロナ禍に入ってから、特に使用する人が多くなっています。

日本では、UberEatsや出前館が特に人気となっています。

日本では、地方などでは、配達が普及していない地域もありますが、都市部ではとても栄えています。

アプリやwebサイトを起動して、商品を注文し、商品が届くのを待つというのがフードデリバリーの流れです。

日本でおすすめのフードデリバリーサービス|アプリで頼める

実際に日本でデリバリーサービスを頼んでみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回はアプリやwebで頼める日本でおすすめの以下のフードデリバリーサービスをご紹介しましょう。

  • UberEats
  • DELIS
  • anyCarry
  • 出前館
  • 楽天ぐるなびデリバリー
  • Wolt
  • menu

UberEats

UberEatsは日本でとても有名なデリバリーサービスです。

特に都心部では、頻繁にUberEatsの鞄を背負った配達の方を見かけることができます。

UberEatsでは、商品を頼むと配達員が指定場所まで配達をしてもらえます。

また、「Eatsパス」というお得なサービスがあります。

「Eatsパス」では、月額 498 円の定額で、1200円(税込)を超える買い物をおこなう際に、手数料が無料になります。

お得な特典やクーポンも頻繁に配布されたり、ホームページで参照できるので、うまく利用してランチやディナーを楽しんでください。

また、UberEatsのアプリは、英語の言語にも対応しています。

参考:https://www.ubereats.com/jp

DELIS

DELISの大きな特徴は、翌月にまとめて後払いができる点です。

都度払いが面倒だと感じる、一括で金額を管理したい方には、特におすすめしたいフードサービスです。

翌月後払いを設定したらコンビニで支払いができるので手軽で便利です。

また、DELISは、お客様からの注文後に料理を作ります。できたての料理をおいしく楽しめるでしょう。

DELISは、webの公式ホームページのみでの注文を行っているようです。アプリは2022年4月時点ではないのでご注意ください。なお、日本語のみ対応しています。

詳しくはこちらをクリック!

参考:https://www.delis.co.jp/

anyCarry

オレンジ色のバッグが目印のanyCarry。株式会社エニキャリが運営しています。

またLINEの友達になると、クーポンやお得な情報を受け取れるのもメリットです。

anyCarryの注目すべき点は、異物混入を防ぐための取り組みです。

お客様に安心で安全であることを感じてもらうために、フードデリバリーに関する異物混入を防ぐ商品配達システムを採用しています。

また、食品のみでなく、本や書籍も配達しているとのことで面白いサービスです。

anyCarryのアプリは英語に対応しています。

フードデリバリー★初回1000円割引★エニキャリ♪

参考:https://anycarry.jp/

出前館

出前館は、日本でとても人気のあるサービスで登録している店舗も多いです。

何を食べるか迷っている場合や、多くの選択肢から選びたい方には特におすすめです。

また、「出前にゃんクラブ」という会員制度では、出前館での注文の回数が増えるにつれてお得な特典がもらえます。

ランクがあがるにつれて、もらえる特典も大きくなりますので楽しみながら取り組めるでしょう。

出前館のアプリは、英語の言語には対応しておりません。

参考:https://demae-can.com/

楽天ぐるなびデリバリー

楽天ぐるなびデリバリーは、楽天ポイントカードと連携しており、買い物をするたびにポイントがたまります。

楽天ポイントカードを契約している人はぜひ利用をおすすめしたいです。

また、楽天ポイントと連携したさまざまなキャンペーンをおこなっていますので、公式ホームページをチェックしてみてください。

楽天ぐるなびデリバリーのアプリは、英語の言語にも対応しています。

参考:https://delivery.rakuten.co.jp/

Wolt

Woltは、「世界最高評価のデリバリー」であると公式ホームページに記載があるように利用者の満足度が高いと思われるアプリです。

配達員は、適正のテストに合格した人のみがおこなっていて、安心して利用可能です。

また、配達を終了するまで、従業員が見守っているため問題が起きた際にも安心です。

また、Woltのアプリは、Appleの賞をもらっているため、とても使いやすいアプリと言えるでしょう。

実際に手に取って試してみてください。

Woltのアプリは、英語の言語に対応しています。

参考:https://wolt.com/ja/discovery

menu

menuは、全国の80000店以上の中からお店を利用できるフードサービスです。

1回の注文で2店舗以上同時に注文すると、配達料が安くなる「コンボ注文」や、また、注文でポイントをためてオリジナルガチャができるという面白いコンテンツもあります。

menuのアプリは、英語の言語には対応しておりません。

参考:https://app.menu.jp/

まとめ

日本のフードデリバリーの特徴と、おすすめのフードデリバリーサービスについてご紹介しました。

日本のフードデリバリーは、今回は7つをご紹介しましたが、他にも日本には多くのフードデリバリーサービスがあります。

デリバリーサービスを利用して、さまざまな料理や製品を注文し、日本での生活をお楽しみください。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 生活サポート > 日常生活のガイド > 日本のフードデリバリーの特徴とおすすめサービス7選