メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本で(特定)技能実習生になりたい外国人が受けるべき2種類の日本語試験

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。
試験勉強をしている女性

外国人の方が日本で働くためには、一定レベル以上の日本語能力が求められるので、そのレベルを証明するために、日本語能力を測定する試験を受ける必要があります。特に、特定技能の在留資格を取得するには、日本語能力試験(JLPT)ではN4以上、国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)ではA2レベルという基準が設けられています。

しかし、日本語の試験にはいくつか種類があり、どの試験を受ければよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、日本で(特定)技能実習生になりたい外国人の方が、日本で働くために特に受けるべき2つの日本語試験、JLPTとJFT-Basicについて詳しく解説します。これらの試験の概要やレベル、受験方法などを理解して、自分に合った試験を選択し、計画的に学習を進めていきましょう。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

日本語能力試験(JLPT)の概要とレベル

日本語能力試験(JLPT)とは、現在、外国人の日本語能力を測るための全世界で最も知名度が高いテストです。N4以上の資格取得者は、国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)の受験は不要になります。

日本語能力試験は、1984年に国際交流基金と日本国際教育協会(現日本国際教育支援協会)によって始められました。日本語を母語としない人の日本語能力を公平かつ正確に測定し、認定することを目的としています。

試験は N1〜N5 の5段階のレベルに分かれており、N1が最も高度な能力を要求するレベルです。特定技能の取得要件とされているN4は、基本的な日本語を理解することができるレベルで、具体的には、基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を読んで理解することができ、日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できるレベルとされています。

N4レベル

  • 「基本的な日本語を理解することができる」
  • 「読む:基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を、読んで理解することができる」
  • 「聞く:日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる」

JLPTは世界的に認知度が高く、日本語学習者にとって重要な指標となっています。1984年の開始当初は全世界で約7,000人の受験者数でしたが、2023年には60万人以上もの受験者数を記録し、世界最大規模の日本語能力試験へと成長しました。現在では、毎年7月と12月の年2回、日本国内47都道府県と海外81の国と地域、193都市で実施されています(2022年実績)。

受験料は、国や地域により異なりますが、日本国内の場合、各レベル一律7,500円(税込)です。受験申し込みは、日本国内の場合、私書箱への申込書の送付、またはオンラインでの申し込みが可能です。試験日の約5ヶ月前から募集が開始されるので、計画的に準備を進めましょう。

詳しい試験内容やサンプル問題、申し込み方法などについては、日本語能力試験(JLPT)公式サイトを参照してください。

日本語能力試験に関連する情報をさらに知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)の概要とレベル

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)とは、在留資格「特定技能1号」を得るために必要な日本語能力水準を測るテストとしても活用されています。日本語能力テスト(JLPT)N4以上の資格取得者は、このテストの受験は不要です。

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)は、国際交流基金が開発した日本語能力試験で、「JF日本語教育スタンダード」の考えに基づいています。このテストは、日本語を母語としない人が、日本で生活や就労をする上で必要な日本語コミュニケーション能力を測定することを目的としています。

JFT-Basicは、特定技能の在留資格を取得するための要件の一つとして位置づけられており、出題内容は、日本での生活や就労で遭遇する場面を想定したものになっています。試験は、文字と語彙、会話と表現、聴解、読解の4つの要素で構成され、所要時間は60分、CBT方式(CBT: Computer Based Testing)により行われます。

合格基準は、JLPTのようなレベル分けではなく、「A2レベル」という単一の基準が設定されています。A2レベルとは、ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、近所、仕事など、日常生活に直接関係のある場面で使われる文や表現が理解でき、簡単な情報交換ができるレベルを指します。また、自分の背景や身の回りの状況、直接的に必要な事柄について、簡単な言葉で説明できることが求められます。

JFT-Basicは、日本国内だけでなく、インド、インドネシア、ミャンマー、フィリピンなどの国々でも実施されています。各国の実施日程や受験方法は異なるため、最新の情報を確認することが大切です。

受験料は、国や地域によって異なりますが、日本国内の場合は7,000円(税込)です。オンラインでの申し込みが可能で、受験日の約1ヶ月前から募集が開始されます。

JFT-Basicの詳細については、国際交流基金日本語基礎テストウェブサイトを参照してください。

また、JFT-Basicについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

この記事では、JFT-Basicの目的や特徴、試験形式、評価基準などを分かりやすく解説しています。また、JLPTとの違いや、受験対策のポイントなども紹介されているので、受験を考えている方には必見の内容です。

JFT-Basicは、特定技能の在留資格取得を目指す外国人の方にとって重要な試験です。この記事を読んで、試験の概要をしっかり理解し、準備を進めていきましょう。

日本語学校でさらに勉強したいあなたへ

日本語はその豊かな表現力と奥深い文化で世界中から注目を集めています。映画、音楽、文学、そして日常会話に至るまで、日本語の学びは新しい言語の習得だけでなく、文化的な理解を深め、広い視野を持つことへの入口となります。

「もっと本格的に日本語を学びたい」「日本で進学したい」「日本で就職したい」と考えている皆さんにとって、日本語のスキルを次のレベルへと引き上げることは、夢を現実に変える第一歩です。日本には約700校もの様々な特色を持つ日本語学校がありますが、その中から自分に最適な学校を選び出すのは容易なことではありません。

そこで、私たちはあなたの目標と夢を実現するために、ピッタリの日本語学校選びを全力でサポートします! 日本語学校に関するご質問や相談がありましたら、お気軽に以下のお問い合わせフォームからご連絡ください。

あなたの日本語学習の目標に合わせて、最適なサポートを提供させていただきます。皆さんの日本語学習が、私たちのサポートによってより充実し、実りあるものとなることを願っています。

    お名前(名)*
    お名前(姓)*
    性別*
    生年月日*
    現住所*
    国籍*
    電話番号*
    メールアドレス*
    年齢*
    最終学歴*
    希望するコース*
    希望する入学時期*
    ビザの種類*
    証明書
    (パスポート、身分証明書、卒業証明書、履歴書、職務経歴書:最大合計5枚)*
    日本語学校を選ぶ際に重視するポイントを選んでください
    (複数選択可)*
    日本語学校の無料相談会で聞きたいこと
    (任意)
    ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。また、ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

    まとめ

    今回の記事では、(特定)技能実習生として日本で働きたい外国人向けに、要件ともなっている2つの試験(JLPTとJFT-Basic)を紹介しました。特定技能の要件としては、JLPTでN4、JFT-BasicでA2となっていますが、外国人採用ではN1を採用基準にしている企業が少なくありません。したがって、最終的な目標を日本の会社に採用されて働くということに置いて、就きたい職業に必要な日本語のレベルの試験を計画的に取得することをおすすめしています。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 日本語学習 > JLPT対策と試験ガイド > 日本で(特定)技能実習生になりたい外国人が受けるべき2種類の日本語試験