メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

日本を満喫!外国人向け電車乗り放題ガイド

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

皆さん、日本を訪れる際、豊富な選択肢から最適な移動手段を見つけるのは大変ではありませんか?

この記事では、日本を最大限に楽しむためのパスポートとなる、電車の乗り放題パスをご紹介します。
さまざまな電車乗り放題パスの中から、あなたのニーズにぴったりのものを見つけましょう。

効率よく、コストパフォーマンスに優れ、そして快適に日本を旅して、日本の素晴らしい場所や文化を思う存分楽しんでください!

「JAPAN RAIL PASS」で日本全国を巡ろう!

日本で広大な国土を移動することは、交通手段の選択によって大きく影響されます。そこで登場するのが「JAPAN RAIL PASS」です。このパスは外国人旅行者にとって非常に便利でコスト効果の高い方法として知られています。

日本全国を巡る:「JAPAN RAIL PASS」で旅を楽しもう!

JAPAN RAIL PASSは、日本国内全域で使える特別な鉄道パスであり、JRグループが提供しています。このパスを購入すると、一定期間内にJRグループの列車や新幹線を自由に乗り降りすることができるので、これにより、観光地や都市部だけでなく、郊外や地方の隠れた名所も簡単に訪れることができます。時間とコストを節約しながら、旅を楽しめるでしょう。

JAPAN RAIL PASSの基本情報:購入方法と利用範囲

JAPAN RAIL PASSの購入は、訪日前のオンラインまたは、指定の旅行代理店で行う必要があります。パスを利用することで、新幹線を含むJRの列車を無制限で利用でき、地域間の移動が簡単になります。ただし、特定の新幹線や特急列車には、予約が必要なので注意しましょう。

購入方法

  1. 購入資格: JAPAN RAIL PASSは、短期滞在ビザ(観光ビザ)で日本を訪れる外国人観光客のみが利用できます。

  2. オンライン購入: オフィシャルサイトからオンラインで購入できます。購入後、Eメールで交換用バウチャーが送信されます。

  3. 旅行代理店での購入:指定の海外旅行代理店でも購入することができます。購入すると、交換用のバウチャーが提供されます。旅行代理店で購入する際は、購入手続きや料金について各代理店に確認してください。

  4. バウチャーの交換: 到着後、バウチャーをJRパスに交換する必要があります。日本国内の主要な空港やJR駅に位置する引換所や、指定された受取箇所の窓口で、パスポートとバウチャーを提出して交換を行います。バウチャーの有効期間は、初めての利用から数えて90日以内です。

利用範囲】

  1. JR線全線: JAPAN RAIL PASSは、全国のJR線(新幹線を含む)で利用可能です。一部の特別な新幹線や寝台車は除外されます。

  2. JRバス: JRバスも利用可能ですが、一部の地域や路線は除外されます。

  3. JRフェリー: JRの宮島フェリーも利用可能です。

  4. 予約席: JRパスを利用して、新幹線や特急列車の予約席を無追加料金で予約できます。ただし、席が満席の場合は立席となります。

JAPAN RAIL PASSでの賢い旅行:無制限の移動でお得に日本探索!

JAPAN RAIL PASSは、異なる期間のパスがあり、外国人観光客は滞在期間や旅行計画に応じて最適なパスを選べます。7日間、14日間、21日間のパスが用意されており、それぞれの価格設定があります。長距離を移動する際や、複数の都市を訪れる計画のある場合、JAPAN RAIL PASSは大変コストパフォーマンスが高く、個別に切符を購入するよりも大幅に節約できます。

グリーン車用普通車用
大人子ども大人子ども
7日間¥70,000¥35,000¥50,000¥25,000
14日間¥110,000¥55,000¥80,000¥40,000
21日間¥140,000¥70,000¥100,000¥50,000
※料金は大人と子供(6歳~11歳)で異なり、12歳以上は大人料金が適用されます。6歳以下の子供は無料ですが、座席が必要な場合は子供料金が必要です。

日本観光になくてはならないJAPAN RAIL PASS

通常、新幹線は高額な料金がかかりますが、JAPAN RAIL PASSを持っている場合は格安で利用することができます。また、地方への移動にも便利で、バスやフェリーなど他の交通手段よりも費用を抑えることができます。

例えば、北海道の美しい風景を楽しみたい場合でも、JAPAN RAIL PASSを使えば新幹線や在来線を利用して札幌から函館まで簡単に移動することができたり、京都や奈良など日本の伝統的な観光地もJRグループの列車でアクセス可能です。JAPAN RAIL PASSの持つポテンシャルを最大限に引き出し、日本の各地を効率よく巡ることができます。

また、JAPAN RAIL PASSは一定期間有効であるため、旅行の計画を柔軟に立てることができます。例えば、1週間や2週間などの期間で利用することができ、その間は何度でもJRの列車を利用することができます。自由な移動が可能なため、旅行者のニーズに合わせた旅程を組むことができ、充実した旅行を体験することができるでしょう。

参考:ジャパン・レール・パス | JAPAN RAIL PASS

都市を楽しむ!「Welcome Suica」の魅力

都市部では、JAPAN RAIL PASSだけではなく、「Welcome Suica」もおすすめです。Welcome Suicaは東京都内やその周辺地域で使える電子マネーカードで、カードは公共交通機関(電車、バス)やコンビニエンスストアなど様々な場所で利用することができます。

Welcome Suica:都市移動の新しいパートナー

Welcome Suicaは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供するプリペイド型の非接触式ICカードです。主に東京都内やその周辺地域の公共交通機関での支払いに使用されます。

Welcome Suicaの基本情報

1. 購入方法

Welcome Suicaは、主要なJR東日本の駅や成田空港、羽田空港などの「JR東日本トラベルサービスセンター」で購入することができます。また、成田空港と羽田空港にあるWelcome Suica自動券売機でも購入が可能です。

2. 利用範囲

  • 公共交通:JR東日本の路線はもちろん、私鉄、地下鉄、バスなど多くの公共交通機関で利用可能です。
  • ショッピング&レジャー:コンビニエンスストア、スーパー、レストラン、自動販売機など、Suicaマークのついた店舗や施設での支払いにも利用できます。

3. 有効期限
Welcome Suicaの有効期間は、初回購入から28日間です。残高があってもこの期間が経過すると使用することができなくなりますので、注意が必要です。

4. 残高確認・チャージ
カードの残高は、各駅の改札やチャージ機、または対応する店舗のレジで簡単に確認できます。また、必要に応じて駅構内のSuicaマークのある自動券売機・料金精算機で2万円までチャージできます。セブンイレブンやコンビニエンスストアに設置されているセブン銀行でチャージすることも可能です。ただし、カードへのチャージは円のみで、クレジットカードではできません。

5. 注意点

有効期限・残高にかかわらず払い戻しはできません。出発までにSuicaマークのあるお店で残額を使い切ることをおすすめします。また、Welcom Suicaの有効期間や割引券の情報などは、カード購入時にもらう参考紙で確認ができ、係員に提示を求められたら提示できるように常に持ち歩きましょう。

タッチ&ゴー!シームレスな移動

Welcome Suicaは非接触式ICカード技術を採用しているため、改札やレジでの支払いがスムーズに行えます。また、定期的にチャージする手間を省くためのオートチャージ機能も設定可能。これにより、カードの残高が一定額を下回った際に、自動的に再チャージされるため、いつでも安心して利用することができます。

都市探索の新しいスタンダード「Welcome Suica」

Welcome Suicaを持っていれば、東京の主要な観光スポットへのアクセスがとても簡単です。例えば、東京タワーや浅草寺、新宿の歌舞伎町やお台場のレジャー施設など、多くの人気観光地へは、Suicaを利用して簡単にアクセスできます。また、食事やお土産の購入もこのカード一枚で、スムーズに行えるため、手間が省けて観光をより楽しむことができます。また、これまで紙(磁気)チケットでしか利用できなかった割引チケットが、Welcom Suicaで登録・利用できるようになったので、わざわざ紙チケットを持ち歩く必要がなくなりました。

日本旅行の際には、Welcome Suicaを持って、新しい都市体験を楽しんでください。日本の魅力的な都市を最大限に満喫するための最良のパートナーになるでしょう。

参考:Welcome Suica | JR-EAST

フリーパスタイプのおトクなきっぷでさらに日本観光を楽しもう!

JAPAN RAIL PASSやWelcome Suica以外にも、様々なフリーパスタイプのお得なきっぷがあります。今回は東日本の関東エリア中心に利用できるフリーパスをご紹介します。

1. リラックス旅行のための「のんびりホリデーSuicaパス」

このパスは、週末や休日に東京近郊をゆっくりと探索したい方向けです。通年販売されており、主要な観光地やショッピングエリアにアクセスする際の移動がこの一枚でカバーされます。また、別に特急券やグリーン券等を購入すると、特急列車・普通列車グリーン車等も利用できます。

  • 購入方法:モバイルSuicaアプリやフリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機等で購入可能

  • 料金:大人2,670円、子ども1,330円

  • 利用範囲:JR線、りんかい線、東京モノレール線などのフリーエリア内

  • 利用期間:土日祝日および、4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

  • 有効期限:購入から1日間

  • 利用条件:フリーエリア内のJR線の普通列車(快速含む)の普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)、東京モノレール線が乗り降り放題で、新幹線は利用不可

  • 払い戻し:未使用で有効期間内に限り、フリーエリア内のみどりの窓口にて払い戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)※モバイルSuicaでのご利用の場合は、未使用で有効日の23時45分までアプリ内での払戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)

2. 週末の旅行に最適「休日おでかけパス」

「休日おでかけパス」は、週末や祝日などの休日に、東日本エリアでの移動を便利に、お得にサポートするためのきっぷです。通年販売されています。また、別に特急券やグリーン券等を購入すると、新幹線・特急列車・普通列車グリーン車等も利用できます。

  • 購入方法:フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機等および主な旅行会社で購入可能

  • 料金:大人2,720円、子ども1,360円

  • 利用範囲:JR線の普通列車(快速列車含む)普通車自由席と東京モノレール全線、りんかい線全線などのフリーエリア内

  • 利用期間:土日祝日および、4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

  • 有効期限:購入から1日間

  • 利用条件:フリーエリア内のJR線の普通列車(快速含む)の普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)、東京モノレール線が乗り放題で、新幹線も利用可能(ただし特急券等の別途購入が必要)

  • 払い戻し:未使用で有効期間内に限り、フリーエリア内のみどりの窓口にて払い戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)

3. 東京都心のアクセスに「都区内パス」

都心の主要エリアを効率的に巡りたい方に最適なのが「都区内パス」です。通年販売されています。新宿、渋谷、池袋などの大きなエリアを中心に利用でき、ショッピングだけでなくビジネスでの利用にも便利です。

  • 購入方法:モバイルSuicaアプリやフリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機等および主な旅行会社で購入可能

  • 料金:大人760円、子ども380円

  • 利用範囲:東京23区内のJR線などのフリーエリア内

  • 利用期間:通年

  • 有効期限:購入から1日間

  • 利用条件:フリーエリア内の普通列車(快速を含む)の普通車自由席が乗り放題で、新幹線は利用不可

  • 払い戻し:未使用で有効期間内に限り、フリーエリア内のみどりの窓口にて払い戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)※モバイルSuicaでのご利用の場合は、未使用で有効日の23時45分までアプリ内での払戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)

4. 空港アクセスもカバー「モノレール&都区内パス(モバイルSuica限定発売)」

羽田空港からのアクセスを考慮したこのパスは、モバイルSuicaでの限定販売となっています。都内の移動はもちろん、羽田空港へのモノレール利用も可能です。また、こちらのパスは通年販売ではなく、土日祝日および4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日での販売になります。

  • 購入方法:モバイルSuicaアプリを通じてのみ購入可能

  • 料金:大人1,350円(子ども料金の設定なし)

  • 利用範囲:東京モノレール全線と東京23区内のJR線などのフリーエリア内

  • 利用期間:土日祝日および、4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

  • 有効期限:購入から1日間

  • 利用条件:フリーエリア内の普通列車(快速を含む)の普通車自由席が乗り放題で、新幹線は利用不可

  • 払い戻し:未使用で有効日の23時45分までモバイルSuicaアプリ内での払戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)

5. 都市の魅力を余すことなく「東京フリーきっぷ」

「東京フリーきっぷ」は、都内のJR線はもちろん、都営地下鉄や都電荒川線など、多岐にわたる交通機関を1日乗り放題で利用できるお得なきっぷです。通年販売されています。

  • 購入方法:モバイルSuicaアプリやフリーエリア内のJR東日本の主な駅、東京メトロ各駅、都営地下鉄各駅、日暮里・舎人ライナー各駅の指定席券売機等で購入可能

  • 料金:大人1,600円、子ども800円

  • 利用範囲:東京23区のJRの普通列車(快速含む)普通車自由席と東京メトロ、都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー、都電荒川線(東京さくらトラム)などのフリーパス内と、都営バス

  • 利用期間:通年

  • 有効期限:購入から1日間

  • 利用条件:フリーエリア内のJR東日本線の普通列車(快速含む)の普通車自由席、東京メトロ全線、都営地下鉄全線、日暮里・舎人ライナー、東京さくらトラム(都電荒川線)、都営バス全線(※深夜バス、座席定員制を除く)が乗り放題で、新幹線は利用不可

  • 払い戻し:未使用で有効期間内に限り、フリーエリア内のみどりの窓口にて払い戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)※モバイルSuicaでのご利用の場合は、未使用で有効日の23時45分までアプリ内での払戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)

6. 横浜観光のスタンダード「ヨコハマ・みなとみらいパス」

横浜市も人気な観光スポットです。この「ヨコハマ・みなとみらいパス」で、みなとみらい地区や中華街、赤レンガ倉庫などの人気スポットを効率的に巡ることができます。通年販売されています。

  • 購入方法:モバイルSuicaアプリやJR東日本根岸線「横浜~新杉田」間の各駅の指定席券売機等で購入可能

  • 料金:大人530円、子ども260円

  • 利用範囲:根岸線「横浜~新杉田」間の普通列車(快速含む)の普通車自由席と横浜高速鉄道(みなとみらい線などのフリーエリア内

  • 利用期間:通年

  • 有効期限:購入から1日間

  • 利用条件:フリーエリア内の普通列車(快速を含む)の普通車自由席、横浜高速鉄道(みなとみらい線)が乗り放題で、新幹線は利用不可

  • 払い戻し:未使用で有効期間内に限り、フリーエリア内のみどりの窓口にて払い戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)※モバイルSuicaでのご利用の場合は、未使用で有効日の23時45分までアプリ内での払戻しが可能(220円の払戻し手数料あり)

フリーパスで日本旅をもっと豊かに

日本、特に東日本エリアには、歴史的な観光地から最新のアトラクションまで、さまざまな魅力が詰まっています。これらのフリーパスタイプのおトクなきっぷを利用することで、電車やバスの乗車がストレスフリーとなり、さらに日本観光を楽しむことができるでしょう。

各パスの特徴や提供するサービスに合わせて、自分の旅行スタイルや目的に最適なものを選ぶことが大切です。日本を訪れる際は、これらのきっぷの詳細や最新情報を公式サイトや関連情報サイトでしっかりと確認することをおすすめします。そして、日本の魅力を最大限に感じるための、効率的な移動のサポートとして、これらのおトクなきっぷを活用してください。

参考:おトクなきっぷがSuicaでもご利用いただけます|Suica:JR東日本 , おトクなきっぷ|エリア・観光:JR東日本

まとめ

日本への旅行は、JAPAN RAIL PASSや各種フリーパスを活用することで、より便利かつ魅力的なものになります。これらのパスを使えば、観光地だけでなく地元の魅力や隠れた名所も探求することができます。外国人にとっては、日本の文化や風景をより深く理解する機会となるでしょう。

さらに、これらのパスを使うことで費用面でもお得に旅行を楽しむことができます。割引サービスや特典を受けることができるため、予算内で思い出に残る旅行を実現することができます。

訪日外国人や在日外国人にとって、日本の鉄道システムは非常に便利です。これらのパスを活用して自由に移動し、それぞれのエリアごとの魅力を存分に楽しんでください。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 旅行・グルメガイド > 移動ガイド:電車・バス・レンタカー > 日本を満喫!外国人向け電車乗り放題ガイド