メニュー アイコン
メニュー 閉じるアイコン

外国人労働者が会社に馴染むためのチーム作りのポイント

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

多様な文化的背景を持つ従業員が協力し合う職場は、創造性と効率性を高めるための鍵となります。外国人労働者が自分の文化を共有し、チームの一員として活躍することで、会社全体が新しい視野を持つことができるでしょう。

この記事では、異なる文化的背景を持つチームメンバーが一体となって働くための、チーム作りのポイントについて解説します。

Goandup Picks おすすめ記事はこちらから!

企業にとってなぜ異文化交流が大切なのか

異文化交流のメリット

異文化交流の重要性は、異なる国籍の人々が持ち寄る多様なアイデアにあります。外国人労働者が自国の経験やアイデアをもたらし、それによって全く新しい視点や解決策が生まれるのです。

例えば、アメリカでは最先端のマーケティングがビジネスに取り入れられているため、アメリカから来た新入社員が、企業に新しいマーケティング戦略を提案してくれる可能性があります。他にも、優秀なエンジニアが多いインドから来たエンジニアは、ソフトウェア開発の効率化を図る新しいプログラミング技術や、コストを抑えながら生産性を高める方法を教えてくれるでしょう。

異文化交流が切り開く新しい可能性

異文化によって育った外国人労働者の知識とスキルは、会社のさまざまな面で新しい可能性を開きます。例えば、異なる視点からのフィードバックが製品の改善に繋がるかもしれませんし、外国人労働者の母国での取引が可能になるなど、国際市場での新しいニーズを捉える手助けにもなります。 さらに、異文化交流を進めることで、会社全体がより柔軟な思考を持つようになります。

文化的違いの価値

外国人労働者と一緒に働く中で、日本の社員も異なる文化の価値観やアプローチを学び、自分たちの仕事に取り入れることができます。 例えば、日本のチームが締め切りに非常に厳しい一方で、アメリカ人スタッフは柔軟なスケジューリングを重視するかもしれません。このような違いを理解し、お互いの長所を活かすことで、より効率的でクリエイティブな働き方ができるようになるのです。チームに新しく外国人が加わった時は、彼らの文化や得意分野について学ぶ機会を設けることが重要になります。

異文化交流の成功事例

異文化交流がうまくいった事例として、フランス出身のデザイナーが自国のデザイン哲学をチームに共有し、新たなインスピレーションを提供したケースがあります。このような交流は、単に外国人がチームの一部であるということ以上に、彼らが重要な貢献者として活躍し、共通の目標に向けて協力することを意味します。

例えば、日本のある技術企業では、異文化交流を促進するための研修プログラムを社員に提供し、さまざまな国の祝日を祝うことで社内の交流を深めています。これらの取り組みは、多様な文化的背景を持つデザイナーたちに特に影響を与え、彼らの創造性を刺激し、製品開発における重要な役割を果たさせました。

異文化交流による変化

このように、異文化交流を積極的に推進することで、職場はオープンなコミュニケーションを取るようになり、助け合いの文化を育むことができます。そして、異なる文化背景を持つ従業員がお互いの長所を理解し合いながら、チームとして協力して働くことが可能になります。このプロセスを通じて、新しく日本に来た外国人社員も迅速にチームに馴染み、得意とする分野で大きく貢献することができるようになるでしょう。

新入社員プログラムの重要性(学び合い、成長するスタート)

新入社員プログラムとは

新しく日本企業に入社する異文化のスタッフが、新しい環境にすばやく慣れ親しみ、会社の一員として活躍できるように、わかりやすくて優しい研修プログラムの大切さについてお伝えします。 初めての職場での仕事は、どれだけ経験が豊富なプロフェッショナルであっても、予想外のことが多く、仕事に慣れるまでには時間がかかります。

だからこそ、最初の一歩からしっかりとしたサポートを提供し、彼らが新しい職場にスムーズに溶け込めるようにすることがとても重要です。

この新入社員向け研修プログラムでは、新入社員が会社の文化を深く理解し、自分の役割をしっかりと把握し、チームメイトとの強固な関係を築き、仕事の進め方を学ぶことが目的とされています。

研修を通して、実際の業務に即したプロジェクトを例にとりながら、仕事の一連の流れを体験的に学びます。 また、同僚との協力を促進するチームビルディングの活動を行うことで、チームワークの重要性を理解し、実践する機会を持ちます。さらに、会社の目指す方向やビジョンについてのセッションを通じて、それが日々の業務にどのように影響するかを一緒に考え、共有します。

異文化コミュニケーションスキルを高める

外国人向けの新入社員研修プログラムにとって一番重要なことは、異文化間のコミュニケーションスキルを高めるワークです。

異なる文化的背景を持つ同僚と効果的にコミュニケーションを取る方法を学ぶことで、新入社員は会社の価値観を素早く身に付け、共に助け合えるようなチームワークの構築を実現できます。 また、異文化カウンセラー認定講座を利用するのもおすすめです。

異文化間のコミュニケーションスキルを高めるワークの事例

  • 日本語の勉強をサポートする
    • 外国人スタッフが、日本語を含む新しい言葉を学べるように、特別なクラスを作ります。この際に日本語のレベルが違いすぎると会話が成立しにくいのであらかじめ、テストを行い、似たようなレベルの人ごとにグループを作りましょう。

  • 文化交流のイベントを開く
    • 日本の文化を楽しみながら学べるイベントや、異文化を紹介する活動を行います。出身の国の料理を紹介する場などを設けることで楽しみながら文化の違いを学べます。

  • ロールプレイを行う
    • 会議や普段の会話の場面を再現し、上手く話す練習をします。主に、会議室での会話、日報の報告など実際の仕事でよく使うフレーズや、シチュエーションを準備しましょう。

  • メンター制度を設ける
    • 日本の職場文化に慣れている外国人がメンターとして、新たに入社する外国人スタッフの日々の生活や、仕事中に出くわす小さな疑問、問題を解決する手助けをします。 新しい外国人労働者に対する丁寧なサポートは、彼らが会社の価値観を共有し、チームの一員として貢献できるようになるための基盤となります。 手厚い入社時研修を用意することで、新入社員と会社の双方がお互いに学び合い、成長するための大切なスタートとなるでしょう。

異文化の壁を越えるチームの意見交換

一緒に働く信頼を築くコツ

異文化でのチーム形成が成功するためには、効果的な「意見交換」の場を設けることが欠かせません。これは、チームメンバー間の理解と信頼を築き、文化的な違いを力に変えるための基礎になります。しかし、そもそも文化的な背景が違う外国人労働者を受け入れる日本の会社が、この「意見交換」をチームワークに活かすには注意が必要です。

言葉以上のコミュニケーション

例えば、日本のビジネス環境では、直接的な否定を避ける傾向があります。一方で、アメリカの職場では直接的なフィードバックが一般的です。さらに、北欧諸国ではオープンでコンセンサス(全員または大多数の意見が一致すること)を重視するコミュニケーションスタイルが見られ、インドや中東の文化ではハイコンテキスト(文脈を重視する)のコミュニケーションが一般的です。

このように、異なる地域や文化にはそれぞれ独自のコミュニケーションスタイルがあり、言葉だけでなく非言語的な合図や文脈を読むことが大切です。これらの違いを理解し、尊重することで、異文化間のコミュニケーションを円滑に進めることができます。

全ての関係者の声を聞く

チームの中でもあまり発言しない静かなメンバーからのフィードバックを奨励するために、意見交換の前にアンケートを実施し、それを議題として取り上げることで、彼らの意見をチーム全体で共有しています。

例えば、「今週のプロジェクトで最も重要だと思う点は何ですか?」「職場で改善してほしいことはありますか?」など、具体的なプロジェクトや職場環境に関する質問をアンケートに含め、匿名で意見を共有できるようにすると良いでしょう。

時間をかけて合意を形成する

多国籍企業のプロジェクトチームが、各国の法規制に適合する製品開発に頭を悩ませていた場合、それぞれの国の規制に精通したメンバーを交えて複数の会議を重ね、最適な解決策に到達するまで時間をかけることが有効です。

適切な環境を提供する

リモートワークが主流になりつつある現代では、オンライン会議ツールの選択が重要です。ZoomやMicrosoft Teamsなどのプラットフォームが、チームメンバーが世界中どこからでも簡単に接続し、顔を合わせて意見交換ができる環境を提供しています。これらのツールの利点は、異なるタイムゾーンにいるメンバーでも参加しやすい柔軟性があること、表情やジェスチャーなどの非言語的コミュニケーションを視覚的に共有できること、そして即時のフィードバックや質問が可能であることです。

また、重要なポイントを文字で共有する、会議の要旨を後で共有することで、理解を深めることができます。さらに、ビデオ会議の録画機能を利用して、欠席したメンバーが後で内容を確認できるようにすることも有用です。これらのツールを活用することで、リモート環境でも効果的な異文化間の意見交換を実現できます。

「意見交換」を異文化チーム形成のために導入している企業の事例

では、実際に企業で「意見交換」を実践的に導入している事例をご紹介します。

  • 【 Google 】
    • Googleでは、従業員が自由に意見を共有できるプラットフォーム「Googlegeist」を利用しています。このプラットフォームでは、従業員が匿名で職場の環境やポリシーに関するフィードバックを提供できるので、Googleはこれらのデータを分析し、異文化チーム内の対話と協力を促進するための具体的な改善策を導き出しています。この取り組みによって、言語や文化の壁を超えて相互理解を深めることができ、チームの多様性を強みに変えています。

  • 【 トヨタ 】
    • トヨタでは、企業文化として知られる「トヨタウェイ」を通じて、全員が率直な意見を交換する文化を育んでいます。朝礼や改善活動での意見交換は、チーム内の信頼と連携を強化します。特に、異文化間のコミュニケーションにおいては、言語の障壁や文化的な違いを意識しつつ、異なる視点を尊重することで、革新的なアイデアの創出や問題解決につながっています。

  • 【 HSBC(香港上海銀行)】
    • HSBCでは、異文化間のコミュニケーションスキル向上に重点を置いています。異なる国籍のスタッフが協力し合うため、研修やワークショップを通じて、文化的な違いを理解し、互いの意見を尊重する方法を学びます。これにより、チーム内の意見交換が円滑になり、より効果的な協力が実現しており、多様なバックグラウンドを持つ従業員が互いに学び、共に成長する環境を提供しています。

このように効果的な「意見交換」を通じて、チームワークを高めるためには、言語や文化の違いを理解し、尊重することが重要です。また、全員が気軽に参加できるような環境を整えることが必要です。こうした取り組みを通じて、チームは異なる文化的背景を持つメンバー間の壁を克服し、チーム全体の成果を高めることができます。

ミキハウスに学ぶ異文化ルール作り

ミキハウスとは

ミキハウスは、質の高い子供服を提供する、創業50年以上の日本のアパレルブランドです。彼らは、流行に左右されない長く使える製品を重視し、中国などの海外市場にも積極的に展開しています。特に中国人観光客の増加に伴い、日本人と中国人の接客ニーズの違いに注目が集まり、多文化なチームワークを強化するために、中国人スタッフの採用を積極的に行いました。しかし、異文化間の調整が必要となったため、スタッフ間の異文化理解を深める取り組みを導入しました。

ミキハウスのダイバーシティ対応のルール作り

この異文化間の調整の一環として、ミキハウスでは「クロスカルチャーコーディネーター(CCC)」を配置し、スタッフ間の異文化理解をさらに深め、より良い育成環境を作ることに注力しました。CCCの役割は、異なる文化背景を持つスタッフ間のコミュニケーションを促進し、文化間の違いを理解するために重要です。CCCは異文化理解の理論と実践を学び、実際の職場で生じる文化の違いや誤解を明らかにし、解決策を探ります。さらに、ミキハウスでは「お困りごと解決シート」を利用して、職場の問題を可視化し、解決策を考案しています。このような取り組みにより、異文化間の理解とリスペクトが業績向上につながっています。

ミキハウスのダイバーシティ対応の成果

ミキハウスの異文化間のコミュニケーションとルール作りによる改善は、大きな成果をもたらしました。例えば、CCCの導入で、中国人スタッフと日本人スタッフ間の誤解が大幅に減少し、より円滑なコミュニケーションが可能となったため、チームの生産性が向上し、顧客満足度も高まりました。また、「お困りごと解決シート」の使用により、職場の小さな問題が早期に発見され、迅速に対処することができるようになりました。

さらに、異文化間の理解が深まることで、新しい視点やアイデアが生まれ、商品の革新やサービス改善につながっています。特に、中国人顧客への接客方法が改善されたことで、中国市場での売上が増加するなど、顕著な成果が見られました。これらの取り組みにより、ミキハウスは国際市場での競争力を強化し、多文化な顧客基盤に対応する能力を高めることができました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

異文化でチームを形成するには、たくさんの壁もありますが、外国人労働者が増える中で、お互いを理解し尊重したり、多様性を受け入れることで、チームは良い成果を上げることができます。

ダイバーシティを取り入れるには、外国人労働者も含め、人種、性別、年齢、宗教、価値観、障がいの有無などの違いを認め、組織内での共存を目指す必要があります。こうして、異文化間の壁を乗り越えることで、チームは一層の成長を遂げることができるのです。

また、外国人の採用をお考えの方は、「キャリマ!」や「外国人採用サポートPRO」がおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。


  • 私たち「Goandup」は、今後も日本の魅力を世界に発信するための活動を続けて参ります。

  • この記事が少しでもお役に立った、または楽しんでいただけた方は、運営資金としてのご支援をお願い申し上げます。

  • 下記のPayPalリンクより、どのような金額でも構いませんのでご寄付いただけますと幸いです。
    ▶️ paypal.me/goandup


  • 関連記事

    Goandup Picks > 外国人採用ガイド > 多様性のある職場作り > 外国人労働者が会社に馴染むためのチーム作りのポイント